新台導入日・導入済み機種解析一覧
2019年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

ハナビ通【スロット新台】設定判別・打ち方攻略まとめ

(注目記事)毎日パチ屋と職場の往復で出会いの無かった僕が、たった1ヶ月で北川景子似の専業主婦をお持ち帰りした方法

スロット「ハナビ通」の設定判別要素、打ち方といった攻略情報はこちらでまとめていきます。

今なお根強い人気を誇るハナビの後継機が登場!

基本的なゲーム性はハナビを踏襲しており、ボーナス中とRT中の技術介入要素も健在です!!

<--スポンサード リンク-->

スペック解析

基本情報
導入日 2019年5月20日
導入台数
(販売目標)
約2,000台
タイプ A+RT
コイン持ち
(設定1)
50枚あたり約34.2G
コイン単価
(設定1)
※調査中
設定 BIG REG ボーナス
合算
1 1/312.1 1/385.5 1/182.5
2 1/303.4 1/364.1 1/165.5
5 1/287.4 1/337.8 1/155.3
6 1/268.6 1/312.1 1/144.4
設定 機械割
(攻略なし)
機械割
(フル攻略)
1 97.8%
2 100.0%
5 103.5%
6 107.3%

ハナビ通は前作を踏襲したA+RTタイプということで、ハナビを打ったことがあれば違和感なく打つことができると思います。

現時点ではフル攻略時の機械割は判明していませんが、攻略なしの設定6の機械割が107.3%だとするならば、設定狙いでの活躍にも期待できますね。

ただ、導入台数が約2,000台と少ないこともあり、積極的に設定を投入するホールはあまりないかもしれません(苦笑)

公式サイト・PV動画

※現時点では公開されていません

天井恩恵

新台のハナビ通には天井は搭載されていません。

ゾーン振り分け

スロットハナビ通は天井を含めて、規定ゲーム数(ゾーン)到達時に何かしらの抽選が行われるといった仕様はありません。

やめどき

ハナビ通は天井・ゾーン非搭載のA+RTということで、通常時かつボーナスが成立していないことを確認できればいつやめても大丈夫です。

朝一リセット挙動

※調査中

打ち方

※準備中

小役確率

※調査中

設定判別/設定差

現時点で判明している設定差のある要素はボーナス確率くらいですが、前作を踏襲している可能性は高そうですね。

解析続報が判明次第、改めて追記していきます。

ボーナス確率

スロット ハナビ通 ボーナス確率

ボーナス確率に関してはBIGよりもREGの方がやや大きめの設定差が付けられていますが、そこまで極端な差はありませんし、合算して設定の高低を絞り込んでいけば問題ないでしょう。

フリーズ

※フリーズは非搭載?

ボーナス

新台のハナビ通のボーナスは前作と同じく、BIGボーナスとREGボーナスの2つです。

ただ、前作とは違ってREG中にも技術介入要素が盛り込まれており、技術介入に成功することで最大枚数を獲得できます。

とは言え、ボーナス終了まで何度も挑戦することができますし、RT中のリプレイハズシに比べれば難易度が低くて初心者にも気軽に挑戦できる技術介入要素です(^^)

BIGボーナス

・最大311枚獲得可能のボーナス。
・BIG中には技術介入要素あり。
・BIG終了後はRTに突入する。

REGボーナス

・最大116枚獲得可能のボーナス。
・REG中には技術介入要素あり。

RT

ハナビ通のRTは前作と同じ2段階構成となっており、BIG後に突入する「花火チャレンジ」中に移行リプレイが入賞することで「花火ゲーム」に移行します。

もちろん、移行リプレイはリプレイハズシを実践することで入賞を回避できるので、スロッターとしての目押し力が試される瞬間ですね(笑)

花火チャレンジ

・最大20G継続するRTで、RT純増枚数は約0.3枚/G。
・移行リプレイが入賞すると花火ゲームに移行する。
※リプレイハズシを実践することで移行リプレイの入賞を回避可能。

花火ゲーム

・最大20G継続するRTで、RT純増枚数は約0.5枚/G。

<--スポンサード リンク-->

スロット新台情報2019 スロット 猛獣王 王者の咆哮 総まとめ スロットドンちゃん2(新台)総まとめ スロット 義風堂々 総まとめ スロット ゴーゴージャグラー2 総まとめ スロット ワンダフルジャック 総まとめ スロット マイフラワー30 総まとめ スロット 黄門ちゃまV 女神盛 総まとめ スロット プレミアムハナハナ 総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ