新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

ウィザードバリスターズ【スロット】天井・設定判別・フリーズ・解析まとめ

[PR]【当てはまったら養分確定】元ホール店長が語る!スロットで負けている人の残念な特徴3選

スロット ウィザードバリスターズ 解析©ウドパートナーズ ©OIZUMI

スロット「ウィザードバリスターズ 弁魔士セシル」の天井情報とやめどき、設定判別要素やフリーズ恩恵といった解析攻略情報はこちらでまとめていきます。

同メーカーの「喰霊-零-」のシステムを踏襲したA+ARTタイプであるウィザードバリスターズ。

特化ゾーン中は【ベル連/謎連/自力連/一撃連】の4つが鍵を握り、ART中に引いたREGは特化ゾーン状態となるのも特徴です。

<--スポンサード リンク-->

更新情報

【7/27】天井情報や打ち方解説、設定判別要素を追記。

スペック解析

基本情報
導入日 2018年8月6日
タイプ A+ART
ART純増 約1.4枚/G
コイン持ち
(設定1)
50枚あたり約39G
コイン単価
(設定1)
約2.5円
設定 BIG
合算
REG
合算
ボーナス
合算
1 1/504.1 1/489.1 1/248.2
2 1/492.8 1/245.5
3 1/461.5 1/237.5
4 1/434.0 1/230.0
5 1/402.1 1/220.7
6 1/356.2 1/206.1
設定 ART
初当たり
ボーナス
+ART
機械割
1 1/347.5 1/144.8 97.8%
2 1/345.3 1/143.5 98.4%
3 1/344.3 1/140.5 99.9%
4 1/343.7 1/137.8 102.1%
5 1/343.0 1/134.3 105.9%
6 1/339.8 1/128.3 109.1%

純ボーナスとARTで出玉を増やす

スロット「ウィザードバリスターズ」は、純ボーナスとARTを絡めてバランス良く出玉を増やしていくA+ARTタイプ。

REG確率には設定差が付けられておらず、BIG確率に設定差が付けられているのが特徴的ですね。

また、5.9号機ということもあってか、ART初当たり確率にもほぼ設定差が付けられていません。

 

機械割に関しては、中間設定~高設定域が辛めなので、設定狙いで打つ場合には設定6をピンポイントで狙い打ちたいところ。

ただ、ウィザードバリスターズの導入台数(販売予定台数)は約3,000台と控えめなこともあり、設定状況にはあまり期待できないと思います^^;

公式サイト・PV動画

 

公式サイト:パチスロ ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル

天井恩恵

ウィザードバリスターズには天井が搭載されていません。

新台のハイスクールオブザデッドは5.9号機ということもあってか、残念ながら天井は搭載されていません。

天井狙い目

天井非搭載ということで、天井狙いは不可能です。

ゾーン振り分け

スロット「ウィザードバリスターズ」は天井を含めて、規定ゲーム数(ゾーン)到達時に何かしらの抽選が行われるといった仕様はありません。

ゾーン狙い目

狙うとすれば有利区間ランプ点灯中の台ですが、目に付きやすい要素ということもあって空き台を見かけるのはレアでしょうし、大きな期待値を稼ぐこともできません。

そのため、参考程度に留めておく程度で大丈夫です。

やめどき

スロット「ウィザードバリスターズ」のやめどきは、一般的なA+ARTタイプと同じように、ボーナス・ART終了後の前兆がないこと、高確に滞在していないことを確認してからということで問題ないでしょう。

もっと言えば、有利区間ランプが消えているのを確認してからやめるのが、最も無難なやめどきと言えますね。

朝一リセット挙動

※調査中

打ち方

スロット ウィザードバリスターズ 打ち方

・通常時は左リールの停止形に応じて、中&右リールの両方を打ち分ける必要あり。

通常時の打ち方

1.左リール上段付近に黒BAR狙い。

2.角チェリー停止時には中リールは白BAR、右リールは赤7を目安にしてチェリー狙い。
⇒2連チェリー・・・弱チェリー
⇒3連チェリー・・・強チェリー

3.上段スイカ停止時は、中&右リールともに黒BARを目安にしてスイカを狙う。
⇒スイカ揃い・・・スイカ(強弱はなし)
⇒ベルハズレ・・・弱チャンス目
⇒スイカ小V字型停止・・・強チャンス目

4.下段BAR停止時は、中&右リールは適当打ちで消化。
⇒中段「リプ・ベル・ベル」・・・弱チャンス目
⇒それ以外でリールフラッシュ発生・・強チャンス目

左リールの停止形で中&右リールを打ち分け

スロット「ウィザードバリスターズ」の打ち方は難しくはありませんが、左リールの停止形に応じて中&右リールを打ち分けないとレア小役を取りこぼします。

まずは左リール上段付近に黒BARを狙い、下段にチェリーが止まった場合は中リールは白BAR、右リールは赤7を目安にしてチェリーを狙いましょう。

この時2連チェリーとなれば弱チェリー、3連チェリーとなれば強チェリーです。

 

左リール上段までスイカがスベってきた場合は、中リールと右リールは黒BARを目安にしてスイカを狙えばOK!

スイカには強弱の概念はなく、スイカ小V字型の停止形は強チャンス目、ベルハズレの停止形は弱チャンス目となります。

なお、チャンス目成立時にはリールフラッシュが発生するため、成立を見逃してしまう心配はないでしょう。

小役確率

現時点でウィザードバリスターズで出現率に設定差が付けられていると判明しているのは、弱チェリーと強チェリーの2役です。

と言っても設定差が微量過ぎるので、設定狙いの際にもわざわざカウントしておく必要はありません。

通常時

小役 設定
1~6
スイカ 1/91.0
弱チャンス目 1/172.5
強チャンス目 1/331.0
設定 弱チェリー 強チェリー
1 1/80.5 1/274.2
2 1/80.4 1/273.1
3 1/80.1 1/269.7
4 1/79.8 1/266.4
5 1/79.4 1/262.1
6 1/78.8 1/255.0

BIG中

赤7BIG中
小役 通常時 ART中
BAR揃い 1/199.8
シンボル絵柄
(1個停止)
1/40.0
シンボル絵柄
(2個停止)
1/100.1
シンボル絵柄揃い 1/199.8

設定判別要素

新台のスロット「ウィザードバリスターズ」は、REG確率には設定差が付けられておらず、BIG確率に段階的な差が付けられています。

また、ボーナス終了画面やREG中の出現キャラといった演出で設定を示唆しているため、設定狙いの際には必ずチェックしておきましょう。

ボーナス確率

ウィザードバリスターズのBIG確率は、設定1と設定6で約1.4倍の差あり。

そこまで大きな設定差ではないにせよ、解析が出揃っていない新台入替直後には、BIG確率を基にしてざっくりと設定の高低を絞り込んでいくしかないですね。

各ボーナス確率は「スペック解析」を参照。

特定ボーナス
小役+ボーナス
設定 弱チェリー 強チェリー 合算
1 1/819.2 1/2730.7 1/630.2
2 1/809.1 1/2621.4 1/618.3
3 1/780.2 1/2340.6 1/585.1
4 1/753.3 1/2114.1 1/555.4
5 1/720.2 1/1872.5 1/520.1
6 1/668.7 1/1560.4 1/468.1

弱チェリーとボーナスの重複確率は設定1と設定6では約1.2倍、強チェリーとボーナスの重複確率は設定1と設定6では約1.8倍の差あり。

設定狙いの際にはサンプルを集めやすいよう、それぞれを合算してチェックしていくのがいいですね。

設定示唆演出

・ボーナス終了画面やREG中のCZ告知発生率、REG中の出現キャラといった演出で設定を示唆。

通常時REG中のCZ告知発生率
設定 残りベル3回 残りベル2回 残りベル1回
1 100%
2
3
4 5.0% 95.0%
5
6 1.0% 94.0%

通常時のREGではCZ抽選が行われますが、CZ当選時の告知発生タイミングに設定差あり。

基本は残りベル1回で告知されますが、残りベル2回で告知が発生すれば設定4以上、残りベル3回で告知が発生すれば設定6確定

知っていなければ絶対に見逃してしまう設定示唆演出なので、実戦前には必ず把握しておいてください。

REG中の出現キャラ

REG消化中に出現するキャラ選択率に、若干ながらの設定差あり。

ナナジーニィ(カエル)は高設定ほど選択されやすいため、一応チェックしておくといいと思います。

REG中キャラの詳細解析は「REG中キャラ」を参照。

ボーナス終了画面

高設定ほどボーナス終了画面の右下付近にナナジーニィが出現しやすい、といった特徴あり。

終了画面の詳細解析は「終了画面」を参照。

パチスロ解析攻略・機種別一覧

通常時

スロット ウィザードバリスターズ 通常時

スロット「ウィザードバリスターズ」のART当選のメインルートは、BIGボーナス消化中の抽選と自力CZ【ディアボバトル】。

ディアボバトルは5G~10G+α継続する自力CZとなっており、ART当選期待度は最低でも約50%と高めです。

ステージ

・通常時のステージは「通勤/法律事務所/自宅/裁判所」の4ステージ。
⇒後ろのステージに向かうほど魔法石ゾーン期待度アップ。

魔法石ゾーン

・5Gor10G継続するCZ高確率状態。
・魔法石ゾーンの成功期待度は約22%。
・魔法石はレア小役成立時に獲得抽選が行われ、魔法石の個数と成立役に応じて毎ゲームCZ抽選が行われる。

魔法石&成立役別のCZ当選率
小役
リプレイ 0.8% 5.1% 10.2%
ベル 5.1% 19.9% 30.1%
弱レア小役 35.2% 60.2% 69.9%
強レア小役 69.9% 80.1% 89.8%
小役
リプレイ 25.0% 50.0% 100%
ベル 50.0% 80.1%
弱レア小役 80.1% 100%
強レア小役 100%

※弱レア小役=弱チェリー、スイカ、弱チャンス目
※強レア小役=強チェリー、強チャンス目

ディアボバトル

・5G~10G+α継続する自力CZ。
・ART当選期待度は約50~70%。
・最終的に敵のHPを0にできえば勝利となり、それぞれの敵に対応した弱点小役もあり。
★弱点小役成立時は一撃勝利確定。

CZ突入時の敵振り分けと敵別の特徴
振り分け 期待度 弱点小役
恐竜型 約50% 約50% スイカ
飛行型 約40% チェリー
人型 約10% 約70% レア小役
成立役別のダメージ振り分け
小役 1pt 2pt 3pt
リプレイ 89.8% 10.2%
ベル 60.2% 39.9%
弱レア小役 75.0%
強レア小役 33.2%
小役 4pt 5pt
リプレイ
ベル
弱レア小役 19.9% 5.1%
強レア小役 33.2% 33.2%

ボーナス

スロット ウィザードバリスターズ ボーナス

スロット「ウィザードバリスターズ」のボーナスは、【MOYO BIGボーナス】、【CECILE BIGボーナス】、【Regular(REG)ボーナス】の3つ。

大きな特徴としては、ART中にREGを引いた場合には必ず特化ゾーン状態になることです。

 

REGから派生する特化ゾーンは全3種類となっており、一番弱めの魔力覚醒ラッシュ・火炎でも平均上乗せゲーム数は約50G、一番強力なルシフェル召喚ラッシュであれば平均上乗せゲーム数は約250G!!

有利区間完走を目指すためには、コンスタントにREGを引くことができるかどうかが重要になってきそうですね。

MOYO(もよ)BIGボーナス

・約312枚獲得可能のボーナス。
・消化中にBARが揃えばART確定。

CECIL(セシル)BIGボーナス

・約150枚獲得可能のボーナス。
・消化中にBARが揃えばART確定。

REGボーナス

・約48枚獲得可能のボーナス。
・REGからのCZストック期待度は約35%。
・ART中にREGが成立した場合は、必ず上乗せ特化ゾーン状態に。
(魔力覚醒ラッシュorルシフェル召喚ラッシュ)

魔力覚醒ラッシュ・火炎

・火炎はベル連でゲーム数を上乗せ。
・平均上乗せゲーム数は約50G。

魔力覚醒ラッシュ・砂塵

・砂塵はベル連する度に上乗せゲーム数が2倍に。
・平均上乗せゲーム数は約100G。

ルシフェル召喚ラッシュ

・ART超高確中にREGが成立することで突入。
・ルシフェル召喚ラッシュの平均上乗せゲーム数は約250G。

ボーナス抽選

・ウィザードバリスターズは弱チェリー、強チェリーとボーナスの重複確率に設定差あり。

同時当選期待度
小役 設定1~6
スイカ 9.2%
弱チャンス目 10.0%
強チャンス目 10.1%
設定 弱チェリー 強チェリー
1 9.8% 10.0%
2 9.9% 10.4%
3 10.3% 11.5%
4 10.6% 12.6%
5 11.0% 14.0%
6 11.8% 16.3%

REG中キャラ

設定 ナナジーニィ
(カエル)
ブブヒィ
(ブタ)
ニャニャイー
(ネコ)
1 25.0% 38.6% 36.4%
2 26.0% 35.9% 38.1%
3 27.0% 37.6% 35.4%
4 28.0% 34.9% 37.1%
5 29.0% 36.6% 34.4%
6 30.0% 34.0% 36.1%

ウィザードバリスターズは、REG中に出現するキャラ選択率に設定差あり。

ナナジーニィ(カエル)は高設定ほど選択されやすく、ブブヒィ(ブタ)は奇数設定、ニャニャイー(ネコ)は偶数設定で選択されやすいといった特徴がありますが、設定差は大きくはないため、補助的な設定判別要素と捉えておけば問題ないでしょう。

終了画面

スロット ウィザードバリスターズ 終了画面

設定 ナナジーニィなし ナナジーニィあり
1 60.0% 40.0%
2 56.0% 44.0%
3 52.0% 48.0%
4 48.0% 52.0%
5 44.0% 56.0%
6 40.0% 60.0%

ウィザードバリスターズのボーナス終了画面は、画面右下にナナジーニィがいるかどうかに注目!

高設定ほどナナジーニィありのパターンが選択されやすくなっており、設定1と設定6では約1.5倍の差が付けられていることになります。

設定確定パターンではないにせよ、ある程度サンプルを集められれば設定判別要素の1つとして活用できますね(^^)

パチスロ解析攻略・機種別一覧

ART

スロット ウィザードバリスターズ ART

ウィザードバリスターズのART【ウィザードチャンス】の純増枚数は約1.4枚/G

初期ゲーム数は40Gとなっており、消化中にはポイント獲得抽選と特化ゾーン突入抽選が行われています。

【ベル連/謎連/自力連/一撃連】が鍵を握るゲーム性が特徴で、中段チェリーやBARが頻繁に出現する上乗せ特化ゾーンはシンプルに楽しめそうです(^^)

ウィザードチャンス

・40G+αのARTで、純増枚数は約1.4枚/G。
・消化中は【麻楠バトル】突入に関わるポイント獲得抽選、上乗せ特化ゾーン突入抽選が行われる。
・ART中には「低確/高確/超高確」といった3つの内部状態が存在し、上位状態ほど魔法廷ラッシュ突入期待度アップ。
⇒召喚儀式ゾーンは超高確示唆ステージ。

麻楠バトル

・ART中にポイントを10pt貯めることで移行する4G間のバトルタイプの自力CZ。
(※謎ポイント10pt獲得時にはリール上の謎ランプが点灯)
・バトルに勝利することができれば【魔法廷ラッシュ】に突入する。
・ベル以上の小役が成立すればチャンス。
・バトル勝利期待度は約40~70%。

ステージ別のバトル勝利期待度
ステージ 期待度
地上戦 ★×3.5
天空戦 ★×4.0
魔法廷戦 ★×4.5

謎ゾーン

・ラッシュ謎ストックの高確率状態。
★最大で魔法廷ラッシュを5個ストックできる。

魔法廷ラッシュ(最高裁)

・転落リプレイ成立まで継続する上乗せ特化ゾーン。
・中段チェリーが停止すると10~100Gの上乗せが発生し、白BARが揃えば魔法廷ラッシュ自体をストックする。
・魔法廷ラッシュの平均上乗せゲーム数は約30G。
・魔法廷ラッシュの上位版である【魔法廷ラッシュ最高裁】は、BARが揃う度に50~200Gの上乗せが発生。

成立役別の魔法廷ラッシュ当選率
小役 低確 高確 超高確
弱チェリー 0.4% 0.8% 3.1%
強チェリー 0.8% 6.3% 30.1%
スイカ 0.4% 0.8% 3.1%
弱チャンス目 5.1% 25.0% 50.0%
強チャンス目 19.9% 50.0% 100%
天空ラッシュ

・魔法廷ラッシュ中の白BAR揃いにフリーズが発生することで突入する、3ケタ上乗せ確定演出。
★天空ラッシュでは「100G/200G/300G」から均等振り分けで上乗せが発生。

エンディング

・有利区間1500G完走前には専用のエンディングが発生?

フリーズ

ある朝フリーズ
確率 1/16384.0
恩恵 赤7BIG+ART+魔法廷ラッシュ3~5個ストック
魔法廷ラッシュストック振り分け
個数 振り分け
3個 50.0%
4個 39.8%
5個 10.2%

スロット「ウィザードバリスターズ」のロングフリーズ(ある朝フリーズ)は、約1/16384で発生します。

フリーズ発生契機は赤7BIG(セシルBIG)成立時となっており、ART直撃に加えて魔法廷ラッシュ3~5個ストックが確定!

フリーズ期待値は約1,500枚と言われています。

 

なお、魔法廷ラッシュ中の白BAR揃い時にもフリーズが発生することがありますが、こちらは発生すれば3ケタ上乗せが確定。

「100G/200G/300G」の上乗せ振り分けは均等となっているため、発生時は300G上乗せに期待しましょう(^^)

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット 大海物語4withすーぱーそに子(新台)総まとめ スロット ツインンドラゴンハナハナ 総まとめ スロット デュエルドラゴンプラス 総まとめ スロット スーパープラネットSP 総まとめ スロット 戦国乙女Aタイプ+(新台)総まとめ スロット チェインクロニクル 総まとめ スロット らんま(新台)総まとめ スロット 戦コレ![泰平女君]徳川家康 総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ