新台導入日・導入済み機種解析一覧
2019年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

ガンダム クロスオーバー【スロット新台】設定判別・解析攻略まとめ

(注目記事)元ホール店員が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴

スロット「ガンダム クロスオーバー」の天井情報とやめどき、打ち方や設定判別要素といった攻略情報はこちらでまとめていきます。

スロットガンダムシリーズの新台は、カードバトルをモチーフにした純AT機!

AT純増枚数は約1.2枚/Gor4.3枚/Gの枚数変動タイプで、有利区間完走後の1周期目はボーナス以上が確定するなど、高純増に特化した機種とは方向性が違ったゲーム性になっています。

<--スポンサード リンク-->

スペック解析

基本情報
導入日 2019年10月7日
導入台数
(販売目標)
約15,000台
タイプ AT
AT純増 約1.2~4.3枚/G
コイン持ち
(設定1)
50枚あたり約50G
コイン単価
(設定1)
約3.1円
設定 AT初当たり 機械割
1 1/296.4 97.3%
2 1/285.8 98.8%
3 1/285.0 100.7%
4 1/286.6 103.5%
5 1/271.2 107.2%
6 1/222.7 108.6%

冒頭で説明したように、ガンダム クロスオーバーは枚数変動タイプの純AT機です。

AT初当たり確率は約1/296~1/223と、設定6のみ頭一つ抜けているのが特徴ですね。

また、設定1のコイン単価は約3.1円となっていることから、6号機の中では出玉の波が荒い機種ということが伺えます。

 

初当たり確率自体は軽いのに出玉の波が荒いのは、擬似ボーナスとATを合算した確率だからでしょうね。

機械割に関しては97.3~108.6%と高くはないものの、設定5以上であれば終日打ち込めるレベルではありますね。

公式サイト・PV動画

※現時点では公式サイト・PV動画は公開されていません

天井恩恵・ゾーン振り分け

天井条件 8周期消化(約928G+α)
天井恩恵 擬似ボーナス以上確定?

朝一リセット挙動

※調査中

打ち方

※準備中

小役確率

※調査中

設定判別/設定差

現時点で判明している設定差のある要素は、CZ確率とAT初当たり確率くらいです。

CZに関しては低設定ほど当選率が優遇されていますが、設定差が小さく設定判別要素として使えるほどではありません。

AT初当たり確率は設定6のみ突出して優遇されているものの、こちらも短時間での設定看破要素としては使いづらいですね。

CZ・AT初当たり確率

設定 CZ確率 AT初当たり
1 1/116.3 1/296.4
2 1/117.4 1/285.8
3 1/117.5 1/285.0
4 1/117.8 1/286.6
5 1/118.6 1/271.2
6 1/119.6 1/222.7

フリーズ

※調査中

通常時ゲームフロー・解析情報

ガンダム クロスオーバーの通常時は「ガシャパート/強化パート/バトルパート」の3パートで構成され、最終的にバトルパートで勝利できれば擬似ボーナス以上に当選します。

今作はカートバトルがモチーフとなっていることもあり、今までのスロットガンダムシリーズとはゲーム性がかなり異なりますね。

ただ、タイプ自体は周期管理システムを搭載したAT機なので、一連の流れを把握すれば違和感なく打ち込めると思います。

ガシャパート

・10G継続するカード選択パート。
・サポート&リーダー2種類のカードを選択する

強化パート

・1セット15G継続するカード育成パート。
・5~8セット消化した後にバトルパートに移行する。

バトルパート

・平均20G継続する自力CZ。
・最終的に敵のHPを0にできればボーナスorAT確定。
・バトル勝利期待度は約40%となっており、勝利時の恩恵振り分けは「ボーナス:AT=約47%:約53%」。

ボーナス中ゲームフロー・解析情報

ガンダム クロスオーバーのボーナスはXボーナスのみで、30枚程度の出玉しか獲得することができません。

消化中のレア小役成立時にAT昇格抽選が行われるため、ボーナスもATに繋げるCZ程度に捉えた方がよさそうですね。

とは言え、ボーナス単発が続いた時にはATに入れる前に心が折れそうですが・・・(苦笑)

Xボーナス

・約30枚獲得可能の擬似ボーナス。
・消化中のレア小役成立時にAT昇格抽選が行われる。

AT中ゲームフロー・解析情報

ガンダム クロスオーバーのAT「クロスオーバーラッシュ」は枚数変動型のATで、10G継続する強化パートの純増枚数は約1.2枚/G、20G+α継続するバトルパートの純増枚数は約4.3枚/Gとなっています。

高純増と引き換えに出玉が減少する引き戻しゾーンを搭載した機種が多かったためか、ここにきてAT純増枚数を変動させて出玉減少区間を排除した新台が増え出しましたね。

 

総合的な出玉増加ペースは変わらないものの、やはりメダルが減っていくのは印象的に悪いので、個人的にはこういったタイプの方が好感が持てます。

また、ガンダム クロスオーバーは6セット目を突破することによりエンディングが発生して有利区間終了となりますが、有利区間完走後の1周期目消化後にはボーナス以上確定となるため、数珠連で2,400枚以上の出玉を作り出すことも可能です。

クロスオーバーラッシュ

・純増枚数1.2~4.3枚/Gの枚数変動型のATで、強化パートの純増枚数が約1.2枚/G、バトルパートの純増枚数が約4.3枚/G。

強化パート

・10G継続するカード強化区間で、純増枚数は約1.2枚/G。
・ベル以上の小役成立時にカード強化抽選が行われる。

バトルパート

・20G+α継続するATのメインパートで、純増枚数は約4.3枚/G。
・ATの実質継続率は約80%(~5セット目)と高く、6セット目は勝利期待度約56%のMA襲来に突入。

MA襲来

・AT6セット目に突入するボスバトルで、バトルに勝利するとエンディングに移行する。
・バトル敗北時には引き戻し期待度約40%の特殊周期へ移行する。

エンディング

・MA襲来でボスに勝利すると移行する30Gのエンディングパート。
・エンディング後は有利区間終了となり通常状態へ転落するが、1周期目でのボーナス当選以上が確定する。

<--スポンサード リンク-->

スロット新台情報2019 スロット オーバーロード 総まとめ スロット 魔法少女まどかマギカ3 総まとめ スロット タイガーアンドバニー 総まとめ スロット スーパービンゴギャラクシー 総まとめ スロット ラブ嬢2 総まとめ スロット 南国娘2 総まとめ スロット ガンダム クロスオーバー 総まとめ スロット 呪怨 再誕AT 総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ