新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

ハイスクールオブザデッド2【スロット新台】設定判別・フリーズ・解析攻略まとめ

【当てはまったら養分確定】元ホール店長が語る!スロットで負けている人の残念な特徴3選

スロット ハイスクールオブザデッド 解析(新台)©佐藤大輔・佐藤ショウジ/KADOKAWA/H.O.T.D.製作委員会 ©YAMASA

スロット「ハイスクールオブザデッド2」の天井情報とやめどき、設定判別要素やフリーズ恩恵といった解析攻略情報はこちらでまとめていきます。

スロット「ハイスクールオブザデッド」の第2弾は山佐からのリリース!

初代のゲーム性を盛り込みつつも、【毒島】の名を冠した上乗せ特化ゾーンがさらに強化されており、有利区間完走(エンディング到達)にこだわった限界特化型A+ARTタイプとなっています!!

<--スポンサード リンク-->

スペック解析

基本情報
導入日 2018年7月2日
タイプ A+ART
ART純増 約1.3枚/G
コイン持ち
(設定1)
50枚あたり約34G
コイン単価
(設定1)
約2.6円
設定 スクデッド
チャージ
BIG REG
1 1/3276 1/464 1/655
2 1/2048
3 1/1489
4 1/1310
5 1/1092
6 1/910
設定 ART
初当たり
機械割
1 1/563 97.6%
2 98.3%
3 100.5%
4 1/562 103.1%
5 1/561 106.0%
6 1/562 109.2%

初代と同じA+ARTタイプ!

ハイスクールオブザデッドのスロット新台は山佐からのリリースとなりますが、スペックは初代と同じA+ARTタイプとなっており、演出やゲーム性も初代に寄せられているようです。

ボーナス確率・ART初当たり確率を見てみると、ゴッドイーター2のようにBIG確率とREG確率には設定差が付けられておらず、分母が大きいスクデッドチャージ確率に大きな設定差が付けられていますね。

設定6の機械割は109.2%と辛めの印象を受けますが、その分ホール側が高設定を使いやすくなると捉えることもできます。

 

なお、ハイスクールオブザデッド2では有利区間完走に期待できる3大限界トリガーが搭載されているのが特徴的で、最強特化ゾーンの毒島無双の平均上乗せゲーム数は驚愕の810G!!

RPGやアクションゲームならエンディング見たさにやり込みますが、果たして現時点でエンディング見たさに5.9号機をブン回す打ち手がどれほどいるのか・・・?

 

有利区間完走を目指すといったゲーム性は、ある意味5.9号機にマッチしていると思っているのですが、どうしてもゲーム数を残した状態で通常時に転落すると損した気持ちが大きいですからね(^^;

公式サイト・PV動画

公式サイト:パチスロ学園黙示録ハイスクールオブ・ザ・デッド

※PVは公式サイトで視聴できます

天井恩恵

※調査中

ゾーン振り分け

※調査中

やめどき

※調査中

朝一リセット挙動

※調査中

打ち方

※調査中

小役確率

※調査中

 

設定判別要素

新台のハイスクールオブザデッドはBIG確率とREG確率には設定差がなく、ART初当たり確率にもほぼ設定差がありません。

大きな設定差が付けられているのはスクデッドチャージ確率で、誰が見ても分かるようなあからさまな差になっていますね(笑)

また、山佐の5.9号機といえばゴッドイーター2のベル確率に大きな設定差が付けられていましたが、ハイスクールオブザデッドにも大きめの設定差が付けられているかもしれません。

スクデッドチャージ確率

設定 スクデッド
チャージ
1 1/3276
2 1/2048
3 1/1489
4 1/1310
5 1/1092
6 1/910

スクデッドチャージ確率は、設定1と設定6では3.6倍もの差が付けられています。

設定状況に期待できる上で、早い段階で複数回確認できるようであれば、十分粘ってみる根拠になりますね。

 

通常時

新台のハイスクールオブザデッド2は、自力CZ「クライシス・オブ・ザ・デッド」、もしくは前兆ゾーン「エスケープ・フロム・ザ・デッド」を経由してART当選を目指すゲーム性。

王道と言っていいART当選ルートなので、初打ち時にもすんなり打ち込めそうです。

ステージ

・通常時のステージは「屋上/技術室/廊下/職員室/外観」の5ステージ。
・「廊下」は高確示唆ステージ。
・「職員室」は高確orART前兆示唆ステージ。
・「外観」は移行すれば激アツ?!

クライシス・オブ・ザ・デッド

・ART突入を掛けた自力CZ。
・消化中にレア小役が成立すればART確定。
・神社背景になれば激アツ?!

エスケープ・フロム・ザ・デッド

・ARTの前兆ゾーン。
・ステージが移行するほど本前兆期待度がアップ。
・バス前に到達すれば激アツ?!

 

ボーナス

山佐のハイスクールオブザデッドのボーナスはBIGボーナスとREGボーナスに加えて、スクデッドチャージの3つとなっています。

現時点ではスクデッドチャージ確率に大きな設定差が付けられている以外の情報が判明していないため、詳しい情報が判明次第追記しています。

スクデッドチャージ

・約204枚獲得可能のボーナス。

BIGボーナス

・約204枚獲得可能のボーナス。

REGボーナス

・約42枚獲得可能のボーナス。

 

ART

スロット「ハイスクールオブザデッド2」のART初当たり時には、ゲーム数上乗せ特化ゾーン【アポカリプスラッシュ】を経由して初期ゲーム数を決定します。

アポカリプスラッシュには性能の異なる3つのタイプが存在するほか、上位版の【スーパーアポカリプスラッシュ】もあり。

スーパーアポカリプスラッシュは3大限界トリガーの1つで、平均上乗せゲーム数は約310G

 

また、2つ目の3大限界トリガー【アポカリプスバースト】はアポカリプスラッシュそのものをストックするSTタイプの特化ゾーンで、突入時の平均上乗せゲーム数は約490G!!

そして、3つ目の3大限界トリガーは初代の毒島覚醒を彷彿とさせる【毒島無双】なるゲーム数上乗せ特化ゾーンで、毒島無双の平均上乗せゲーム数はなんと810G!!!

 

毒島覚醒突入時の有利区間完走期待度は約90%とのことですが、それだけ完走期待度が高いだけに、エンディング到達時にどれくらいゲーム数を残してARTが終了するのかも気になるところですね(苦笑)

オールデッズアタック

・純増枚数約1.3枚/G(ボーナス込みなら約1.9枚/G)のARTで、初期ゲーム数は【アポカリプスラッシュ】で決定する。

(スーパー)アポカリプスラッシュ

・ART初当たり時などに突入するゲーム数上乗せ特化ゾーン。
・アポカリプスラッシュは性能の異なる3つのタイプあり。
・上位版のスーパーアポカリプスラッシュのBAR揃いは必ずHの形に揃う(=50G以上の上乗せ確定)。
・スーパーアポカリプスラッシュの平均上乗せゲーム数は約310G
・スーパーアポカリプスラッシュのリミット到達期待度は約50%。

タイプ 内容
ノーマル スタンダードタイプ
Ver.「H」 追加上乗せタイプ
Ver.「奴ら」 超絶上乗せタイプ

スクデッドバトル

・アポカリプスラッシュストックの高確率状態。

バトル ストック期待度
殲滅バトル
コスプレイ・オブ・ザ・デッド
エアボートバトル
天道双厳流バトル
ストーリー

アポカリプスバースト

・STタイプのアポカリプスラッシュストック特化ゾーン。
・消化中は毎ゲーム約1/4でアポカリプスラッシュストック抽選が行われる。
・アポカリプスラッシュをストックすればゲーム数を再セットし、アポカリプスラッシュとアポカリプスバーストのループ率は約85%。
・アポカリプスバーストの平均上乗せゲーム数は約490G
・アポカリプスバーストのリミット到達期待度は約70%。

毒島無双

・ハイスクールオブザデッド2最強のゲーム上乗せ特化ゾーン。
・押し順ベルでの上乗せ時は「10Gor20Gor30Gor50Gor100G」の上乗せが発生。
⇒振り分けは均等(=1/5で100G上乗せ)。
・毒島無双の平均上乗せゲーム数は約810G
・毒島無双のリミット到達期待度は約90%。

エンディング

・有利区間1500G完走が確定すると専用のステージに移行し、完走前にエンディングが発生?

フリーズ

※調査中

<--スポンサード リンク-->

(人気記事)母親にお金を借りてまでパチンコを打ち続けた男の末路がヒドい

2018年のスロット新台導入日 スロット 秘宝伝Rev 総まとめ スロット マジカルハロウィン6 総まとめ スロット シークレットハイビスカス 総まとめ スロット ゆるせぽね 総まとめ スロット 黄門ちゃまV 総まとめ スロット 天元突破グレンラガン極 総まとめ スロット 貞子VS伽椰子 総まとめ スロット ディスクアップ 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ