新台導入日・導入済み機種解析一覧
2019年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

天元突破グレンラガンAT 打ち方解説

(注目記事)元ホール店員が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴

スロット グレンラガンAT 打ち方©GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通 ©GAINAX・中島かずき/劇場版グレンラガン製作委員会 ©Spiky ©NANASHOW

パチスロ「天元突破グレンラガンAT(6号機)」の打ち方についての解説です。

グレンラガンの新台は擬似ボーナスで出玉を増やすAT機ということで、前作よりも打ち方が簡単になりました。

中リールを適当打ちしても小役をフォローすることができるため、通常時からサクサクと消化することができます。

<--スポンサード リンク-->

通常時の打ち方

1.左リール上段付近にBARを狙いつつ、中リールは適当打ちで消化。

2.枠内チェリー停止時は、右リールも適当打ちで消化する。
⇒中段にチェリー停止・・・中段チェリー(確定役)
⇒角チェリー+右リール中段に赤7orBARor白元orスイカ停止・・・強チェリー
⇒それ以外の角チェリー・・・弱チェリー

3.左&中リールにスイカテンパイ時は、右リールには2連スイカを狙う。
⇒2連スイカ停止・・・強スイカ
⇒2連スイカ非停止のスイカ揃い・・・弱スイカ
⇒スイカテンパイハズレ・・・鬼チャンス目

4.それ以外の場合は右リールは適当打ちで消化。
⇒ベルV字型停止・・・弱チャンス目
※左リール上段にスイカ停止からの中段ベル揃いは共通ベル

中リールは適当打ちで問題なし

新台のグレンラガンを打つ場合、中リールは適当打ちで問題なしと覚えておくとスムーズに消化できます。

まずは左リール上段付近にBARを狙い、そのままの勢いで中リールを適当打ちしてしまいましょう。

この時、スイカがテンパイしていなければ右リールも適当打ちしてしまって大丈夫です。

 

チェリーの強弱は右リールの停止形で判別でき、中段に赤7orBARor白元orスイカが停止すれば強チェリー、それ以外の角チェリーは弱チェリー。

中段チェリーは確定役となっています。

 

左&中リールにスイカがテンパイした場合には、右リールには2連スイカを狙うことでフラグ判別が可能です。

もし2連スイカが見づらいと感じたら、BARを枠下あたりに狙うイメージで右リールを止めてみてください。

2連スイカが停止するスイカ揃いが強スイカ、2連スイカが停止しないスイカ揃いが弱スイカとなっており、スイカが揃わない場合は鬼チャンス目となります。

ボーナス(AT)中の打ち方

1.押し順ナビ発生時はナビに従って消化する。

2.演出発生時は通常時の打ち方でレア小役をフォロー。

3.押し順ナビ、演出が無ければ適当打ちで消化。

<解析まとめ・記事一覧>
・グレンラガン2【スロット新台】設定判別・解析攻略まとめ

<--スポンサード リンク-->

スロット新台情報2019 スロット闘魂継承アントニオ猪木(新台)総まとめ スロット 呪怨 再誕AT 総まとめ スロット ピラミッドアイ 総まとめ スロット 北斗の拳 天昇 総まとめ スロット サラリーマン金太郎MAX(新台)総まとめ スロット 蒼穹のファフナー エグゾダス 総まとめ スロット ルパン三世 イタリアの夢 総まとめ スロット マジカルハロウィン7 総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ