スロット ドリームクルーン500 解析©OIZUMI

スロット「ドリームクルーン500」を楽しんで勝つための解析攻略情報を徹底網羅!

オーイズミのスロット新台は、パチンコの一発台のゲーム性を盛り込んだA+ARTタイプ!!

液晶の実写クルーンがV入賞すれば大当たりというシンプルな演出に加えて、大当たりすれば500枚以上の出玉を獲得することができます。

更新情報

【4/11】演出別のクルーン発生期待度や、小役別のボーナス重複確率を追記。
【3/21】順押し消化、中押し消化時の小役確率を追記。
【3/17】天井情報や打ち方解説、設定判別要素を追記。

スペック解析

基本情報
導入日2018年3月19日
タイプA+ART
ART純増
(ボーナス込)
約2.0枚/G
コイン持ち
(設定1)
50枚あたり約31G
コイン単価
(設定1)
約3.4円
設定クルーン発生率大当たり期待度
11/941/5.2
21/1041/4.7
31/941/5.2
41/1051/4.6
51/931/5.2
61/981/5.0
設定大当たり確率機械割
11/489.197.8%
298.5%
3100.4%
4103.2%
5105.1%
6108.0%

実写クルーンを搭載したA+ARTタイプ

ドリームクルーン500は実写クルーンを搭載したA+ARTタイプで、見た目上はV入賞すれば大当たりというシンプルなゲーム性になっています。

クルーン発生率は奇数設定が優遇されているのに対し、大当たり期待度は偶数設定が優遇されており、コイン単価は約3.4円(設定1)と中々に荒めです。

そして、機械割に関しては97.8~108.0%と高設定域が辛め。

設定狙いで打つなら、設定6をピンポイントで狙っていくことになります。

 

公式サイト・PV動画

 

公式サイト:ドリームクルーン500

天井恩恵

スロット「ドリームクルーン」には天井が搭載されてません。

天井狙い目とやめどき

天井狙い目天井非搭載のため狙い目はなし
やめどき有利区間・前兆中以外ならいつやめても問題なし
※有利区間告知ランプはクレジットのセグ内の右下ドット

 

ゾーン振り分け

ドリームクルーンは天井も含めて、規定ゲーム数(ゾーン)到達時に何かしらの抽選が行われるといった仕様はありません。

朝一リセット挙動

項目設定変更電源OFF/ON
有利区間非有利区間から引き継ぐ

 

打ち方

スロット ドリームクルーン 打ち方

・ドリームクルーンは最近の台と同じように変則打ちでのペナルティはないものの、消化手順によって小役確率が変動する点に注意。
・獲得枚数アップなどの技術介入要素自体は特になし。

通常時の打ち方(順押し手順)

1.左リール上段付近に青7狙い。

2.中段チェリー停止時は、中・右リールは適当打ち。
⇒中段チェリー

3.角チェリー停止時は、中・右リールも青7を目安にしてチェリーを狙う。
⇒2連チェリー・・・弱チェリー
⇒3連チェリー・・・強チェリー
⇒中リールに「青7/スイカ/青7」停止・・・強チェリー

4.上段スイカ停止時は右リールを適当打ちし、中リールには青7を目安にしてスイカを狙う。
⇒スイカ揃い・・・弱or強スイカ
⇒右上がりベル揃い・・・チャンスベル

5.下段青7停止時は、中・右リールは適当打ちでOK。
⇒中段「ベル・ベル・リプ」・・・チャンスリプレイ

オーソドックスな手順

オーソドックスな順押し手順は、左リール上段付近に青7を狙いつつ、停止形に応じて中・右リールを打ち分けます。

角チェリー停止時には、中&右リールも青7を目安にしてチェリーを狙うことで強弱判別をすることができます。

なお、スイカに関しては順押し手順では強弱を見抜くことができません。

 

通常時の打ち方(中押し手順)

1.中リール上段付近にスイカ下の青7狙い。

2.中段ベル停止時は、左・右リールは適当打ち。
⇒右上がりor右下がりベル揃い・・・チャンスベル
⇒中段「ベル・ベル・リプレイ」・・・チャンスリプレイ

3.中段スイカ停止時は右リールを適当打ちし、左リール上段付近に青7狙い。
⇒右下がりスイカ揃い・・・弱スイカ
⇒中段スイカ揃い・・・強スイカ

4.中段リプレイ停止時は、左・右リールは適当打ち。

効率的なのは中押し手順

順押し手順とは違って、中押し手順は常に右リールは適当打ちで消化できるというメリットあり。

また、スイカの強弱判別もできますが、チェリーフラグを見抜くことができません。

 

ボーナス中の打ち方

・押し順ナビ発生時には指示に従い、それ以外の場合は通常時と同じ打ち方でレア小役をフォローする。

 

小役確率

スロット「ドリームクルーン」は打ち方手順によって一部の小役確率が変動しますが、ベル確率はどの手順でも変わりません。

分母が小さくサンプルを集めやすい要素なので、漏れなくコツコツとカウントしていきましょう!

レア小役に関しては、チャンスリプレイを除いた全小役を合算してカウントしていくことで、順押し手順で消化しても中押し手順で消化しても設定判別要素として活用できます。

通常時(順押し消化)

小役設定
1~6
強チェリー1/3449.3
中段チェリー1/16384.0
スイカ1/57.5
設定押し順ベル
+共通ベル
チャンスベル弱チェリー
11/4.481/376.61/84.5
21/4.431/360.11/76.6
31/4.351/309.11/71.6
41/4.261/260.11/63.9
51/4.101/250.41/60.9
61/4.051/224.41/60.4

通常時(中押し消化)

小役設定
1~6
強チェリー1/3449.3
中段チェリー1/16384.0
強スイカ1/199.8
設定押し順ベル
+共通ベル
チャンスベル弱スイカ
11/4.481/376.61/41.3
21/4.431/360.11/39.3
31/4.351/309.11/37.9
41/4.261/260.11/35.7
51/4.101/250.41/34.7
61/4.051/224.41/34.5

設定判別要素

ドリームクルーンには、ART終了後に設定示唆パターンが盛り込まれています。

まず注目すべきは終了直後の下パネルで、高設定ほどパネルフラッシュが発生しやすいといった特徴があるほか、高速点滅パターンなら設定3以上が確定!

また、ARTが終了してから96G以内に消灯するサーカスランプの色でも設定を示唆しており、レインボーなら設定6確定となります!!

設定差のある小役確率

設定押し順ベル
+共通ベル
チャンリプを除いた
レア小役合算
11/4.481/31.0
21/4.431/29.8
31/4.351/28.6
41/4.261/26.9
51/4.101/26.2
61/4.051/25.8

「押し順ベル+共通ベル」合算確率は設定1と設定6で約1.1倍の差あり。

サンプルを集めやすい要素なので、設定狙いの際には必ずカウントしておきましょう。

それと、ドリームクルーンは押し順によってレア小役確率が異なりますが、合算確率自体は変わりません。

そのため、設定判別をする上では最初からレア小役を合算してカウントしていった方がいいでしょう。
(※チャンスリプレイは除外)

ボーナス中の赤文字演出発生率

設定発生率
11/100.0
21/95.2
31/90.9
41/87.0
51/83.3
61/80.0

ドリームクルーンのボーナス中には液晶左側に文字が出現しますが、高設定ほど赤文字が出現しやすいといった特徴あり。

設定差のある小役確率と合わせて、しっかりとチェックしていきましょう。

ART終了後の下パネルフラッシュ

フラッシュ示唆内容
なし基本パターン
あり高設定示唆(弱)
高速点滅設定3以上確定+
高設定示唆(強)
下パネルフラッシュ発生率
設定なしあり高速点滅
160.0%40.0%
256.0%44.0%
351.5%48.0%0.5%
447.0%52.0%1.0%
552.0%46.0%2.0%
637.0%60.0%3.0%

ドリームクルーンは高設定になるにつれて、ART終了後に下パネルフラッシュが発生しやすいといった特徴あり。

さらに高速点滅パターンなら、その時点で設定3以上が確定

また、高速点滅パターンは設定3と設定6では6倍もの差が付けられており、複数回確認できれば高設定の期待が高まります(^^)

サーカスランプ消灯時の点滅パターン

示唆内容
奇数設定示唆(弱)
低設定示唆
設定2以上示唆(弱)
高設定示唆(弱)
高設定示唆(強)
レインボー設定6確定
サーカスランプ色振り分け
設定
138.3%31.6%15.6%
227.3%31.9%25.3%
333.2%25.3%25.8%
425.3%23.2%26.2%
531.3%14.6%25.9%
626.2%26.3%
設定レインボー
114.4%0.2%
215.1%0.4%
315.4%
422.3%3.1%
522.0%6.2%
622.4%6.8%3.7%

リール右下のサーカスランプはARTが終了してから96G以内に消灯しますが、消灯時の点滅パターンで設定を示唆しています。

覚えておきたいのは緑色が弱めの高設定示唆、赤色が強めの高設定示唆となる点。

そして、レインボーは設定6確定となる点です!

発生率も現実的なので、絶対にチェックしておきましょう。

通常時

ドリームクルーン500はパチンコの一発台とスロットを融合させたゲーム性となっており、液晶の実写クルーンがV入賞すれば大当たりとなり、500枚以上の出玉を獲得することができます。

一発台のパチンコと言えば天下一閃が大ヒットしていますが、果たして実写クルーンの玉の動きを楽しむスロット台がウケるのかどうか・・・?

ただ、ボーナスやARTの抽選は一般的なスロットと同じだと思いますが(笑)

クルーンについて

・クルーン発生率は約1/100となっており、成立役によって期待度が異なる。
・クルーン発生時の大当たり期待度は約1/5。

小役別のクルーン発生期待度
(順押し時)
設定チャンスベルスイカ弱チェリー
192.5%27.5%16.6%
292.4%24.2%11.8%
389.5%24.8%12.5%
491.9%21.5%7.7%
587.8%22.0%8.4%
683.4%21.5%7.6%
設定強チェリー中段チェリー
1~6100%100%
小役別のクルーン発生期待度
(中押し時)
設定チャンスベル弱スイカ強スイカ
192.5%16.3%55.8%
292.4%11.7%
389.5%12.4%
491.9%7.7%
587.8%8.4%
683.4%7.6%
設定強チェリー中段チェリー
1~6100%100%

演出法則

・液晶のドット部分には様々な演出が発生し、演出によってクルーン発生期待度を示唆。
⇒それぞれの演出にはチャンスアップパターンもあり。

演出別のクルーン発生期待度
演出通常チャンスアップ
競争0.9%22.1%
天気14.7%63.4%
季節1.7%24.2%
流星2.6%93.1%
文字7.1%70.3%
ルーレット4.7%50.1%
13.9%28.8%
ろうそく14.7%58.0%
じゃんけん15.0%50.0%
爆弾18.6%54.3%
カットイン65.4%71.2%
演出別のチャンスアップパターン
演出チャンスアップ
競争ロケットが競争
天気両側に太陽
季節「春」で「からの」出現
流星流星群が発生
文字「熱」が出現
ルーレット○が半分以上
「ク」から表示
ろうそくボタン停止毎「小→中→消える」
じゃんけんあいこが発生
爆弾導火線があと少しのところで消える
カットイン「わくわく」「おねがい」出現

 

ボーナス

ドリームクルーン500のボーナスは、約276枚獲得できる純ボーナスです。

ボーナスにARTがセットで付いてくるのが特徴で、初当たりを引けば必ず500枚以上の出玉を獲得することができます。

なお、ボーナスフラグは赤7と青7の2種類があり、青7揃いの方がART継続期待度が高くなっています。

同時当選期待度

リプレイ+ボーナス
設定赤7BIG青7BIG
1~61/16384.01/4096.0
共通ベル+ボーナス
設定赤7BIG青7BIG
1~61/10922.7
チャンスベル+ボーナス
設定赤7BIG青7BIG
1~61/2184.51/16384.0
弱チェリー+ボーナス
設定赤7BIG青7BIG
1~61/5461.31/16384.0
強チェリー+ボーナス
設定赤7BIG青7BIG
1~61/16384.0
弱スイカ+ボーナス
設定赤7BIG青7BIG
1~61/5461.3
強スイカ+ボーナス
設定赤7BIG青7BIG
1~61/1927.51/16384.0

 

ART

ドリームクルーン500のARTは1R約100枚の差枚数管理タイプとなっており、純増枚数は約2.0枚/G(ボーナス込み)。

初当たり時の最大ラウンド数は15Rで、ラウンド中にV入賞すれば3~10Rを上乗せしていくといったゲーム性になっています。

また、ドリームクルーン500というタイトルが示すように、初当たり時には最低でも500枚以上の出玉を獲得でき、2,000枚突破率は約75%以上とのことです。

 

フリーズ

確率青7揃い時の約1/36
恩恵7Ror10Ror15R大当たり確定
(※振り分けは均等)

ドリームクルーン500のフリーズは青7揃いを契機に発生します。

フリーズが発生すればART当選が確定し、ラウンド振り分けは「7R:10R:15R=1:1:1」。

フリーズ期待値は約1,700枚と言われています。