新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

不二子 TYPE-A+の打ち方を徹底解説!

[PR]ギャンブルをする人が絶対にモテない致命的な理由は●●がないからという悲しい事実

スロット 不二子A 打ち方©モンキー・パンチ/TMS・NTV Copyright ©2018 OLYMPIA CO., LTD. All Rights Reserved.

パチスロ「不二子 TYPE-A+(Aタイプ)」の打ち方はこちらでまとめていきます。

新台の不二子A+のボーナス中には技術介入要素が盛り込まれており、技術介入成功で獲得枚数をアップさせることができます!

また、ボーナス成立を察知したら最速入賞を狙い、コインロスを最小限に抑えたいところですね。

<--スポンサード リンク-->

更新情報

【4/21】チャレンジBIG中の枚数調整手順を追記。

打ち方解説

・中&右リールを適当打ちして取りこぼす可能性のある小役はベルのみ。
・各ボーナス中には技術介入要素あり。
・RT中にはこれといった技術要素はないため、演出発生時に通常時と同じ打ち方でレア小役をフォローすればOK。

通常時の打ち方

1.左リール上段付近にBAR狙い。

2.角チェリー停止時は、中・右リールは適当打ちで消化。
⇒角チェリー・・・チェリー

3.上段ベル停止時は、中・右リールは赤7を目安にしてベル狙い。
⇒上段ベル揃い・・・ベルA
⇒右下がりベル揃い・・・ベルB
※小役がハズれればリーチ目

4.上段に2連赤7の下部分が止まったら、中・右リールは適当打ちで消化。
⇒右上がりプラム揃い・・・スベリプラム
※小役がハズれればリーチ目

5.下段BAR停止時は、中・右リールは適当打ちで消化。

小役のフォローは簡単!

新台のパチスロ「不二子A+」の通常時の打ち方は至ってシンプル。

まずは左リール上段付近にBARを狙い、上段にベルがスベってこない限りは中&右リールは適当打ちでOKです。

また、ベルが上段にスベってきた場合はベルAorBとなりますが、中&右リールともに枠内に赤7を狙えばベルをフォローすることができます。

 

ちなみに、この時に小役が揃わなければリーチ目となり、左リール上段に2連赤7の下部分が止まって右上がりにプラムが揃わなかった場合もリーチ目となります。

小役狙い手順は簡単なので、サクサクと消化していきたいところですね(^^)

 

ボーナス察知(最速入賞)手順

1.中リール下段に赤7をビタ押しする。

2.下段に赤7がビタ止まりしたら、左・右リールにも赤7を狙う。
⇒1枚役orS・BIGor赤BIG

3.中段に赤7が止まったら左リールに青7を狙い、右リール下段にBARを狙う。
⇒青BIGorREG

中リールはビタ押しで!

中リールのビタ押しに成功すれば、全ボーナスを1Gでフォローすることができます。

ビタ押しに失敗した場合は赤7が中段に止まることがありますが、その際にも左&右リールに赤7を狙っておくことでベルをフォロー可能です。
(※成立している可能性があるのは「S・BIGor赤BIGorハズレorベル」)

また、上段に青7が停止した場合も、3手順で消化すれば問題ありません。

 

ボーナス中の打ち方

【スーパーBIG中】
1.右→中リールと逆押しした後、左リール中段に青7をビタ押し。
⇒ビタ押し成功で14枚役獲得

2.技術介入成功後は、順押し適当打ちで消化する。

【チャレンジBIG中】
1.赤テープ出現時は右→中リールと逆押しし、左リールにはBARを狙う。

2.赤テープが出現しない場合は、順押し適当打ちで消化する。

【REG中】
1.右→中リールと逆押しした後、左リール中段に青7をビタ押し。
⇒ビタ押し成功で14枚役獲得

2.技術介入成功後は、順押し適当打ちで消化する。

全ボーナス中に技術介入要素あり

パチスロ「不二子A+」は、全ボーナス中に技術介入要素あり。

スーパーBIG中とREG中の技術介入手順は同じで、右リールと中リールを逆押し適当打ちで消化した後、左リール中段に青7をビタ押し!

ビタ押しに成功すれば14枚役が入賞し、最大枚数を獲得することができます。

 

チャレンジBIG中に関しては、赤テープ出現が技術介入手順を実行する合図。

といっても、BARをアバウトに狙っておけばいいだけなので、技術介入難易度は非常に低いですね。

適当打ちで消化した場合は獲得枚数が減ってしまう可能性があるので、必ず実践しておきましょう。

 

チャレンジBIG中の枚数調整

※【4/21】追記:チャレンジBIG中の強JAC中の15枚役成立時には、中押し手順で消化することで6枚役を入賞させることができます。

残り枚数14~7枚での強JAC中や、残り15枚で強JAC中の宝箱が3つ以上残っている時にあえて6枚役を取りに行くことで枚数調整ができ、獲得枚数を増やすことができますよ(^^)

6枚役を入賞させるための中押し手順は難しくなく、強JAC中の15枚役成立時に中リール枠下に青7を狙い、青7上のプラムが下段に止まったら左→右リールの順に適当打ちすればOKです。

<解析まとめ・記事一覧>
・不二子Aタイプ【スロット新台】設定判別・解析攻略まとめ

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット ハイスクールオブザデッド 総まとめ(新台) スロット トータルイクリプス(Aタイプ)総まとめ スロット エルインカ 総まとめ スロット 美ラメキ 総まとめ スロット ダンガンロンパ 総まとめ スロット ハイスクールフリート 総まとめ スロット マイジャグラー4 総まとめ

2 Responses to “不二子 TYPE-A+の打ち方を徹底解説!”

  1. 名無し より:

    質問なんですがノーマルビッグ中はjac 突入の時はフリー打ちで良いのでしょうか?

    ノーマルビッグ120回程度で強jacが10分の1程度で平均獲得枚数が200枚位なんですが何か間違ってるんでしょうか?
    それともただ引きが悪いだけ?

    • 管理人 より:

      コメントありがとうございます。

      120回BIGを引いて平均枚数が200枚となると、確かに疑いたくなるような下ブレですね・・・

      赤テープ出現時以外は適当打ちで問題ないので、もし打ち方で獲得枚数が減っているのであれば、赤テープ出現時に中押しなどの変則打ちをしているくらいしか考えつかないです(><)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ