スロット 貞子VS伽椰子 解析©2016「貞子VS伽椰子」製作委員会 ©藤商事

スロット「貞子VS伽椰子」の設定判別要素や打ち方、解析攻略情報はこちらでまとめていきます。

藤商事のホラースロットの新台は、日本が誇る2大ホラー映画がコラボした「貞子VS伽椰子」とのタイアップ機!

貞子VS伽椰子はA+RTタイプとなっており、BIG中とRT中には技術介入要素が盛り込まれています。

更新情報

【6/24】ボーナス終了時の役モノの色振り分け、特定状況下でのBIG成立時の下パネルの光り方振り分けを追記。
【6/8】小役確率解析値や、ボーナス抽選解析を追記。
【6/4】天井情報や打ち方解説を追記。

スペック解析

基本情報
導入日2018年6月4日
タイプA+RT
コイン持ち
(設定1)
50枚あたり約35G
コイン単価
(設定1)
約2.3円
設定赤BIG青BIGBIG合算
11/601.31/624.21/306.2
21/590.41/612.51/300.6
51/569.91/595.81/291.3
61/541.61/560.11/275.4
設定REGボーナス
合算
11/352.31/163.8
21/348.61/161.4
51/327.71/154.2
61/312.11/146.3
設定機械割
(攻略なし)
機械割
(フル攻略)
197.4%100.2%
298.7%101.5%
5104.0%105.5%
6108.5%110.0%

ハナビタイプのA+RTスペック

新台のスロット「貞子VS伽椰子」のスペックを一言で説明すると、ハナビタイプのA+RTスペック。

設定は4段階となっている他、BIG中は技術介入に成功することで最大枚数を獲得可能でき、ボーナス後に突入するRT中に移行リプレイが入賞することで、2段階目のRTに突入します。

現時点で判明している機械割は97.4~108.5%とのことですが、フル攻略時の機械割はどれくらいになるのか気になるところですね。

 

なお、貞子VS伽椰子は初代リングの筐体が使われています。

それだけならいいのですが、なんと液晶が搭載されていません(爆)

つまり、液晶上で貞子と伽倻子のコラボをお目にかかることはできません(苦笑)

 

※【追記】:フル攻略時の機械割を追記しました!

もしフル攻略できた場合には、設定1でも機械割100%超え!

設定6の機械割も110.0%まで底上げされるため、設定状況に期待できるという確信があれば十分狙っていけますね(^^)

公式サイト・PV動画

公式サイト:パチスロ貞子VS伽椰子|藤商事

※PVは公開されていません

感想・評価

液晶を搭載していないため、貞子と伽椰子の対決を全く見られないのは残念ですが、逆に演出がシンプルにまとまっていて過度な煽りもないので、設定狙いでブン回すには打ちやすい台だと思います(笑)

まあ、ボーナス中やRT中に技術介入要素が盛り込まれていることから、フルウェイトで消化するのはまず無理ですけどね(^^;

技術介入要素も程よく難しいと感じるくらいの難易度ですし、ホールが甘めに使ってくれさえすれば思ったより息の長い機種になるかもしれません。

天井恩恵

新台の貞子VS伽椰子には天井が搭載されてません。

天井狙い目

天井が搭載されていない以上、天井狙いは不可能です。

ゾーン振り分け

スロット「貞子VS伽椰子」は天井を含めて、規定ゲーム数到達時(ゾーン)に何かしらの抽選が行われるといった仕様はありません。

ゾーン狙い目

貞子VS伽椰子は特定のゾーンを狙うといった立ち回りはできません。

やめどき

通常時かつボーナスが成立していなければいつやめてもOKです。

朝一リセット挙動

項目設定変更電源OFF/ON
RTリセット引き継ぐ

打ち方

スロット 貞子VS伽椰子 打ち方

・小役狙い手順は小役の取りこぼしを極力抑えられるハサミ打ちがオススメ。
・BIG中には獲得枚数をアップできる技術介入要素あり。
・RT中にはRTを引き伸ばせる技術介入要素あり(リプレイハズシ)。

通常時の打ち方

1.左リールに「BAR/チェリー/BAR」の塊をアバウトに狙いつつ、右リールは適当打ち。

2.枠内チェリー停止時は、中リールも適当打ちで消化。
⇒中段にチェリー停止・・・中段チェリー
⇒上段にチェリー停止+右リール中段にリプレイ停止・・・強チェリー
⇒上段にチェリー停止+ベル小山型停止・・・確定ベル
⇒下段にチェリー停止+右リール中段にベル停止・・・強チェリー
⇒下段にチェリー停止+ベル揃い・・・確定ベル
⇒それ以外の角チェリー・・・弱チェリー

3.スイカテンパイ時には、中リールは赤7を目安にしてスイカを狙う。
⇒スイカ揃い・・・スイカ(強弱はなし)

4.下段BAR停止時は、中リールは適当打ちで消化する。

※邪眼チャレンジ発生(邪眼ランプ点灯)時は全リールに邪眼絵柄を狙う。
⇒邪眼絵柄揃いでボーナス確定

ハサミ打ちがオススメ!

スロット「貞子VS伽椰子」を打つなら、小役の取りこぼしが少ないハサミ打ち手順がオススメ!

まずは左リールにアバウトに「BAR/チェリー/BAR」の塊を狙い、右リールは適当打ちで消化しましょう。

この時にスイカがテンパイした時だけ中リールの目押しが必要で、それ以外の場合は中リールも適当打ちで消化してしまって問題ありません。

 

なお、チェリーフラグは弱チェリー、強チェリー、中段チェリーの3種類で、左リールと右リールの停止形でフラグの判別ができます。

また、貞子VS伽椰子には確定ベル(角チェリー+ベル揃いorベル小役型)も存在します。

ボーナス察知(最速入賞)手順

1.左リール下段に赤7をビタ押し

2-ⅰ.下段に赤7が止まったら赤頭REGを狙いにいき、赤頭REGを否定したら次ゲームでもう一度手順1を実践する。

2-ⅱ.赤REG否定後に左リール下段に再度赤7が止まったら、今度は赤BIGを狙いに行く。

3.左リール中段に青7が止まったら、中・右リールにも青7を狙って青BIGを揃える。

※MAX BETを長押しすると1枚掛けできます

ボーナス中の打ち方

【BIG中】
1.予告音発生時は右→中リールの順に適当打ちし、左リールには「BAR/チェリー/BAR」狙い。
⇒技術介入成功で14枚役獲得

2.技術介入成功後は順押し適当打ちで消化。

【REG中】
1.左リールにBARを狙いつつ、中・右リールは適当打ちで消化。

BIG中に技術介入要素あり

BIG中には獲得枚数をアップできる技術介入要素あり。

予告音発生時には右→中リールの順に適当打ちし、左リールに「BAR/チェリー/BAR」を狙って14枚役を獲得しましょう。

技術介入(枚数調整)に成功すれば、後は順押し適当打ちで消化するだけで最大枚数を獲得することができます。

 

なお、REG中は14枚役(左リール中段に青7停止)を入賞させると逆に損をしてしまいます。

左リールの青7を避けて消化すれば問題ないので、REG中は左リールにBARを狙いつつ適当打ちで消化していきましょう。

RT中の打ち方

【BIG後のVSチャレンジ中】
1.残り6G以上で伽椰子ランプだけが点滅したら右→中リールの順で適当打ちし、左リール上段にチェリー下BARを狙う。
⇒左リール中段にチェリー下BARが止まればリプレイハズシ成功

2.残り5G以下で伽椰子ランプだけが点滅したら、左リールにはアバウトに青7を狙いつつ適当打ちで消化。
※BAR付近を狙った場合は突入(移行)リプレイが入賞しない可能性があるため

3.貞子ランプor貞子ランプと伽椰子ランプの両方が点滅した場合は、残りゲーム数に関わらず順押し小役狙い手順で消化。

【REG後のVSチャレンジ中】
・順押し小役狙い手順で消化する。

リプレイハズシでRTを延命!

BIG後のVS(バーサス)チャレンジ中に関しては、伽椰子RT突入(移行)リプレイの入賞を意図的にハズすことでRTを延命させることができます。

手順としては伽椰子ランプ点滅時に右→中リールと適当打ちし、左リール上段にチェリー下BARを狙うといったもの。

 

貞子ランプ、貞子ランプ+伽椰子ランプ両方点滅時には40Gor77GのRTに突入するため、突入リプレイを入賞させてしまって大丈夫です。

なお、REG後のVSチャレンジではリプレイハズシをすることができませんが、元々のゲーム数自体が3Gと非常に短いこともあり、20Gの伽椰子RTでも突入すれば儲けものですね(^^)

小役確率

スロット「貞子VS伽椰子」で出現率に設定差が付けられている小役は、通常時(RT中)のベルとスイカ、そしてBIG中のベル確率に加えてRT中のハズレ確率です。

通常時のベルとスイカ確率には大きな設定差が付けられているワケではありませんが、分母が小さくサンプルを集めやすい要素なので必ずカウントしておきましょう。

RT中のハズレに関しては、バーサスチャレンジ中とその他のRTで出現率が異なる点に注意してくださいね。

通常時

小役設定
1~6
リプレイ1/7.3
確定ベル1/16384.0
弱チェリー1/63.0
強チェリー1/1489.5
中段チェリー1/16384.0
邪眼15枚役1/284.9
1枚役A1/697.2
1枚役B1/3855.1
設定ベルスイカ
11/12.61/54.1
21/12.41/52.8
51/12.11/50.0
61/11.41/48.1

BIG中

設定ベルAベルB
11/1.251/5.0
21/1.261/4.9
51/1.271/4.7
61/1.291/4.5

※ベルBは予告音&フラッシュを伴うベル

RT中

ハズレ確率
設定バーサス
チャレンジ中
その他
RT中
11/6.11/10.9
21/5.91/9.4
51/5.81/8.8
61/5.71/8.6

設定判別要素

新台の貞子VS伽椰子はボーナスメインで出玉を増やすA+RTタイプではありますが、ボーナス確率には大きな設定差は付けられていません。

一部の小役確率に設定差が付けられているほか、BIG中やボーナス終了後に設定示唆演出が発生する可能性があるため、一通り確認しておきましょう。

ボーナス確率

BIG確率、REG確率ともに設定1と設定6では約1.1倍の差しか付けられていません。

ボーナス確率だけで設定を絞り込むのは難しいので、小役確率をはじめとしたその他の要素から総合的に設定の高低を見極めていくしかありませんね。

ボーナス確率解析は「スペック解析」を参照。

設定差のある小役確率

通常時(RT)中のベル、スイカ確率、BIG中のベル確率、RT中のハズレ確率に設定差あり。

小役確率の詳細解析は「小役確率」を参照。

設定示唆演出

・BIG中やボーナス終了時に設定示唆要素あり。

BIG中の技術介入成功時のフラッシュ
フラッシュ示唆内容
通常フラッシュ基本パターン
Vフラッシュ設定5以上確定
技術介入成功時のフラッシュ振り分け
設定通常フラッシュVフラッシュ
1100%
2
599.8%0.3%
699.5%0.5%

BIG中の技術介入成功時にはリールフラッシュが発生しますが、Vフラッシュが発生するのは設定5以上のみ。

頻繁にサンプルを取れるような要素ではないですが、だからといって見逃してしまわないよう気をつけてくださいね。

※BIG中の技術介入手順は「打ち方」を参照。

ボーナス終了時の役モノの色
示唆内容
基本パターン
奇数設定示唆
偶数設定示唆
高設定示唆
設定変更確定
設定6確定

※霊感モード選択時は役モノの色が変わりません。

朝一リセット後1回目のボーナス
設定
150.0%25.5%9.5%
28.9%20.7%
525.1%8.5%
65.0%16.9%
設定
10.02%15.0%
20.5%20.0%
51.4%15.0%
63.1%0.1%25.0%
リセット後1回目のボーナス以外
設定
149.2%30.5%15.3%
247.8%15.3%30.5%
546.0%30.5%15.3%
643.7%15.3%30.5%
設定
15.0%
26.4%
58.2%
610.0%0.5%

ボーナス終了時は手の役モノが元の位置に戻りますが、その時の役モノの色で設定を示唆。

基本的な法則としては、青が奇数設定示唆、緑が偶数設定示唆、赤が高設定示唆、そして虹が設定6確定パターンとなっています。

 

また、リセット後1回目のボーナスとそれ以外のボーナスで役モノ色の選択率が異なり、リセット後1回目のボーナス後のみ紫が選択される可能性あり。

そのほかにも、リセット後1回目のボーナス後に役モノが赤色に光れば高設定期待度大幅アップ、といった特徴がありますね。

貞伽RT中BIG成立時の下パネルの光り方
光り方示唆内容
点灯低設定示唆
点滅高設定示唆
消灯設定5以上確定
光り方の振り分け
設定点灯点滅消灯
197.5%2.5%
285.0%15.0%
550.0%25.0%25.0%
6

貞伽RT後にBIGを引いた場合、下パネルの光り方で設定を示唆します。

高設定は点灯とそれ以外(点滅or消灯)の選択率が1:1になっており、消灯ならその時点で設定5以上確定

ボーナス終了時の役モノの色とあわせて覚えておきましょう。

通常時

スロット「貞子VS伽椰子」の通常時は、違和感演出をメインにしてボーナスを告知します。

また、リングの筐体が使われており、貞子の手役モノが落下すればボーナス確定。

・・・ちなみに、液晶が搭載されていないことから、貞子はともかく伽倻子がどう絡んでくるのか未知数ですね(爆)

演出モード

・通常時は4つの演出モードを自由に選択できる。

モード特徴
通常バランスタイプ
貞子チャンス告知タイプ
伽椰子完全告知タイプ
霊感違和感演出タイプ
モード選択手順
モード手順
通常上ボタンを3回プッシュ
(井戸ランプ白で設定完了)
貞子左ボタンを3回プッシュ
(井戸ランプ青で設定完了)
伽椰子右ボタンを3回プッシュ
(井戸ランプ赤で設定完了)
霊感下ボタンを3回プッシュ
(井戸ランプ紫で設定完了)

遅れ演出

・遅れ演出は通常or貞子モード選択時のみ発生する可能性あり。
・基本的にはチェリーが成立するが、弱チェリー以外が成立すればボーナス確定。

邪眼チャレンジ

・邪眼チャレンジはリール右側にある邪眼ランプが点灯する演出のことで、全リールにBARを狙って揃えばBIG濃厚。
※BARが揃わなくてもボーナス当選の可能性あり。

ボーナス

新台の貞子VS伽椰子のボーナスは、BIGボーナスとREGボーナスの2つのみ。

BIG中には技術介入要素が盛り込まれており、技術介入に成功することで最大枚数を獲得することができます。

また、ボーナス終了後にはRTに突入しますが、BIG後は最大20G継続するのに対して、RT後の継続ゲーム数は最大でも3Gと冷遇されています。

BIGボーナス

・最大311枚獲得可能のボーナス。
・消化中には技術介入要素あり。
※BIG中の技術介入手順は「打ち方」を参照。
・BIG後は最大20GのRT「バーサスチャレンジ」に突入。

REGボーナス

・最大52枚獲得可能のボーナス。
・REG後は最大3GのRT「バーサスチャレンジ」に突入。

ボーナス抽選

・小役とボーナスの重複確率には設定差がなく、単独ボーナス確率にのみ設定差あり。

同時成立期待度
小役設定
1~6
リプレイ0.3%
確定ベル100%
弱チェリー3.8%
強チェリー100%
中段チェリー
スイカ1.0%
邪眼15枚役13.0%
1枚役A100%
1枚役B
単独ボーナス
設定赤BIG青BIGREG
11/2621.41/2730.71/862.3
21/2427.31/2520.61/840.2
51/2114.11/2259.91/728.2
61/1771.21/1820.41/655.4

収録曲

  • Black Rain
  • You can’t stop
  • broken bird

RT

スロット「貞子VS伽椰子」のRTは、ハナビのような2段階RTを採用しています。

まずは「バーサスチャレンジ」に突入し、バーサスチャレンジ中に移行リプレイが入賞すれば2段階目のRTに移行。

 

また、貞子VS伽椰子には3種類の移行リプレイが存在し、種類によって移行するRT(ゲーム数)が異なります。

成立中の移行リプレイはサイドランプで判別できるだけでなく、意図的に突入(移行)リプレイ入賞を避けることができます。

このことから、BIG後はバーサスチャレンジをできるだけ引き伸ばして、40G以上のRT突入も狙っていける状況に持ち込めるのが理想的ですね。
(※2段階目のRTの継続ゲーム数は20Gor40Gor77G)

バーサスチャレンジ

・BIG終了後は最大20G、REG終了後は最大3G継続するRT。
・RT1中に移行リプレイが入賞することでへ2段階目のRTへ移行。
・リプレイハズシを実践することで、2段階目のRTへの移行を引き伸ばすことができる。
・貞子VS伽椰子には3種類の移行リプレイがあり、種類によって移行するRTが異なる。
※成立中の移行リプレイはサイドランプで判別可能。

伽椰子RT/貞子RT/貞伽椰RT

・バーサスチャレンジ中に移行リプレイが入賞することで移行する、2段階目のRT。

RT種別別のゲーム数
RT種別ゲーム数
伽椰子RT20G
貞子RT40G
貞伽椰RT77G

フリーズ

※調査中