新台導入日・導入済み機種解析一覧
2019年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

スーパードラゴン【スロット】設定判別・スペック・解析攻略まとめ

スロット スーパードラゴン(6号機)©NET CORPORATION

スロット「スーパードラゴン(6号機)」の天井情報とやめどき、打ち方や設定判別要素といった解析攻略情報はこちらでまとめていきます。

4号機のドラゴンシリーズが6号機になって再登場!

スペックは擬似ボーナスの連チャンで出玉を増やす純AT機で、ボーナス純増枚数は約2.8枚/Gとなっています。

<--スポンサード リンク-->

スペック解析

基本情報
導入日 2019年6月17日
導入台数
(販売目標)
約4,500台
タイプ AT
AT純増 約2.8枚/G
コイン持ち
(設定1)
50枚あたり約43G
コイン単価
(設定1)
約2.4円
設定 初当たり
確率
ボーナス
合算
機械割
1 1/392 1/125 97.7%
2 1/309 1/119 98.9%
3 1/366 1/115 100.4%
4 1/277 1/107 102.3%
5 1/320 1/100 103.9%
6 1/234 1/92 107.5%

6号機のスーパードラゴンは、差枚数管理タイプのボーナスをループさせて出玉を伸ばすAT機。

ボーナス後には必ず7G間の引き戻しゾーン「龍宮ゾーン」に突入し、龍宮ゾーンとボーナスのトータルでのループ率は約70%となっています。

機械割に関しては高設定域が少し絡めで、設定5の機械割は103.9%、設定6の機械割は107.5%

設定狙いで打つなら、設定6をピンポイントで狙っていく形になりますね。

公式サイト・PV動画

 

公式サイト:スーパードラゴン-NET CORPORATION-ネット株式会社

天井恩恵

天井条件 999G
天井恩恵 擬似ボーナス

ゾーン振り分け

※スーパードラゴンは最深天井以外にもゲーム数解除振り分けあり?

やめどき

※準備中

朝一リセット挙動

※調査中

打ち方

※準備中

小役確率

※調査中

設定判別/設定差

新台のスーパードラゴンは、奇数設定よりも偶数設定の方が初当たり確率が優遇されています。

奇数設定は初当たりが重めの代わりに連チャン性能が優遇されているため、初当たりとボーナス連チャンを参考にしつつ奇数or偶数設定の目星を付けていくことになりますね。

ただ、設定5の機械割は103.9%と辛めなので、設定狙いをするなら奇数設定挙動の台は避けて偶数設定挙動の台に絞り込むべきです。

設定 初当たり
確率
1 1/392
2 1/309
3 1/366
4 1/277
5 1/320
6 1/234

フリーズ

※調査中

通常時

スーパードラゴンはレア小役での抽選、カウンターポイント数解除、ゲーム数解除から擬似ボーナス当選を狙っていくゲーム性です。

ボーナス終了後には必ず7G間の引き戻しゾーン「龍宮ゾーン」へ移行し、龍宮ゾーンのトータル引き戻し期待度は約70%と高めに設定されています。

また、30G近くの引き戻しゾーンを搭載している機種が目立つ中、スーパードラゴンの龍宮ゾーンは7G完結というのはコインロスが少なくて好印象ですね(^^)

龍宮ゾーン

・ボーナス終了後に突入する7G間の引き戻しゾーン。
・トータルの引き戻し期待度は約70%。

擬似ボーナス(AT)

スーパードラゴンには赤7ボーナスとドラゴンボーナスといった2種類の擬似ボーナスが搭載されていますが、初当たり時は赤7ボーナスからスタートします。

連チャン中のボーナスはドラゴンボーナスとなり、最大で一撃1,999枚の出玉を獲得可能!

これといった特化ゾーンもなく、沖スロタイプのゲーム性自体はシンプルで分かりやすいですね。

赤7ボーナス

・100~988枚獲得可能の差枚数管理タイプの擬似ボーナス。
(※ボーナス初当たり時には赤7ボーナスからスタート)
・昇龍演出が発生すると枚数アップ抽選が行われる。
・消化中のレア小役成立時には枚数アップ抽選あり。
・ボーナス終了後には龍宮ゾーンへ移行する。

ドラゴンボーナス

・100~1,999枚獲得可能の差枚数管理タイプの擬似ボーナス。
(※龍宮ゾーン中のボーナスはドラゴンボーナスに)
・ボーナス終了後には龍宮ゾーンへ移行する。

<--スポンサード リンク-->

スロット新台情報2019 スロット 天晴モグモグ風林火山 全国制覇版(新台)総まとめ スロット ハナビ通(新台)総まとめ スロット 冬のソナタ 総まとめ スロット 美ら沖 総まとめ スロット 実況ビンゴ倶楽部 総まとめ スロット スーパードラゴン 総まとめ スロット 咲桜弁慶 総まとめ スロット ボンバーパワフル3 総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ