新台導入日・導入済み機種解析一覧
2019年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

ガンダム クロスオーバー【スロット新台】設定判別・解析攻略まとめ

(注目記事)元ホール店員が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴

スロット ガンダムクロスオーバー(新台)©創通・サンライズ ©Bisty

スロット「ガンダム クロスオーバー」の天井情報とやめどき、打ち方や設定判別要素といった攻略情報はこちらでまとめていきます。

スロットガンダムシリーズの新台は、カードバトルをモチーフにした純AT機!

AT純増枚数は約1.2枚/Gor4.3枚/Gの枚数変動タイプで、有利区間完走後の1周期目はボーナス以上が確定するなど、高純増に特化した機種とは方向性が違ったゲーム性になっています。

<--スポンサード リンク-->

スペック解析

基本情報
導入日 2019年10月7日
導入台数
(販売目標)
約15,000台
タイプ AT
AT純増 約1.2~4.3枚/G
コイン持ち
(設定1)
50枚あたり約50G
コイン単価
(設定1)
約3.1円
設定 AT初当たり 機械割
1 1/296.4 97.3%
2 1/285.8 98.8%
3 1/285.0 100.7%
4 1/286.6 103.5%
5 1/271.2 107.2%
6 1/222.7 108.6%

冒頭で説明したように、ガンダム クロスオーバーは枚数変動タイプの純AT機です。

AT初当たり確率は約1/296~1/223と、設定6のみ頭一つ抜けているのが特徴ですね。

また、設定1のコイン単価は約3.1円となっていることから、6号機の中では出玉の波が荒い機種ということが伺えます。

 

初当たり確率自体は軽いのに出玉の波が荒いのは、擬似ボーナスとATを合算した確率だからでしょうね。

機械割に関しては97.3~108.6%と高くはないものの、設定5以上であれば終日打ち込めるレベルではありますね。

公式サイト・PV動画

 

公式サイト:パチスロ カードバトルパチスロ ガンダム クロスオーバー(GUNDAM X-OVER)公式サイト

天井恩恵・ゾーン振り分け

天井条件 8周期消化(約928G+α)
天井恩恵 CZを経由してボーナス以上に当選

ガンダムクロスオーバーの最深天井は8周期となっており、天井到達時にはボーナス以上の当選が確定しているCZに突入します。

ここで自力当選した場合にはAT当選が確定となりますが、内部的に敗北してしまった場合はXボーナスとなるため、天井恩恵に過度な期待は禁物ですね。

なお、天井は8周期だけでなく、「2周期/3周期/5周期」のいずれかが選択される可能性もあります。

天井・ゾーン狙い目とやめどきの詳細解説はこちら
ガンダムクロスオーバー 天井恩恵・ゾーン狙い目とやめどき

朝一リセット挙動

項目 設定変更 電源OFF/ON
天井(周期) リセット 引き継ぐ
メニュー画面カード ボール ボール
有利区間ランプ 消灯 調査中
ステージ ガシャパート 調査中

打ち方

スロット ガンダムクロスオーバー(新台)打ち方

通常時の打ち方

1.左リール上段付近にBARを狙いつつ、右リールは適当打ちで消化。

2.枠内チェリー停止時は中リールも適当打ちで消化。
⇒右リール中段にベル停止・・・弱チェリー
⇒それ以外の角チェリー・・・強チェリー

3.スイカテンパイ時は中リールにもBARを目安にしてスイカを狙う。
⇒斜めスイカ揃い・・・弱スイカ
⇒平行スイカ揃い・・・強スイカ
⇒スイカハズレ・・・チャンス目A

4.上段BAR停止時は中リールも適当打ちで消化。
⇒第3停止後にリールフラッシュは発生・・・チャンス目B

ハサミ打ちがお手軽

ガンダムクロスオーバーは右リールを適当打ちしてもスイカを取りこぼさないので、小役狙い手順はハサミ打ちがお手軽です。

まずは左リール上段付近にBARを狙い、そのまま勢いで右リールを適当打ちしてまいましょう。

この時、左&右リールにスイカがテンパイした場合のみ中リールの目押しが必要で、スイカテンパイ時は中リールもBARを目安にしてスイカをフォローすればOKです。

斜めに揃うスイカが弱スイカ、平行に揃うスイカが強スイカとなっており、チェリーの強弱に関しては右リールの停止形で判別できます。

ボーナス中の打ち方

【予告音発生時】
・右→中リールの順で逆押し消化し、左リール上中段に2連ピンク絵柄をビタ押し。
⇒技術介入成功うで設定示唆演出が発生
※失敗しても枚数的な損はなし

【予告音非発生時】
1.押し順ナビ発生時はナビに従って消化する。

2.押し順ナビ非発生時は通常時の打ち方手順でレア小役をフォロー。

AT中の打ち方

1.押し順ナビ発生時はナビに従って消化する。

2.演出発生時は通常時の打ち方手順でレア小役をフォロー。

3.押し順ナビ&演出非発生時は適当打ちで消化。

小役確率

小役 設定1~6
リプレイ 1/7.3
押し順ベル 1/1.8
弱チェリー 1/91.0
強チェリー 1/595.8
弱スイカ 1/93.6
強スイカ 1/655.4
チャンス目A 1/728.2
チャンス目B 1/728.2

設定判別/設定差

通常AT機でメインとなる設定判別要素と言えばAT初当たり関連の数値ですが、CZに関しては低設定ほど当選率が優遇されているものの、設定差が小さく設定判別要素として使えるほどではありません。

AT初当たり確率は設定6のみ突出して優遇されているものの、こちらも短時間での設定看破要素としては使いづらいですね。

ビスティの機種ということもあってか設定示唆演出は豊富なので、設定狙いの際にはそれらを駆使して設定の高低を絞り込んでいきましょう。

CZ・AT初当たり確率

設定 CZ確率 AT初当たり
1 1/116.3 1/296.4
2 1/117.4 1/285.8
3 1/117.5 1/285.0
4 1/117.8 1/286.6
5 1/118.6 1/271.2
6 1/119.6 1/222.7

メニュー画面のカード

カード 示唆内容
ビグザム 設定2以上確定
サイコガンダム Mk-Ⅱ
αアジール
ジオング&ジ・オ&サザビー
ボール 朝一以外なら設定4以上確定
キュベレイ 設定4以上確定
百式 設定5以上確定
ガンダム&Zガンダム&νガンダム 設定6確定

メニュー画面左下に表示されるカードは、設定によって選択率が異なります。

このカードはガシャパートに移行する度に切り替わっていくため、CZ失敗時にはプッシュボタンを押して毎回確認しておきましょう。

なお、朝一は必ずボールが選択されるため、朝一はサンプルから除外するようにしてください。

ボーナス中ビタ押し成功時の1枚絵

画面 示唆内容
基本パターン
(口元アップは高設定示唆)
奇数設定示唆
偶数設定示唆
設定4以上確定
設定5以上確定
設定6確定

ボーナス中にはビタ押し要素が盛り込まれており、技術介入に成功すると設定示唆を行う1枚絵が出現します。

基本は①~③の1枚絵が出現しますが、これらの1枚絵の口元アップのパターンが出現することもあり。

また、高設定確定パターンも盛り込まれているため、設定狙いに限らず把握しておきましょう。

ATセット開始画面

スロット ガンダムクロスオーバー ATセット開始画面(オペ子)

画面 示唆内容
オペ子 MAバトル以外で出現:設定5以上確定
MAバトルで出現し敗北:設定5以上確定

ATセット開始画面では基本的に敵の種別を示唆していますが、状況によっては設定を示唆するパターンもあり。

そのパターンが「オペ子」の開始画面で、オペ子のセット開始画面は通常、MAバトルで無敵カードを所持している場合に出現します。

この法則が崩れ、MAバトル以外で種別した場合やMAXバトルで敗北した場合には設定5以上が確定するため、忘れず覚えておきましょう。

AT終了画面

画面 示唆内容
シャア専用MS・MA 設定2以上確定
百式 設定5以上確定
オペ子集合 設定6確定

ガンダムクロスオーバーはAT終了画面でも設定示唆を行っています。

現状判明している設定確定パターンは上記の3つで、「シャア専用MS・MA」なら設定2以上、「百式」なら設定5以上、そして「オペ子集合」なら設定6確定となります。

パチスロ解析攻略・機種別一覧 

フリーズ

確率 調査中
恩恵 AT当選確定
★フリーズ経由のATは最大12セットまで継続

ガンダムクロスオーバーのロングフリーズ発生契機はボーナス確定画面。

ロングフリーズが発生すればAT当選が確定するだけでなく、フリーズ経由のATは最大で12セットまで継続する可能性があります。

ロングフリーズについての詳細解説はこちら
ガンダムクロスオーバー フリーズ確率と恩恵

通常時ゲームフロー・解析情報

スロット ガンダムクロスオーバー(新台)通常時

ガンダム クロスオーバーの通常時は「ガシャパート/強化パート/バトルパート」の3パートで構成され、最終的にバトルパートで勝利できれば擬似ボーナス以上に当選します。

今作はカートバトルがモチーフとなっていることもあり、今までのスロットガンダムシリーズとはゲーム性がかなり異なりますね。

ただ、タイプ自体は周期管理システムを搭載したAT機なので、一連の流れを把握すれば違和感なく打ち込めると思います。

ガシャパート

・10G継続するカード選択パート。
・サブカード、リーダーカードといった2種類のカードを選択する。

強化パート

・1セット15G継続するカード育成パート。
・5~8セット消化した後にバトルパートに移行する。
・セット開始時にはキャンペーンを決定する演出が発生し、獲得したキャンペーンにより強化期待度が変動。
・リプレイ成立でサブカード(HP)、ベル成立でリーダーカード(攻撃力)アップ。
・レア小役成立時にはサブカードとリーダーカードのWアップ抽選が発生かつ大幅アップに期待。
・左下の保留玉の種類によって強化度合が異なる。

キャンペーン 強化期待度
グリプス戦役
作戦×2
ネオ・ジオン抗争
クロスオーバー
ライドモード

バトルパート

・平均20G継続する自力CZ。
・最終的に敵のHPを0にできればボーナスorAT確定。
・バトル勝利期待度は約40%となっており、勝利時の恩恵振り分けは「ボーナス:AT=約47%:約53%」。

ボーナス中ゲームフロー・解析情報

ガンダム クロスオーバーのボーナスはXボーナスのみで、30枚程度の出玉しか獲得することができません。

消化中のレア小役成立時にAT昇格抽選が行われるため、ボーナスもATに繋げるCZ程度に捉えた方がよさそうですね。

とは言え、ボーナス単発が続いた時にはATに入れる前に心が折れそうですが・・・(苦笑)

Xボーナス

・約30枚獲得可能の擬似ボーナス。
・消化中のレア小役成立時にAT昇格抽選が行われる。

AT中ゲームフロー・解析情報

スロット ガンダムクロスオーバー(新台)AT中

ガンダム クロスオーバーのAT「クロスオーバーラッシュ」は枚数変動型のATで、10G継続する強化パートの純増枚数は約1.2枚/G、20G+α継続するバトルパートの純増枚数は約4.3枚/Gとなっています。

高純増と引き換えに出玉が減少する引き戻しゾーンを搭載した機種が多かったためか、ここにきてAT純増枚数を変動させて出玉減少区間を排除した新台が増え出しましたね。

 

総合的な出玉増加ペースは変わらないものの、やはりメダルが減っていくのは印象的に悪いので、個人的にはこういったタイプの方が好感が持てます。

また、ガンダム クロスオーバーは6セット目を突破することによりエンディングが発生して有利区間終了となりますが、有利区間完走後の1周期目消化後にはボーナス以上確定となるため、数珠連で2,400枚以上の出玉を作り出すことも可能です。

クロスオーバーラッシュ

・純増枚数1.2~4.3枚/Gの枚数変動型のATで、強化パートの純増枚数が約1.2枚/G、バトルパートの純増枚数が約4.3枚/G。

強化パート

・10G継続するカード強化区間で、純増枚数は約1.2枚/G。
・ベル以上の小役成立時にカード強化抽選が行われる。
・押し順ベル成立時には2択正解で12枚獲得&1st位置のランクが1以上アップ。
・レア小役成立時には全リール強化濃厚&押し順ベルに比べて2段階以上アップの抽選が優遇。

バトルパート

・20G+α継続するATのメインパートで、純増枚数は約4.3枚/G。
・ATの実質継続率は約80%(~5セット目)と高く、6セット目は勝利期待度約56%のMA襲来に突入。
・ベル以上の小役成立で攻撃を行い、レア小役成立時は大ダメージや攻撃倍率アップのチャンス。
・敵のHPは「6,000pt/8,000pt/10,000pt」のいずれか。

MA襲来

・AT6セット目に突入するボスバトルで、バトルに勝利するとエンディングに移行する。
・バトル敗北時には引き戻し期待度約40%の特殊周期へ移行する。

エンディング

・MA襲来でボスに勝利すると移行する30Gのエンディングパート。
・エンディング後は有利区間終了となり通常状態へ転落するが、1周期目でのボーナス当選以上が確定する。

<--スポンサード リンク-->

スロット新台情報2019 スロット ガンダム クロスオーバー 総まとめ スロット 南国娘2 総まとめ スロット ドラゴンホイール 総まとめ スロット 呪怨 再誕AT 総まとめ スロット闘魂継承アントニオ猪木(新台)総まとめ スロット ピラミッドアイ 総まとめ スロット 北斗の拳 天昇 総まとめ スロット サラリーマン金太郎MAX(新台)総まとめ

2 Responses to “ガンダム クロスオーバー【スロット新台】設定判別・解析攻略まとめ”

  1. 匿名 より:

    ボーナス続いてる時はボーナス中にレア役引いてもほぼ?ATになりません、ボーナス8連中にw強チェリー&強スイカ引きましたがダメでした。
    このボーナスとATの偏りがかなりあるので、前の周期の当たりを引きずる仕様なのではないかと思います。
    当初引き戻し1から3周期)あたりまでの当選時かなと思っていましたが、そうではなく周期そのものに影響があるという方が正解に近いように思います。
    とはいえ、モードAT多め&ボーナス多めの2つとは考えにくいので、当選時のAT&ボーナス比率が異なる状態が3〜4パターン?
    この内、当選時はほぼボーナスな地獄モードから別のモードに移行する率が結構低いのではないかなと、そのぶんエンディング→覚醒で1周期当選という天国モードもあり、低設定でも跳ねやすく(1000〜2000)なってるのでしょう。
    他機種とはあまりに立ち回りが異なる仕様なため、とりあえず悪評が出まくることでしょう。
    そして低設定でも跳ねやすい分、高設定の勝率が他機種と比べてかなり低いんじゃないかと思います、完全に短時間勝負向きな台というのが現時点での印象なので、想像の仕様だとすると狙い目も他機種と違う狙い目になるのでけっこう拾いやすいのかもっ…!?…問題は想像と違うということよりも、客離れが早そうですぐ無くなりそうw

  2. 匿名 より:

    エンディング出たのに、次の1周期目負けました。おそらく理由はギラ・ドーガ。天井で自力勝利のATだったのですが、全6戦がギラ・ドーガでした。完全に終わったと思った時も百式で復活して継続。6戦確定モードがあるのでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ