新台導入日・導入済み機種解析一覧
2019年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

ダンまち【スロット】天井・設定判別・フリーズ・解析攻略まとめ

(注目記事)元ホール店員が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴

スロット ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 解析©大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち製作委員会 ©KITA DENSHI

スロット「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ダンまち)」の天井情報とやめどき、設定判別要素やフリーズ恩恵といった解析攻略情報はこちらでまとめていきます。

北電子とダンまちのタイアップスロットは、純ボーナスに純増約0.4枚/GのRTを絡めて出玉を増やすA+RTタイプ!

RTは「ソロプレイ」、「マルチプレイ」の2段階構成で、マルチプレイ突入時は設定1でも平均350G継続・・・?!

<--スポンサード リンク-->

スペック解析

基本情報
導入日 2018年11月19日
導入台数
(販売目標)
約8,000台
タイプ A+RT
RT純増 約0.4枚/G
コイン持ち
(設定1)
50枚あたり約36G
コイン単価
(設定1)
※調査中
設定 青ファミリア
ボーナス
赤ファミリア
ボーナス
ファミリア
ボーナス
合算
1 1/1638.4 1/1092.3 1/655.4
2
5
6
設定 ディヴァイン
ジャッジ
ダブル
ディヴァイン
ジャッジ
ディヴァイン
ジャッジ
合算
1 1/1285.0 1/1285.0 1/642.5
2 1/1074.3 1/1074.3 1/537.2
5 1/753.3 1/1129.9 1/452.0
6 1/840.2 1/560.1 1/336.1
設定 ファミリア
チャンス
ボーナス
合算
RT
1 1/455.1 1/189.4 1/215.6
2 1/179.1 1/214.6
5 1/168.5 1/213.6
6 1/149.3 1/211.3
設定 ボーナス
+RT
機械割
1 1/100.8 98.2%
2 1/97.6 100.3%
5 1/94.2 106.4%
6 1/87.5 111.9%

4段階設定のA+RTタイプ

スロット「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」は、同メーカーの「これはゾンビですか?」と同じく4段階設定が採用されています。

ただ、冒頭で書いた通りスペックはA+RTタイプとなっており、機械割も98.2~111.9%と「これはゾンビですか?」より優秀ですね。

 

スペック面の特徴と言えば、乙女マスターズのようにRTセット数を伸ばして出玉の塊を作っていく点。

RTだけではまとまった出玉を獲得するのは難しいので、純ボーナスを上手く絡められるかが鍵になります。

公式サイト・PV動画

 

公式サイト:パチスロ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか|株式会社 北電子

天井恩恵

スロット「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ダンまち)」には天井は搭載されていません。

天井狙い目

天井非搭載ということで、天井狙いは不可能です。

ゾーン振り分け

スロットダンまちでは、レア小役からのRT直撃に関わるゾーンが存在します。

画面下の石盤時計でRT直撃ゾーンの期待度を示唆しており、太陽が右側にあったり石盤時計が光っていればチャンス!

ボーナス後24Gまでの間は、特に期待度の高いゾーンの1つとなっています。

ゲーム数 期待度
1~24G 期待度大
25~49G かなり期待できる
50~74G やや期待できる
75~99G ほぼ期待できず
100~124G 期待度大
125~175G かなり期待できる
175~224G 期待できず
225~249G やや期待できる
250~274G かなり期待できる
275~299G やや期待できる
300~349G 期待できず
350~374G ほぼ期待できず
375~424G やや期待できる
425~449G ほぼ期待できず
450~499G 期待できず
500~524G ほぼ期待できず
525~549G やや期待できる
550~574G ほぼ期待できず
575~624G 期待できず
625~649G ほぼ期待できず
650~674G やや期待できる
675~699G ほぼ期待できず
700~774G 期待できず
775~799G ほぼ期待できず
800~824G やや期待できる
825~849G ほぼ期待できず
850~899G 期待できず
900~924G ほぼ期待できず
925~949G やや期待できる
950~974G ほぼ期待できず
975~999G 期待できず

やめどき

ダンまちのやめどきは、ボーナス・RT終了後の前兆がないことと、有利区間に滞在していないことを確認してからということで問題ないでしょう。

朝一リセット挙動

スロットダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかの朝一リセット時には、特にこれといった恩恵は用意されていないようです。

打ち方

スロット ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 打ち方

・通常時は中&右リールを適当打ちしても小役の取りこぼしはなし。
※スイカ成立時には特定箇所を目押しすることで設定示唆演出が発生するため、中&右リールの目押しを推奨。
・ファミリアボーナス(同色BIG)中には技術介入要素あり。

通常時の打ち方

1.左リール上段付近にBAR狙い。

2.角チェリー停止時は、中&右リールは適当打ちで消化。
⇒上段ベル揃い・・・ベルチェリー
⇒右リール中段にリプレイ停止・・・弱チェリー
⇒それ以外の角チェリー・・・強チェリー

3.上段スイカ停止時は、中&右リールには白7を目安にしてスイカを狙う。
⇒スイカ揃い・・・スイカ(強弱はなし)
⇒スイカハズレ・・・強チャンス目

4.下段BAR停止時は、中&右リールは適当打ち。
⇒ベル中段テンパイ+右リール下段にベル・・・弱チャンス目(リールフラッシュ発生)
⇒ベル中段テンパイ+右リール上段にベル・・・強ベル

スイカ成立時は要目押し!

ダンまちは中リールを適当打ちしても小役の取りこぼしがなく、枚数的に損をすることはありません。
(※右リールのBARはスイカの代用絵柄)

ただ、スイカ成立時には中&右リールに白7付近のスイカを狙うことで設定示唆演出が発生するため、しっかりとスイカを狙っておきましょう!
(※設定示唆演出はスイカを揃えてから役モノにタッチすることで発生します)

 

スイカ成立時以外は中&右リールは適当打ちして大丈夫で、チェリーフラグは上段にベルが揃うかどうか、右リール中段にリプレイが停止するかどうかで判断できます。

ボーナス中の打ち方

【ファミリアボーナス中】
1.「今です!」というセリフが発生したら中リールを適当打ちし、左リール上段or中段にBARを狙った後に右リールを適当打ち。
⇒技術介入成功で9枚役獲得

2.カットイン発生時は全リールに白7を狙う。
⇒白7揃いでマルチプレイ突入確定(マルチプレイ中ならポーション獲得)
※目押しに失敗しても損はなし

3.それ以外の場合は全リール適当打ちで消化。

【ディヴァインジャッジ中】
1.基本的には全リール適当打ちで消化しても問題なく、逆押しナビが出現したらナビに従って消化する。

※カットイン発生時に全リールに赤7or青7を狙うことで、停止形で「もってけラッシュ」と「ぽかぽかタイム」突入を判別することが可能。
⇒7がV字揃い・・・もってけラッシュ
⇒それ以外・・・ぽかぽかタイム

【REG中】
・全リール適当打ちで消化。

小役確率

小役 設定
1~6
弱チェリー 1/79.4
強チェリー 1/336.1
ベルチェリー 1/819.2
スイカ 1/119.2
強チャンス目 1/455.1
設定 強ベル 1枚役
1 1/91.1 1/9.0
2
5 1/90.0
6 1/87.6 1/8.9

※その他の小役確率は調査中

設定判別要素

スロットダンまちを設定狙いする上で注目しておきたいのは、ディヴァインジャッジ(ダブル)確率。

ディヴァインジャッジダブルは設定「1<2<6<5」、ディヴァインジャッジは設定「1<5<2<6」の順に出現率がアップし、特に設定6はディヴァインジャッジ出現率が大きく優遇されていますね。

ボーナス確率の詳細解析は「スペック解析」を参照。

特定ボーナス

設定 強ベル 弱チャンス目
1 16.6% 45.7%
2 57.8%
5 17.6% 67.3%
6 19.8% 75.0%

ダンまちは強ベル、弱チャンス目とボーナスとの重複確率に設定差あり。

弱チャンス目+ボーナスは特に設定差が大きくなっているため、設定狙いの際には重要視すべきですね。

設定示唆演出

スイカ揃い時のボイス
セリフ 示唆内容
奇妙な~ 奇数設定示唆
偶然~ 偶然設定示唆
神ヘスティアを~ 高設定示唆
LV.4以上~ 設定5以上確定
LV.6は~ 設定6確定

スイカ揃い時には役モノをタッチすることで、連続演出中でなければ設定を示唆するセリフが発生します。

セリフに「奇」という言葉が入っていれば奇数設定示唆、「偶」という言葉が入っていれば偶数設定示唆、「神」が入っていれば高設定示唆となります。

 

さらに高設定確定パターンも盛り込まれており、「Lv.4」という言葉が入っていれば設定5以上、「Lv.6」という言葉が入っていれば設定6確定

セリフは吹き出しでも確認できるので、聞き逃してしまう心配はないでしょう。

ファミリアチャンス中のキャラ
カテゴリ キャラ 示唆内容
1 ベル 奇数設定示唆
リリ
ヴェルフ
エイナ
2 アイズ 偶数設定示唆
ベート
ティオナ
ティオネ
3 ロキ 高設定示唆
デメテル
ミアハ
ヘファイストス
4 ヘスティア 設定2以上確定
5 フレイヤ 設定2否定
6 ガネーシャ 設定5以上確定
7 ゼウス 設定6確定
キャラカテゴリ別の示唆内容
設定 カテゴリ1 カテゴリ2 カテゴリ3
1 39.6% 29.7% 4.9%
2 29.7% 39.6%
5 37.1% 27.8% 8.8%
6 25.0% 37.3% 10.5%
設定 カテゴリ4 カテゴリ5 カテゴリ6
1 1.0%
2 1.0%
5 2.0% 0.5%
6 2.0% 1.0% 1.0%
設定 カテゴリ7 それ以外
1 24.8%
2
5 22.8%
6 0.5% 22.7%

ファミリアチャンス中はキャラ紹介が行われますが、設定によって出現率が異なるキャラがいます。

重要なのは紫背景のキャラとレインボー背景のゼウスで、ゼウスが出現すればその時点で設定6確定

紫背景のキャラは特定設定確定パターンとなっており、ヘスティアであれば設定2以上確定、フレイヤは設定2否定、ガネーシャは設定5以上確定パターンです。

ファミリアボーナス終了画面

スロット ダンまち 終了画面

パターン 示唆内容
①リリバッグ 奇数設定示唆
②魔剣 偶数設定示唆
③ヘスティアリボン 高設定示唆

ファミリアボーナス終了画面には設定を示唆するパターンが3つあり。

その他の終了画面では設定を示唆しておらず、毎回サンプルが取れるような要素ではないことを踏まえると、補助的な設定判別要素として抑えておけば問題なさそうです。

パチスロ解析攻略・機種別一覧 

通常時

スロット ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 通常時

スロット「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」は、ボーナスorCZを経由してのRT突入、そして押し順当て正解からのRT直撃もあり。

押し順当ては3択となっており、押し順当てに失敗してもCZ「ファミリアチャンス」移行に期待できます。

設定別のRT初当たり確率を見る限り、おそらくCZ突入率にも設定差はないと思いますが、3択押し順当てチャレンジの「ヘスティアチャレンジ」発生率も気になるところですね。

ステージ

・通常時のステージは「迷宮都市/円形闘技場/旧市街/バベル中央広場」の4ステージ。
・「旧市街」は高確示唆ステージ。
・「バベル中央広場」は超高確示唆ステージ。

直撃ゾーン

・画面下の時計で直撃ゾーン期待度を示唆しており、時計が進むほど直撃チャンス期待度アップ。

ファミリアホーム

・「ファミリアホーム」は超高確状態と直撃ゾーンが重複した場合に移行するCZ。
・ファミリアホーム滞在時はベル以上の小役成立時にRT抽選が行われる。
⇒ファミリアホームからのRT突入期待度は約50%。

ヘスティアチャレンジ

・3択押し順当てチャレンジに成功すればRT突入。
⇒押し順当て失敗後もファミリアホーム突入に期待できる。

ボーナス

スロット ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ボーナス

ダンまちのボーナスは大きく分けると「同色7揃い/異色7揃い/BAR揃い」の3つですが、同色・異色7揃いボーナスは青頭の方が性能が高くなっています。

BAR揃いボーナスに関してはマルチプレイ、特化ゾーン中に引き当てることで上乗せ特化ボーナスとなるチャンス!

基本的には、レアな状況でボーナスを引くほどRTロング継続に期待できるような恩恵や強力な特化ボーナス突入に期待できる、と捉えておけば問題ないと思います(^^)

ファミリアボーナス

・青7揃いは最大251枚獲得可能、赤7揃いは最大202枚獲得可能のボーナス。
・青7揃いからのRT突入期待度は約70%、赤7揃いからのRT突入期待度は約40%。
・消化中に白7が揃えばRT確定。
⇒ボーナス成立時の状況によって白7揃い時の恩恵が変化。

状態 恩恵
通常時 マルチプレイ獲得
ソロプレイ時
マルチプレイ時 ポーション獲得

ディヴァインジャッジ(ダブル)

・JACゲーム×3セットのボーナスで、平均獲得枚数は約128枚(最大148枚獲得可能)。
・上位版のディヴァインジャッジダブルはJACゲーム×6セットのボーナスで、平均獲得枚数は約220枚(最大256枚獲得可能)。
・消化中のカットイン発生時は成功or失敗で恩恵が変化。

状況 恩恵
成功時 もってけラッシュ
(約36枚獲得)※1
失敗時 ほかほかタイム
(約21枚獲得)※2

※1.「もっともっと」が出現すれば次回のカットイン発生時ももってけラッシュ確定
※2.ステージMAXで次回のカットイン発生時にもってけラッシュ確定

ファミリアチャンス

・最大56枚獲得可能のボーナス。
・マルチプレイ中にファミリアチャンスを引けば特化ボーナス突入のチャンス。

ヘブンズストライク(デウスデア)

・マルチプレイ中にBAR揃いボーナスを引くことで突入することのある上乗せ特化ボーナス。
・消化中は毎ゲーム魔石獲得抽選が行われる。
・上位版のヘブンズストライクデウスデアは、クリティカルゲーム中にBAR揃いボーナスを引き当てることで突入することあり。
・ヘブンズストライクデウスデアは上乗せ性能が大幅にアップ!

神威開放

・ファルナ中にBAR揃いボーナスを引くことで突入することのある上乗せ特化ボーナス。
・消化中は毎ゲームポーション獲得抽選が行われ、平均ストック数は8個。

RT

スロット ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか RT

スロット「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」には「ソロプレイ」、「マルチプレイ」といった2つのRTが存在し、マルチプレイがまとまった出玉を獲得する鍵となるRTです。

まずはソロプレイに突入させマルチプレイへの昇格を狙い、マルチプレイに突入すれば設定1でも平均350G継続!

「クリティカルゲーム」、「ファルナ」といった上乗せ特化ゾーンも搭載されており、マルチプレイにさえ突入させてしまえば面白そうですね(^^)

ソロプレイ

・1セット30G継続するRTで、純増枚数は約0.4枚/G。
・レア小役成立時やボーナス成立時にマルチプレイ昇格抽選が行われる。
(※マルチプレイ昇格率は約1/3)
・ソロプレイ中にボーナスを引けばゲーム数を30Gに再セット。
・消化中の白7揃いはマルチプレイ昇格確定。

マルチプレイ

・マルチプレイは「エピソード/ダンジョン/デスパレードゾーン」の3つのパートで構成されており、設定1でも平均350G継続する。

エピソード

・エピソードは30G継続し、全7話のエピソードを収録。

ダンジョン

・ダンジョンは平均60G継続し、スタミナが尽きると次セットへの継続ジャッジへ移行する。
・ポーションを持っていればスタミナが尽きた際に全回復。
・ボーナス成立時にはスタミナが全回復。
・継続ジャッジでは魔石を所持しているほど継続期待度アップ。
・白7揃い確率は画面左上のオーブによって変動し、「青<黄<緑<赤」の順で白7揃いに期待できるほか、オーブが炎を纏えば白7揃い確率が大幅アップ。

デスパレードゾーン

・30G継続する自力継続パート。
・滞在中は成立役に応じてエピソード復帰抽選が行われるほか、押し順当てチャレンジ正解でデスパレード継続。

チェインブレイク

・レア小役成立を契機に突入することがある白7揃いの高確率ゾーン。
⇒マルチプレイ中のチェインブレイク突入時は左上のオーブが炎につつまれる。
※ソロプレイ、デスパレードゾーン中にも内部的に移行している可能性あり。

クリティカルゲーム

・魔石ポイント獲得特化ゾーン。
・まだまだというカットインが発生すれば魔石獲得&継続確定。

ファルナ

・STタイプの上乗せ特化ゾーンで、8G間に白7が揃えばポーション獲得&ゲーム数を再セット。
・ポーション獲得抽選は全役で行われる。
・ファルナのポーション平均ストック個数は約7個。

フリーズ

発生タイミング 1.RT非突入のファミリアボーナスorファミリアチャンス後の1G目にファミリアボーナス成立
2.リールロックのステップ5到達
3.連続演出で逆転パターン発生時
恩恵 ファミリアボーナス+マルチプレイ

ダンまちには3つのフリーズ発生契機があり、フリーズが発生すればファミリアボーナス+マルチプレイ突入が確定します。

<--スポンサード リンク-->

スロット新台情報2019 スロット 北斗の拳 天昇 総まとめ スロット サラリーマン金太郎MAX(新台)総まとめ スロット 蒼穹のファフナー エグゾダス 総まとめ スロット ルパン三世 イタリアの夢 総まとめ スロット マジカルハロウィン7 総まとめ スロット トータルイクリプス2(新台)総まとめ スロット 天下布武4 (新台)総まとめ スロット 喰霊零 運命乱(新台)総まとめ

2 Responses to “ダンまち【スロット】天井・設定判別・フリーズ・解析攻略まとめ”

  1. まさ より:

    ファルナでポーション獲得でST回復ではありませんよ。白7が揃うか、もしくはボーナス引かないと回復しませんでした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ