新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

ツインドラゴンハナハナ-30 設定判別・打ち方・解析攻略まとめ

[PR]元ホール店員が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴

スロット ツインドラゴンハナハナ 解析©PIONEER

スロット「ツインドラゴンハナハナ-30」の設定判別要素や打ち方、天井といった解析攻略情報はこちらでまとめていきます。

パイオニアのハナハナシリーズの新台は、新筐体「ジェネシス」を採用したツインドラゴンハナハナ!

シンプルなゲーム性はそのままですが、筐体上部の龍玉パネルはインパクト大で、どのような新規演出が盛り込まれているのか気になるところですね。

<--スポンサード リンク-->

スペック解析

基本情報
導入日 2018年10月15日
導入台数
(販売目標)
5,000台
タイプ Aタイプ
コイン持ち
(設定1)
50枚あたり約36G
コイン単価
(設定1)
約2.0円
設定 BIG REG
1 1/296 1/492
2 1/286 1/461
3 1/275 1/431
4 1/262 1/397
5 1/249 1/368
6 1/232 1/331
設定 ボーナス
合算
機械割
1 1/185 96%
2 1/176 98%
3 1/168 101%
4 1/157 104%
5 1/148 107%
6 1/136 112%

安定の完全告知Aタイプ

新台のツインドラゴンハナハナ-30は、もちろん今までのハナハナシリーズを踏襲した完全告知Aタイプ!

特にこれといった難しいゲーム性はなく、ハイビスカスが光ればボーナス確定と、誰にでも打ちやすい新台と言えますね。

 

スペック面に関しては、ボーナス確率やコイン持ちに多少変更が加えられていますが、普通に打っていて体感できるほどの差ではありません。

沖スロに力を入れているホールであれば、設定狙いでの活躍に期待できますね(^^)

公式サイト・PV動画

 

公式サイト:ツインドラゴンハナハナ-30 公式サイト

天井恩恵

新台のツインドラゴンハナハナ-30には天井は搭載されてません。

天井狙い目

天井を搭載していない以上、天井狙いで立ち回ることはできません。

ゾーン振り分け

スロット「ツインドラゴンハナハナ-30」は天井を含めて、規定ゲーム数到達時(ゾーン)に何かしらの抽選が行われるといった仕様はありません。

ゾーン狙い目

ゾーンが搭載されていない上に内部状態の概念もないので、ゾーン狙いはできません。

やめどき

ボーナスが成立していなければ、いつやめても大丈夫です。

朝一リセット挙動

天井非搭載のAタイプということで、朝一リセット時には特別な恩恵はありません。

設定変更時にはボーナス間ゲーム数がリセットされるのに対して、電源OFF・ON時にはゲーム数が引き継がれることから、朝一1回目のボーナスで連チャン用BGMに変化すれば据え置き濃厚となりますね。

また、筐体によってムラはあるものの、ホール側が対策していなければガックンチェックが有効です。

打ち方

・通常時、ボーナス中のどちらも今までのハナハナシリーズと同じ打ち方でOK。

通常時の打ち方

1.左リール上段付近にBAR狙い。

2.枠内スイカ停止時は、中&右リールは白7を目安にしてスイカを狙う。

3.それ以外の場合は、中&右リールは適当打ちで消化する。

スイカの取りこぼしに注意

新台のツインドラゴンハナハナ-30は、今までのハナハナシリーズと同じ打ち方で問題ありません。

まずは左リール上段付近にBARを狙い、枠内にスイカがスベってきたら中&右リールにもスイカをフォローすればOK!

右リールはBARと白7の塊を目安にすればいいですが、枠内に狙うとスイカを引き込まない可能性があるため、枠上or枠下に白7を狙いましょう。

ボーナス中の打ち方

【BIG中】
・サイドランプが激しく光ったら、通常時の小役狙い手順でチェリーorスイカをフォローする。

【REG中】
・左リールに「スイカ/白7/スイカ」を狙って1度だけスイカを揃え、その後は左リールに白7を避けつつ適当打ちで消化。

お馴染みの技術介入要素あり

ツインドラゴンハナハナ-30のREG中にも、ハナハナシリーズでお馴染みの設定判別要素あり。

左リールの目押しは少し難しく感じるかもしれませんが、何度でも挑戦することができるため、技術介入が苦手な場合は慌てずゆっくりと挑戦してみてください。

もちろん、左リールの目押しに成功してもスイカを取りこぼすと損をすることになるので、スイカを揃えるところまで集中力を持続させましょう。

小役確率

※調査中

設定判別要素

ハナハナの設定判別要素のメインと言えば、やはりボーナス確率ですよね。

ツインドラゴンハナハナ-30も過去シリーズと同じく、BIG確率よりもREG確率に大きめの設定差が付けられています。

ただ、BIG確率の設定差は設定1と設定6で約1.28倍、REG確率の設定差は設定1と設定6で約1.49倍と、ボーナス比率にそこまで極端な差が付けられているワケではないので、どちらも参考にして設定の高低を絞り込んでいきましょう。

ボーナス確率詳細は「スペック解析」を参照。

設定差のある小役確率

・BIG中のスイカ確率に設定差あり。

設定示唆演出

・REG中のスイカ獲得時のサイドランプの色で設定を示唆。
・ボーナス終了後の龍玉ランプの色で設定を示唆。

ボーナス

ツインドラゴンハナハナ-30のボーナスは、今まで通りBIGボーナスとREGボーナスの2つです。

BIG中にはベル以外の小役が成立することがあるため、サイドランプが激しく光ったらしっかりと小役をフォローしましょう。

もちろん、REG中の技術介入成功による設定示唆演出も健在ですよ(^^)

BIGボーナス

・約312枚獲得可能のボーナス。

REGボーナス

・約130枚獲得可能のボーナス。
・消化中には技術介入要素あり。

※ボーナス中の打ち方手順は「打ち方」を参照。

フリーズ

ロングフリーズ(双龍フリーズ)が発生すればBIGボーナス確定。

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット スーパービンゴリバース(新台)総まとめ改 スロット ハクション大魔王(新台)総まとめ スロット アレックス(新台)総まとめ スロット 南国育ち 蝶々ver(新台)総まとめ スロット ベントーAタイプ 総まとめ スロット ロックマン 総まとめ スロット 闇芝居 総まとめ スロット HEY!鏡 総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ