新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

ドラゴンギャル-修羅の野望- モード移行率

(注目記事)元ホール店員が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴

にほんブログ村 スロットブログへ

 稼働も落ち着いてきて、ハイエナする機会も増えてきそうなドラゴンギャル。今回はモード移行率が判明したんで、設定1の数値を参考にして考察していきたいと思います(^^)

 モード移行のタイミングはAT終了時で、通常B→通常Aへの転落はなし、設定変更時にみ移行する特殊モードが存在する、など番長2に似たような感じになってますね。

<--スポンサード リンク-->

・AT終了後モード移行率(設定1)
ドラゴンギャルモード移行率

 表を見ていただくと分かる通り、通常A滞在率が高いです。天井狙いの際も基本は通常Aだと思って600G(通常Aのゾーン)付近から狙っていくといいですね(^^)

 また通常B→通常Aには転落しないという特性を活かせば、初当たり履歴から通常B期待度の高い台を早めのG数から打ち出すことも有効かもしれません。が!この台はドラゴンチャンスからのAT当選も結構あるんで慎重に攻めましょう。

 また、AT初当たり確率や天国ループ率を見ると明らかにこの機種はAT1回あたりの獲得枚数は少なく、早い引き戻し(天国ループなど)で出玉を増やすタイプなんで、時間効率は確実に悪いです。1000G以上ハマリでのAT当選時の恩恵に気を取られがちですが、消化に時間がかかることもしっかり頭に入れておきましょう。

 補足として1点あげておくとすれば、設定変更時は専用のモードがあるということです。おそらく番長2のリセットモードのような感じだと思います。

 各モードの解除率は不明ですが、変更後モードは専用の解除振り分けがあり、AT当選後に上記表の振り分けで次回モードへ移行する、という流れですね。変更後モード時のAT終了後は若干通常B以上への移行率が優遇されてますが、特に気にする程でもないでしょう!

・まとめ

・基本は通常Aをループしている。
・通常B→通常Aへの転落はなし。
・時間効率は悪めの機種。
<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット スーパーリノXX(新台)総まとめ スロット マッハGoGoGo(新台)総まとめ スロット ドリームクルーン711(新台)総まとめ スロット 巨人の星 情熱編(新台)総まとめ スロット カイジ4(新台)総まとめ スロット ロードオブヴァーミリオン Re(新台)総まとめ スロット 蒼天の拳 朋友(新台)総まとめ スロット 聖闘士星矢 海皇覚醒スペシャル(新台)総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ