新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

ウィザードバリスターズ【スロット】天井・設定判別・フリーズ・解析まとめ

[PR]元ホール店員が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴

スロット ウィザードバリスターズ 解析©ウドパートナーズ ©OIZUMI

スロット「ウィザードバリスターズ 弁護士セシル」の天井情報とやめどき、設定判別要素やフリーズ恩恵といった解析攻略情報はこちらでまとめていきます。

同メーカーの「喰霊-零-」のシステムを踏襲したA+ARTタイプであるウィザードバリスターズ。

特化ゾーン中は【ベル連/謎連/自力連/一撃連】の4つが鍵を握り、ART中に引いたREGは特化ゾーン状態となるのも特徴です。

<--スポンサード リンク-->

スペック解析

基本情報
導入日 2018年8月6日
タイプ A+ART
ART純増 約1.4枚/G
コイン持ち
(設定1)
50枚あたり約39G
コイン単価
(設定1)
約2.5円
設定 BIG
合算
REG
合算
ボーナス
合算
1 1/504.1 1/489.1 1/248.2
2 1/492.8 1/245.5
3 1/461.5 1/237.5
4 1/434.0 1/230.0
5 1/402.1 1/220.7
6 1/356.2 1/206.1
設定 ART
初当たり
ボーナス
+ART
機械割
1 1/347.5 1/144.8 97.8%
2 1/345.3 1/143.5 98.4%
3 1/344.3 1/140.5 99.9%
4 1/343.7 1/137.8 102.1%
5 1/343.0 1/134.3 105.9%
6 1/339.8 1/128.3 109.1%

純ボーナスとARTで出玉を増やす

スロット「ウィザードバリスターズ」は、純ボーナスとARTを絡めてバランス良く出玉を増やしていくA+ARTタイプ。

REG確率には設定差が付けられておらず、BIG確率に設定差が付けられているのが特徴的ですね。

また、5.9号機ということもあってか、ART初当たり確率にもほぼ設定差が付けられていません。

 

機械割に関しては、中間設定~高設定域が辛めなので、設定狙いで打つ場合には設定6をピンポイントで狙い打ちたいところ。

ただ、ウィザードバリスターズの導入台数(販売予定台数)は約3,000台と控えめなこともあり、設定状況にはあまり期待できないと思います^^;

公式サイト・PV動画

 

公式サイト:パチスロ ウィザード・バリスターズ~弁護士セシル

天井恩恵

※調査中

ゾーン振り分け

※調査中

やめどき

※調査中

朝一リセット挙動

※調査中

打ち方

※調査中

小役確率

※調査中

設定判別要素

新台のスロット「ウィザードバリスターズ」の現時点で判明している設定判別要素は、ボーナス確率のみ。

REG確率には設定差が付けられておらず、BIG確率に段階的な差が付けられています。

ボーナス確率

設定 BIG合算
1 1/504.1
2 1/492.8
3 1/461.5
4 1/434.0
5 1/402.1
6 1/356.2

BIG確率は設定1と設定6で約1.4倍の差あり。

そこまで大きな設定差ではないにせよ、解析が出揃っていない新台入替直後には、BIG確率を基にしてざっくりと設定の高低を絞り込んでいくしかないですね。

通常時

スロット「ウィザードバリスターズ」のART当選のメインルートは、BIGボーナス消化中の抽選と自力CZ【ディアボバトル】。

ディアボバトルは5Gor10G+α継続する自力CZとなっており、ART当選期待度は最低でも約50%と高めです。

通常時のゲーム性の続報が判明すれば、改めて追記していきますね。

魔法石ゾーン

・5Gor10G継続するCZ高確率状態。
・魔法石ゾーンの成功期待度は約22%。

ディアボバトル

・5Gor10G+α継続する自力CZ。
・ART当選期待度は約50~70%。

ボーナス

スロット「ウィザードバリスターズ」のボーナスは、【MOYO BIGボーナス】、【CECILE BIGボーナス】、【Regular(REG)ボーナス】の3つ。

大きな特徴としては、ART中にREGを引いた場合には必ず特化ゾーン状態になることです。

 

REGから派生する特化ゾーンは全3種類となっており、一番弱めの魔力覚醒ラッシュ・火炎でも平均上乗せゲーム数は約50G、一番強力なルシフェル召喚ラッシュであれば平均上乗せゲーム数は約250G!!

有利区間完走を目指すためには、コンスタントにREGを引くことができるかどうかが重要になってきそうですね。

MOYO(もよ)BIGボーナス

・約312枚獲得可能のボーナス。
・消化中にBARが揃えばART確定。

CECIL(セシル)BIGボーナス

・約150枚獲得可能のボーナス。
・消化中にBARが揃えばART確定。

REGボーナス

・約48枚獲得可能のボーナス。
・REGからのCZストック期待度は約35%。
・ART中にREGが成立した場合は、必ず上乗せ特化ゾーン状態に。
(魔力覚醒ラッシュorルシフェル召喚ラッシュ)

魔力覚醒ラッシュ・火炎

・火炎はベル連でゲーム数を上乗せ。
・平均上乗せゲーム数は約50G。

魔力覚醒ラッシュ・砂塵

・砂塵はベル連する度に上乗せゲーム数が2倍に。
・平均上乗せゲーム数は約100G。

ルシフェル召喚ラッシュ

・ルシフェル召喚ラッシュの平均上乗せゲーム数は約250G。

ART

ウィザードバリスターズのART【ウィザードチャンス】の純増枚数は約1.4枚/G

初期ゲーム数は40Gとなっており、消化中にはポイント獲得抽選と特化ゾーン突入抽選が行われています。

【ベル連/謎連/自力連/一撃連】が鍵を握るゲーム性が特徴で、中段チェリーやBARが頻繁に出現する上乗せ特化ゾーンはシンプルに楽しめそうです(^^)

ウィザードチャンス

・40G+αのARTで、純増枚数は約1.4枚/G。
・消化中は【麻楠バトル】突入に関わるポイント獲得抽選、上乗せ特化ゾーン突入抽選が行われる。

麻楠バトル

・ART中にポイントを10pt貯めることで移行する4G間のバトルタイプの自力CZ。
(※謎ポイント10pt獲得時にはリール上の謎ランプが点灯)
・バトルに勝利することができれば【魔法廷ラッシュ】に突入する。
・ベル以上の小役が成立すればチャンス。
・バトル勝利期待度は約40~70%。

謎ゾーン

・ラッシュ謎ストックの高確率状態。
★最大で魔法廷ラッシュを5個ストックできる。

魔法廷ラッシュ(最高裁)

・転落リプレイ成立まで継続する上乗せ特化ゾーン。
・中段チェリーが停止すると10~100Gの上乗せが発生し、BARが揃えば魔法廷ラッシュ自体をストックする。
・魔法廷ラッシュの平均上乗せゲーム数は約30G。
・魔法廷ラッシュの上位版である【魔法廷ラッシュ最高裁】は、BARが揃う度に50~200Gの上乗せが発生。

エンディング

・有利区間1500G完走前には専用のエンディングが発生?

フリーズ

確率 1/16384.0
恩恵 1.赤7BIG
2.ART
3.魔法廷ラッシュ3~5個ストック

スロット「ウィザードバリスターズ」のロングフリーズ(ある朝フリーズ)は、約1/16384で発生します。

フリーズ発生契機は赤7BIG(セシルBIG)成立時となっており、ART直撃に加えて魔法廷ラッシュ3~5個ストックが確定!

フリーズ期待値は約1,500枚と言われています。

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット 十字架4 総まとめ スロット 沖ドキバケーション 総まとめ スロット 大神 総まとめ スロット ハイスクールオブザデッド 総まとめ(新台) スロット トータルイクリプス(Aタイプ)総まとめ スロット エルインカ 総まとめ スロット 美ラメキ 総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ