新台導入日・導入済み機種解析一覧
2019年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。 打ち方解説

(注目記事)元ホール店員が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴

スロット あの花 打ち方©ANOHANA PROJECT ©SAMMY

パチスロ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花)」の打ち方についての解説です。

あの花は右リールを適当打ちしても小役を取りこぼさないので、通常時はハサミ打ちがお手軽です。

レア小役の構成もシンプルで、初打ちの段階からスムーズに消化できると思います。

<--スポンサード リンク-->

通常時の打ち方

1.左リール上段付近にBARを狙いつつ、右リールは適当打ちで消化。

2.枠内チェリー停止時は、中リールも適当打ちで消化する。
⇒中段にチェリー停止・・・中段チェリー(中&右リールにBARを狙うとBAR揃い)
⇒角チェリー+右リール上段にチェリー停止(3連チェリー)・・・強チェリー
⇒角チェリー+右リール中段に白7orBARorスイカ・・・強チェリー
⇒それ以外の角チェリー・・・弱チェリー

3.左&右リールにスイカテンパイ時は、中リールにもBARを目安にしてスイカ狙い。
⇒スイカ揃い・・・スイカ(強弱はなし)
⇒スイカテンパイハズレ・・・チャンス目A

4.下段BAR停止時は中リールも適当打ち。
⇒中段「リプ・チェリー・リプ」・・・チャンス目B

ハサミ打ちがお手軽

オーソドックスかつお手軽なハサミ打ち手順は、左リールにBARを狙いつつ右リールを適当打ちし、スイカがテンパイした時だけ中リールにもスイカを狙うといったもの。

チェリーには弱チェリー、強チェリー、中段チェリーといった3つのフラグが存在しますが、中段チェリーは左リールを見ただけで一目瞭然ですし、強弱に関しては右リールの停止形で簡単に判別することができます。

 

スイカに関しては強弱の概念はなく、スイカテンパイハズレはチャンス目Aです。

中段「リプ・チェリー・リプ」はチャンス目Bとなっていますが、チャンス目A・B成立時はいずれも第3停止後にリールフラッシュが発生するため、見逃してしまう心配はないでしょう。

AT中の打ち方

1.押し順ナビ発生時はナビに従って消化する。

2.演出発生時は通常時と同じ打ち方でレア小役をフォロー。

3.押し順ナビ、演出非発生時は適当打ちで消化する。

<解析まとめ・記事一覧>
・あの花【スロット】スペック・設定判別・解析攻略まとめ

<--スポンサード リンク-->

スロット新台情報2019 スロット ガンダム クロスオーバー 総まとめ スロット 南国娘2 総まとめ スロット ドラゴンホイール 総まとめ スロット 呪怨 再誕AT 総まとめ スロット闘魂継承アントニオ猪木(新台)総まとめ スロット ピラミッドアイ 総まとめ スロット 北斗の拳 天昇 総まとめ スロット サラリーマン金太郎MAX(新台)総まとめ

2 Responses to “あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。 打ち方解説”

  1. 匿名 より:

    ハサミ打ちだとチャンス目Bは
    中段 リプレイ チェリー リプレイです
    リプリプスイカの形は順押しと中押しのときだけだと思います
    (逆押しでもリプチェリプ)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ