新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

スーパービンゴリバース【スロット新台】天井・設定判別・フリーズ・解析攻略まとめ

[PR]元ホール店員が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴

スロット スーパービンゴリバース(新台)解析©BELLCO

スロット「スーパービンゴリバース」の天井情報とやめどき、設定判別要素やフリーズ恩恵といった解析攻略情報はこちらでまとめていきます。

スーパービンゴシリーズの新台は、ARTメインで出玉を増やしていくA+ARTタイプ。

赤7揃いのHooah!発生率はシリーズ最高峰の1/2以上となっており、ロングフリーズ経由のHooah!なら4ケタ上乗せ濃厚・・・?!

<--スポンサード リンク-->

スペック解析

基本情報
導入日 2018年9月16日
導入台数
(販売目標)
約3,000台
タイプ A+ART
ART純増 約1.7枚/G
コイン持ち
(設定1)
50枚あたり約31G
コイン単価
(設定1)
※調査中
設定 ボーナス
合算
ART
初当たり
機械割
1 1/76.2 1/563 97.5%
2 1/74.3 1/559 99.0%
3 1/72.5 1/554 100.5%
4 1/70.7 1/549 102.0%
5 1/69.1 1/544 103.5%
6 1/67.6 1/539 105.0%

ARTメインで出玉を増やすA+ARTタイプ

新台のスロット「スーパービンゴリバース」は、ART「ビンゴチャンス」をメインにして出玉を増やしていくことになります。

ボーナス確率は約1/76~1/68と軽めですが、その分ボーナス1回あたりの獲得枚数が抑えられ、その逆にART純増枚数は約1.7枚/Gと、最近の機種にしては高めに設定されています。

 

ただ、スペックを見て何より目がいってしまうのは高設定域の機械割で、設定6の機械割は105.0%・・・

100%を超えている以上は期待値としてはプラスですが、時間効率を考えると設定狙いでは打てないですね(^^;

公式サイト・PV動画

 

公式サイト:スーパービンゴリバース-ベルコ株式会社ホームページ-

天井恩恵

※非搭載?

ゾーン振り分け

※天井を含めて何かしらの抽選を行うゾーンはなし?

やめどき

スロット「スーパービンゴリバース」のやめどきは、ボーナス・ART終了後の前兆がないことと、高確(有利区間)に滞在していないことを確認してからということで。

他の5.9号機と同じように、筐体の有利区間ランプが消灯しているのを確認してやめるのが、最も無難なやめどきと言えますね。

朝一リセット挙動

※調査中

打ち方

※調査中

小役確率

※調査中

2018年のスロット新台導入日

設定判別要素

現時点ではボーナス・ART初当たり確率くらいしか設定差のある要素が判明していませんが、ボーナス確率は設定1と設定6で約1.13倍、ART初当たり確率は設定1と設定6で約1.04倍と、いずれに関しても設定差が小さめです。

一部の小役確率に大きめの設定差が付けられている可能性はありますが、高設定粋の機械割が辛めなこともあり、設定狙い向きの機種ではありませんね(^^;

ボーナス・ART初当たり確率は「スペック解析」を参照。

通常時

スロット「スーパービンゴリバース」は、自力CZ「ザ・ビンゴ」からのART当選を目指すゲーム性。

ザ・ビンゴは20Gor30G継続し、ビンゴすればART当選が確定といったシンプルな演出で構成されています。

ステージ

・「昼<街路<カジノ<カジノリバース」の順で上位状態期待度アップ。

ザ・ビンゴ

・20Gor30G継続する自力CZで、ART当選期待度は33%以上。
・消化中にボーナスが成立した場合は、ボーナス終了までCZゲーム数を減らさずにCZを消化できる。

ボーナス

スーパービンゴリバースのボーナスは全4種類で、極ビンゴボーナスとスーパービンゴボーナスはどちらも中段に赤7が揃うボーナスです。

ロングフリーズを伴う中段赤7揃いが極ビンゴボーナスで、消化後に突入するHooah!では4ケタゲーム数上乗せが濃厚!

 

エンディング到達が濃厚とも噂されていますが、詳しい情報が判明するまでは控えめに4ケタ上乗せ濃厚と書いておきます(笑)

なお、フリーズを伴わない中段赤7揃いのスーパービンゴボーナスも、成立すればHooah!発生は濃厚となります。

極ビンゴボーナス

・約150枚獲得可能のボーナス。
・成立時には極フリーズを伴い、消化後に突入するHooah!では4ケタゲーム数上乗せが濃厚。

スーパービンゴボーナス

・約150枚獲得可能のボーナス。
・スーパービンゴボーナス成立時は「Hooah!」発生が濃厚。

ミドルビンゴボーナス

・約78枚獲得可能のボーナス。
・スターゲートチャレンジが発生すればビンゴチャンス当選に期待。

プチビンゴボーナス

・約30枚獲得可能のボーナス。
・通常時はビンゴワープ、ビンゴチャンス中はロックゲームに突入する。

ビンゴワープ

※調査中

ロックゲーム

・ロックゲーム中はビンゴチャンスのゲーム数の減算がストップ。

ART

スーパービンゴリバースの出玉増加契機であるART「ビンゴチャンス」は、ボーナス込みの純増枚数は約2.0枚/G。

特筆すべきは初当たり時や継続時、直乗せからの赤7揃い時の1/2以上でHooah!が発生すること!

Hooah!発生時の平均上乗せゲーム数は約300Gと、強力な上乗せ性能はスーパービンゴリバースでも健在で、5.9号機とは言えども中々出玉が荒れそうな新台ですね。

ビンゴチャンス

・1セット50Gor111G以上継続するARTで、ART純増枚数は約1.7枚/G(ボーナス込みなら約2.0枚/G)。

ステージ(ART中)

・ビンゴチャンス中のステージは、「湖畔<城門<玉座」の順で上乗せ抽選が優遇される。

ザ・ビンゴ(ART中)

・ビンゴチャンス中の「ザ・ビンゴ」は10G継続し、成功すればビンゴチャンスのセット数ストック。

カウントダウン7

・スーパービンゴシリーズでお馴染みの、ARTラスト7G間の継続ジャッジ演出。

Hooah!

・スーパービンゴリバースは赤7揃い時の1/2以上でHooah!が発生。
・スーパービンゴリバースも、Hooah!の掛け声とともに111Gずつゲーム数を上乗せしていく(最低111G保証)。
・発生時の平均上乗せゲーム数は約300G。

エンディング

・有利区間完走時には専用のエンディングが発生する模様。

フリーズ

確率 調査中
恩恵 極ビンゴボーナス

新台のスーパービンゴリバースのロングフリーズは、極ビンゴボーナス成立時に発生します。

極ビンゴボーナスは最も獲得枚数が多いボーナスというだけでなく、ボーナス終了後に突入するHooah!は4ケタゲーム数上乗せが濃厚

一気に有利区間完走を目指せる最強フラグとなっています。

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット ルパン三世 世界解剖(新台)総まとめ スロット ウィザードバリスターズ 総まとめ スロット クレアの秘宝伝3 総まとめ スロット 花人(はなんちゅ)総まとめ スロット ハイカ101 総まとめ スロット ファミリースタジアム 総まとめ スロット 蒼き鋼のアルペジオ Aタイプ 総まとめ スロット ルーレットクイーン 総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ