新台導入日・導入済み機種解析一覧
2019年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

ワンダフルジャック【スロット新台】設定判別・打ち方攻略まとめ

(注目記事)元ホール店員が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴

スロット ワンダフルジャック©OKAZAKI

スロット「ワンダフルジャック」の設定判別要素や打ち方、解析攻略情報はこちらでまとめていきます。

岡崎産業から約1年振りにスロットがリリース!

ワンダフルジャックは純ボーナスのみで出玉を増やすAタイプということで、スロット初心者でも気軽に打てる単純明快なゲーム性になっています。

<--スポンサード リンク-->

スペック解析

基本情報
導入日 2019年4月8日
導入台数
(販売目標)
約1,000台
タイプ Aタイプ
コイン持ち
(設定1)
50枚あたり約36.6G
コイン単価
(設定1)
約2.1円
設定 BIG REG
1 1/288.7 1/436.9
2 1/276.5 1/409.6
5 1/263.2 1/383.3
6 1/247.3 1/348.6
設定 ボーナス
合算
機械割
1 1/173.8 97.1%
2 1/165.1 99.8%
5 1/156.0 103.2%
6 1/144.7 107.9%

新台のワンダフルジャックは4段階設定のAタイプ。

複雑なゲーム性や演出を搭載していないシンプルなAタイプで、ボーナス確率も至って標準的といった印象です。

機械割に関しても97.1~107.9%と並で、設定6をツモることができれば終日打ち込むことができます。

設定状況うんぬんの問題以前に、設置ホールを探す方が大変そうですが・・・(苦笑)

公式サイト・PV動画

 

公式サイト:WONDERFUL JACK オフィシャルWEBサイト

天井恩恵

スロットワンダフルジャックには天井は搭載されていません。

ゾーン振り分け

ワンダフルジャックは天井を含めて、規定ゲーム数(ゾーン)到達時に何かしらの抽選が行われるといった仕様はありません。

やめどき

ワンダフルジャックは純ボーナスのみで出玉を増やすAタイプということで、やめどきは単純明快です。

ボーナスが成立していないことさえ確認できていれば、いつやめても損することはありません。

朝一リセット挙動

ワンダフルジャックは天井非搭載のAタイプということもあり、朝一リセット時にはこれといった恩恵はありません。

打ち方

スロット ワンダフルジャック 打ち方

・通常時は左リールにチェリーさえ狙って消化すればコインロスはなし。

通常時の打ち方

・左リールに「赤7/チェリー/白7」の塊をアバウトに狙いつつ、中&右リールは適当打ちで消化する。

目押しが簡単なAタイプ

ワンダフルジャックは目押しが簡単なAタイプで、左リールにチェリーさえ狙えていればコインロスはありません。

左リールにはチェリーが2つありますが、おそらくほとんどの方は「赤7/チェリー/白7」の塊の方が見やすいと思うので、今回は7に挟まれたチェリーを狙って消化する手順を紹介しています。

もちろん、赤7から3コマ上のチェリーを狙って消化しても問題ありません。

ボーナス中の打ち方

【BIG中】
・全リール適当打ちで消化。

【REG中】
1.左リールに「赤7/チェリー/白7」を狙う。
⇒チェリーが中段or下段に止まれば技術介入成功

2.技術介入成功後は左リールにBARをアバウトに狙いつつ、中&右リールは適当打ちで消化する。

REG中に技術介入要素あり

BIG中は全リール適当打ちでOKですが、REG中には1度だけ技術介入をして枚数調整すれば最大枚数を獲得できます。

技術介入手順も難しくはないですが、技術介入成功後は14枚役入賞を避けるためにBAR付近を狙って消化していきましょう。

小役確率

ワンダフルジャックで出現率に設定差が付けられているのはスベリベル。

設定1・2と設定6では約1.6倍と、非常に大きな差が付けられています。

左リール中段までベルがスベり、中段ラインに揃うベルがスベリベルとなっているので、設定狙いの際にはしっかりとカウントしておきましょう。

スロット ワンダフルジャック 通常時の小役確率

設定判別/設定差

スロットワンダフルジャックは純ボーナスのみで出玉を増やすAタイプということで、設定判別のメインとなってくるのはボーナス確率です。

また、通常時のスベリベル確率に大きな設定差があるため、設定狙いをするなら合わせてチェックしておくべきですね。

ボーナス確率

スロット ワンダフルジャック ボーナス確率

ワンダフルジャックのBIG確率は設定1と設定6で約1.17倍、REG確率は設定1と設定6で約1.25倍の差あり。

REGの方がやや大きめの設定差が付けられているものの、そこまで極端な設定差ではないので、ボーナス合算確率を参考にして設定の高低を絞り込んでいけばいいでしょう。

特定ボーナス

スロット ワンダフルジャック 特定ボーナス

単独ボーナス、(スベリ)リプレイ+ボーナス確率に段階的な設定差あり。

ボーナス当選契機を見抜くことができるのが条件になりますが、上手く活用できれば設定判別精度を高めることができますね。

設定差のある小役確率

スロット ワンダフルジャック スベリベル確率

通常時のスベリベル確率は、低設定と設定6で約1.6倍もの差が付けられています。

左リール中段までベルがスベって揃うのが中段ベルとなっているので、しっかりとチェックしてきましょう。

設定示唆演出

BIG当選時のセグ表示

スロット ワンダフルジャック BIG当選時のセグ

ワンダフルジャックはボーナス当選時にセグ演出が発生しますが、高設定はBIG当選時に「3」が選択されやすくなっています。

低設定と設定5は僅かな差しかないものの、低設定と設定6なら2倍の差が付けられているため、設定6を見抜く上では重要な設定判別要素です。

BIG当選時のセグ演出

スロット ワンダフルジャック BIG当選時のセグ演出

BIG当選時に表示されるセグだけでなく、演出の選択率にも設定差が付けられています。

セグ演出は全部で6パターンで、「交互回転」は奇数設定よりも偶数設定の方が選択されやすく、「全回転」が選択されるのは設定5以上のみといった特徴あり!

それ以外のパターンに関しては目に見えた設定差はありませんが、「逆回転/高速回転/スロー回転」は高設定になるにつれて選択されやすくはなっています。

フリーズ

ワンダフルジャックはレバーON時やリール停止時にフリーズが発生することがあり、7セグに「3」が表示されればボーナス確定、「7」が表示されればBIG確定となります。

通常時

ワンダフルジャックの通常時は適当打ちでサクサク消化できます。

演出もシンプルなものが多く、ボーナス成立時にはリプレイ確率がアップ!

つまり、リプレイが連続で成立すればするほどボーナス当選期待度が上がることになるので、出目(リーチ目)だけでなくリプ連でもドキドキを味わうことができます(^^)

リールランクアップ演出

・リールランクアップは段階に応じて対応役が存在し、3ランクアップまで進めばボーナス確定。

ランクアップ 対応役
1ランクアップ チェリー/ベル/キウイ/リプレイ
2ランクアップ ベル/キウイ
3ランクアップ ボーナス確定

リール始動アクション

・リールスタート時に違和感があればチャンスとなり、リールの始動順でも期待度が変化する。
⇒「左→中→右」の順次始動は連続するほどボーナス期待度アップ。
⇒「左→右→中」のハサミ始動が発生すればチャンス。

停止音の法則

・リプレイ音が通常と違えば期待度アップ。
・停止音が変わって小役がハズレるとボーナス濃厚。

ボーナス

ワンダフルジャックのボーナスはBIGとREGのみ。

REG中には技術介入要素が盛り込まれており、技術介入に成功することで最大枚数を獲得することができます。

また、BIG中の中段ベル確率は奇数設定と偶数設定で差が付けられているため、設定狙いをするなら要カウントですね。

BIGボーナス

・約312枚獲得可能のボーナス。

REGボーナス

・最大129枚獲得可能のボーナス。
・REG中には技術介入要素あり。

<--スポンサード リンク-->

スロット新台情報2019 スロット闘魂継承アントニオ猪木(新台)総まとめ スロット 呪怨 再誕AT 総まとめ スロット ピラミッドアイ 総まとめ スロット 北斗の拳 天昇 総まとめ スロット サラリーマン金太郎MAX(新台)総まとめ スロット 蒼穹のファフナー エグゾダス 総まとめ スロット ルパン三世 イタリアの夢 総まとめ スロット マジカルハロウィン7 総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ