新台導入日・導入済み機種解析一覧
2019年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

麻雀格闘倶楽部3【スロット新台】スペック・設定判別・解析攻略まとめ

(注目記事)元ホール店員が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴

スロット「麻雀格闘倶楽部3」の天井情報とやめどき、打ち方や設定判別要素といった攻略情報はこちらでまとめていきます。

スロット麻雀格闘倶楽部シリーズの新台は、純増枚数約5.0枚/GのATで出玉を増やす純AT機!

過去シリーズと同じく周期管理システムや和了役がAT初期枚数に連動しているほか、AT中の上乗せ確率が約1/5.2~1/8.9と非常に高くなっているのが特徴です。

<--スポンサード リンク-->

スペック解析

基本情報
導入日 2019年8月5日
導入台数
(販売目標)
※調査中
タイプ AT
AT純増 約5.0枚/G
コイン持ち
(設定1)
50枚あたり約50G
コイン単価
(設定1)
約2.2円
設定 AT初当たり 機械割
1 1/298.9 97.9%
2 1/289.9 98.9%
3 1/278.7 100.3%
4 1/252.1 103.1%
5 1/260.0 105.7%
6 1/229.5 110.2%

麻雀格闘倶楽部3のAT初当たり確率は約1/299~1/230、50枚あたりのコイン持ちは約50Gと、スペックを見る限りでは至ってシンプルな6号機といった印象。

また、設定1のコイン単価が約2.2枚となっていることを踏まえると、出玉が荒れにくく高設定をツモった時の安定感はかなり高そうです。

機械割は97.9~110.0%と6号機の中では標準的なのですが、公表されている数値と実際の出玉率にどれくらいの差が出るのかが気になるところですね(笑)

公式サイト・PV動画

※現時点では公開されていません

天井恩恵

天井条件 777G+α
天井恩恵 AT当選

ゾーン振り分け

※調査中

やめどき

新台の麻雀格闘倶楽部3の現時点でのやめどきはAT終了後の引き戻しゾーン失敗後にやめということにしておきますが、1周期目のAT抽選が優遇されているようであれば解析に合わせてやめどきを臨機応変に調整していきます。

朝一リセット挙動

※調査中

打ち方

※準備中

設定判別/設定差

解析が出揃っていないうちは、AT初当たり確率からザックリと設定の高低を絞り込んでいくしかありません。

ただ、設定1と設定6の差は約1.3倍とそれほど大きくはないですし、設定6が頭一つ飛び抜けているという特徴があるため、AT初当たり確率だけを頼りに設定を見極めるのは難しいと言っていいでしょう。

設定 AT初当たり
1 1/298.9
2 1/289.9
3 1/278.7
4 1/252.1
5 1/260.0
6 1/229.5

フリーズ

※調査中

通常時

6号機になっても麻雀格闘倶楽部シリーズお馴染みのゲーム性は健在で、通常時は周期管理システムを採用しています。

AT直撃パターンも存在するようですが、詳しい情報が判明次第追記していきます。

AT

麻雀格闘倶楽部3のATは差枚数管理タイプとなっており、今までのシリーズの流れを踏襲して和了役によって初期枚数が変動します。

AT中の上乗せ確率が約1/5.2~1/8.9と非常に高くなっているのが特徴で、小さな上乗せを繰り返しながらATを継続させていく流れになりそうですね。

また、多くの6号機と同じくAT終了後は引き戻しゾーンに突入し、8連すると480枚+α差枚数を上乗せしてATに復帰するようです。

格闘倶楽部ラッシュ

・差枚数管理タイプのATで純増枚数は約5.0枚/G。
・初期枚数は和了役によって変動する(36~480枚)。
・AT中の上乗せ確率は約1/5.2~1/8.9。

真龍ロード

・格闘倶楽部ラッシュの引き戻しゾーン。
・引き戻し対決に8連勝すると480枚+α差枚数を上乗せしてATに復帰。

<--スポンサード リンク-->

スロット新台情報2019 スロット 美ら沖 総まとめ スロット 実況ビンゴ倶楽部 総まとめ スロット スーパードラゴン 総まとめ スロット 咲桜弁慶 総まとめ スロット ガールズ&パンツァーG 総まとめ スロット 鉄拳4 総まとめ スロット 天元突破グレンラガン2 総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ