スロット ダンガンロンパ 解析©Spike Chunsoft Co.,Ltd.All Rights Reserved. ©Spike Chunsoft Co.,Ltd./希望ヶ峰学園映像部 All Rights Reserved. ©ニューギン

スロット「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」の設定判別要素や打ち方、解析攻略情報はこちらでまとめていきます。

人気アドベンチャーゲームの「ダンガンロンパ」がスロットになって登場!

スペックはボーナスとARTで出玉を増やすA+ARTタイプで、ART最高継続率は90%・・・?!

更新情報

【7/12】モノクマ揃い時のカットインや、ボーナス中の設定示唆要素を追記(高設定確定パターンあり)。
【7/2】天井・ゾーン情報とやめどき、打ち方解説を追記。

スペック解析

基本情報
導入日2018年7月2日
タイプA+ART
ART純増約1.0枚/G
コイン持ち
(設定1)
50枚あたり約32G
コイン単価
(設定1)
約2.3円
設定PV
ボーナス1
PV
ボーナス2
チャレンジ
ボーナス
11/897.81/464.81/528.5
21/422.8
31/394.8
41/339.6
51/303.4
61/293.9
設定モノクマ
チャレンジ
ボーナス
合算
ART
初当たり
11/897.81/159.51/443.8
21/154.2
31/150.3
41/141.6
51/134.9
61/132.9
設定ボーナス
+ART
機械割
11/117.397.7%
21/114.498.9%
31/112.3100.9%
41/107.3103.6%
51/103.5105.8%
61/102.3106.3%

純増が抑えられたA+ARTタイプ

スロット「ダンガンロンパ」は純増枚数が抑えられたA+ARTタイプ。

ボーナスに関しては、ART突入抽選が行われる3つのボーナスと、設定判別用のボーナスが1つ存在します。

 

しかし、スペックを見て真っ先に目が行くのはおそらく高設定域の機械割の辛さでしょう(苦笑)

もともと導入台数も少なく設定状況にはあまり期待できない機種ですが、もう少し頑張って欲しかったところですね(^^;

公式サイト・PV動画

 

公式サイト:ダンガンロンパ|ニューギン

※PVは公式サイトで視聴できます

天井恩恵

ダンガンロンパには残念ながら天井は搭載されていません。

天井狙い目

天井非搭載ということで、天井狙いは不可能です。

ゾーン振り分け

ダンガンロンパは天井を含めて、規定ゲーム数(ゾーン)到達時に何かしらの抽選が行われるといった仕様はありません。

ゾーン狙い目

他の5.9号機と同じくゾーン狙い感覚で打つなら有利区間ランプ点灯中の台ですが、実際に狙える機会はほとんどないと思います。

やめどき

ダンガンロンパのやめどきは、ボーナス&ART後の前兆がないことと、高確に滞在していないことを確認してから。

有利区間ランプが消えているのを確認してやめるのが、一番手堅いやめどきと言えますね。

なお、有利区間ランプはPAYOUTセグの上にあるMONITORランプです。

朝一リセット挙動

項目設定変更電源OFF/ON
有利区間非有利区間へ引き継ぐ
ステージ調査中調査中

打ち方

スロット ダンガンロンパ 打ち方

・PVボーナス中には技術介入要素あり。

通常時の打ち方

1.左リール上段付近にBAR狙い。

2.角チェリー停止時は、中&右リールは適当打ち。
⇒右リール中段にリプレイ停止・・・弱チェリー
⇒それ以外の角チェリー・・・強チェリー

3.上段スイカ停止時は、中&右リールともに青7を目安にしてスイカを狙う。
⇒スイカ揃い・・・スイカ(強弱はなし)
⇒中段「ベル・ベル・リプ」・・・弱チャンス目
⇒スイカ小V字停止・・・強チャンス目

4.下段BAR停止時は、中&右リールは適当打ち。
⇒中段「リプ・チェリー/リプ」・・・弱チャンス目

スイカ成立時は中&右リールは要目押し

ダンガンロンパの打ち方は難しくはありませんが、スイカ成立時は全リールの目押しが必要なので、うっかり取りこぼしてしまわないよう気をつけてください。

打ち方手順自体はオーソドックスで、まずは左リール上段付近にBARを狙い、左リールにスイカがスベってきた場合のみ中&右リールにもスイカを狙います。

それ以外の場合は中&右リールは適当打ちでOKなので、覚えておけばフルウェイトでの消化に役立ちますね。

ボーナス中の打ち方

【PVボーナス1中】
1.「狙え!」カットイン発生時は逆押しで全リールにBAR狙い。

2-ⅰ.チェリー・スイカナビ発生時は赤7or青7付近をアバウトに狙い、中&右リールにスイカを狙ってスイカを揃える。

2-ⅱ.1度スイカを獲得したら、次ゲーム以降のチェリー・スイカナビ発生時はチェリーを狙って消化する。
⇒2手順を実行することで最大枚数を獲得可能。

【PVボーナス2中】
1.順押しナビ発生時には、左リールに「リプ・赤7・赤7」をビタ押し。
⇒ビタ押し成功で設定示唆画面が出現

2-ⅰ.チェリー・スイカナビ発生時は赤7or青7付近をアバウトに狙い、中&右リールにスイカを狙ってスイカを揃える。

2-ⅱ.1度スイカを獲得したら、次ゲーム以降のチェリー・スイカナビ発生時はチェリーを狙って消化する。
⇒2手順を実行することで最大枚数を獲得可能。

【チャレンジボーナス中】
・全リール適当打ちで消化

【モノクマチャレンジ中】
1.「狙え!」カットイン発生時は逆押しで全リールにBAR狙い。

2.それ以外の場合は全リール適当打ちで消化。

PVボーナス中の打ち方に注意

PVボーナス中の打ち方ですが、まず注意しなくてはならないのがチェリー・スイカナビ発生時

この時に1度だけスイカを揃え、それ以降のナビ発生時はチェリーを狙って消化すれば最大枚数を獲得することができます。

また、PVボーナス2中に順押しナビが発生した場合は、左リールに「リプ・赤7・赤7」をビタ押しすることで設定示唆画面が出現します。

小役確率

スロットダンガンロンパで出現率に設定差が付けられている小役は、強チェリーと弱チャンス目。

強チェリーは奇数設定ほど出現しやすく、弱チャンス目は反対に偶数設定ほど出現しやすくなっているため、奇数or偶数設定示唆要素として活用していきましょう。

小役設定
1~6
押し順ベル1/2.9
共通ベル1/242.7
弱チェリー1/51.6
スイカ1/75.1
強チャンス目1/1040.3
モノクマリプレイ1/851.1
フェイクモノクマリプレイ1/16384.0
設定強チェリー弱チャンス目
11/248.21/420.1
21/303.41/300.6
31/226.81/420.1
41/303.41/256.0
51/193.31/420.1
61/233.21/296.5

設定判別要素

新台のダンガンロンパは、PVボーナス2以外のボーナス確率には設定差が付けられていません。

また、PVボーナス2消化中にはビタ押しに成功することで設定示唆演出が発生と、設定狙いにおいてPVボーナス2が非常に重要度の高い要素となっています。

ボーナス確率

スロット「ダンガンロンパ」のボーナスで、出現率に設定差が付けられているのはPVボーナス2のみ。

設定1と設定6では約1.6倍と大きめの差が付けられているため、設定狙いの際には必ず個別でチェックしておきましょう。

ボーナス確率詳細は「スペック解析」を参照。

特定ボーナス
設定強チェリー+
PVボーナス2
弱チャンス目+
PVボーナス2
11/897.81/2621.4
21/2621.41/753.3
31/668.71/2621.4
41/2621.41/524.3
51/442.81/2621.4
61/728.21/728.2

設定差のある特定ボーナスは、強チェリー・弱チャンス目とPVボーナス2。

強チェリー+PVボーナス2は設定「2・4<1<6<3<5」の順で、弱チャンス目+PVボーナス2は設定「1・3・5<2<6<4」の順で出現率しやすくなっています。

設定差のある小役確率

強チェリーは奇数設定かつ高設定ほど出現しやすく、弱チャンス目は偶数設定の方が出現しやすいといった特徴あり。

小役確率の詳細解析は「小役確率」を参照。

設定示唆演出

・ボーナス中やART終了時に設定示唆演出が発生する可能性あり。
※技術介入成功や、プッシュボタンを押すことが条件。

モノクマ揃い時のカットイン

モノクマ揃い時に出現するキャラで設定を示唆しており、中には特定設定以上が確定するパターンもあり。

モノクマ揃い時のカットインの詳細は「モノクマ揃い時のキャラ」を参照。

終了画面

PVボーナス・ART終了時にプッシュボタンを押すことで、設定を示唆する特殊画面が出現する。

終了画面の詳細解析は「終了画面」を参照。

PVボーナス中ビタ押し成功

PVボーナス中のビタ押し成功時には、終了画面と同じように設定を示唆する特殊画面が出現する。

※設定示唆内容も終了画面の時と同じです。

パチスロ解析攻略・機種別一覧 

通常時

ダンガンロンパはボーナス成立を契機にARTに繋げるゲーム性で、内部状態が高状態ほどボーナス成立時のART抽選が優遇されます。

特にこれといった難しいゲーム性は盛り込まれていないシンプルなA+ARTタイプなので、初打ちの際にも取っつきやすそうですね。

ステージ

・通常時のステージは「廊下/教室/食堂/体育館/情報処理室」の5ステージ+モノクマゾーン。
・体育館ステージは高確示唆ステージ。
・情報処理室ステージは高確濃厚ステージ。

ボーナス

スロット「ダンガンロンパ」には4つのボーナスが搭載されていますが、出現率に設定差が付けられているのは「PVボーナス2」のみ。

さらにPVボーナス2消化中には、ビタ押しに成功することで設定示唆演出が発生します。

なお、ART突入率に関しては、「PVボーナス2<PVボーナス1<チャレンジボーナス<モノクマチャレンジ」の順で優遇されています。

PVボーナス1

・約209枚獲得可能のボーナス。
・PVボーナス1からのART突入期待度は約38%。
・消化中のBAR揃いでART確定となり、以降はBARが揃う度にARTセット数を上乗せする。
・消化中には技術介入要素あり。
※PVボーナス中の打ち方手順は「打ち方」を参照。

PVボーナス2

・約159枚獲得可能のボーナス。
・PVボーナス2は成立時の一部でARTに当選(期待度は約2%程度)。
・消化中には技術介入要素あり。
※PVボーナス中の打ち方手順は「打ち方」を参照。

チャレンジボーナス

・約24枚獲得可能のボーナス。
・チャレンジボーナスからのART当選期待度は51%。

モノクマチャレンジ

・約30枚獲得可能のボーナス。
・モノクマチャレンジからのART当選期待度は約71%。
・消化中にBARが揃えばART確定。

ボーナス抽選

小役設定1~6
弱チェリー5.4%
スイカ8.4%
強チャンス目100%
モノクマリプレイ通常時:100%
ART中15.6%
設定強チェリー弱チャンス目
143.2%48.7%
230.6%63.3%
348.1%48.7%
430.6%68.8%
555.8%48.7%
646.6%63.8%

ART

スロット「ダンガンロンパ」のART「学級裁判」は、エピソードパートと議論パートの2部構成となっています。

ARTはセット数ストック&継続率管理タイプで、ART継続率は50%or70%or90%のいずれか(振り分けは均等)。

また、セット数上乗せ特化ゾーン「モノクマッシュ」を搭載しており、90%ループのARTと特化ゾーンが上手く絡めば、1度の初当たりから一気に有利区間完走を目指せますね(^^)

学級裁判

・ART継続率は「50%/70%/90%」の3つ。
・ストーリーの内容で継続率を示唆。

エピソードパート

・15Gor25G継続する前半パート。

議論パート

・平均24G継続する後半パート。
・最終ジャッジで矛盾証言者を撃破することができればARTが継続する。
・議論パート中はベル成立時に論破抽選が行われる。

マシンガントークバトル

・マシンガントークに突入すれば継続確定。
・規定ゲーム数無いに相手を倒すことができればセット数ストック確定。

モノクマッシュ

・ARTセット数上乗せ特化ゾーンで、モノクマが画面を切り裂くたびにセット数上乗せが発生。

エンディング(ダンガンロンパタイム)

・有利区間完走(エンディング到達)が確定すると、ダンガンロンパタイムに突入する。

パチスロ解析攻略・機種別一覧 

モノクマ揃い時のキャラ

スロット ダンガンロンパ カットイン画面

パターン示唆内容
奇数設定示唆
偶数設定示唆
設定2以上確定
設定4以上確定
キャラ振り分け
(セット上乗せor初当たり時)
設定①~④⑤~⑦
115.0%13.3%
29.0%18.0%10.0%
313.5%12.0%
49.0%18.0%5.0%5.0%
513.5%12.0%
69.0%18.0%
キャラ振り分け
(ボーナス当選時)
設定①~④⑤~⑦
118.8%8.3%
27.1%7.1%50.0%
39.4%4.2%
47.1%7.1%25.0%25.0%
59.4%4.2%
67.1%7.1%

スロットダンガンロンパは、モノクマ揃い時に出現するキャラで設定を示唆しています。

こちらは背景色では設定を示唆していないので、終了画面の示唆内容と混同しないよう気をつけてくださいね。

また、設定4の機械割は103.6%と辛めなことから、設定4以上確定画面を確認できたからといって安心はできません。

終了画面

スロット ダンガンロンパ 終了画面

背景色示唆内容
奇数設定示唆
偶数設定示唆
ピンク設定2以上確定
設定4以上確定
レインボー設定6確定
特殊画面振り分け
設定ピンク
118.3%16.9%
213.3%18.8%10.0%
316.7%15.0%
413.3%18.8%5.0%
516.7%15.0%
615.0%16.9%
設定レインボー
1
2
3
41.7%
5
60.8%2.5%

ダンガンロンパのPVボーナス・ART終了時には、プッシュボタンを押すことで特殊画面が出現します。

特殊画面には複数のパターンが存在しますが、重要なのはキャラではなく背景色。

 

背景色によって設定を示唆しており、青背景は奇数設定示唆、緑背景は偶数設定示唆、ピンク背景であれば設定2以上確定、紫背景であれば設定4以上確定、そしてレインボー背景であれば設定6確定

ダンガンロンパは全体的に機械割が辛めですが、設定6確定画面を確認できれば全ツッパできますね。

フリーズ

確率※調査中
恩恵チャプタ-6+ART6セットストック

ダンガンロンパのロングフリーズ発生時の恩恵は、チャプター6に加えてARTセット数を6個ストック。

チャプター6は、次セット継続期待度約90%となる最上位モードCが確定となります。