新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

ニューシオサイ30 設定判別・打ち方・解析攻略まとめ

[PR]元ホール店員が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴

スロット ニューシオサイ 解析©パイオニア

スロット「ニューシオサイ-30」を楽しんで勝つための解析攻略情報を徹底網羅!

パイオニアのシオサイシリーズの新台は、RTを搭載した完全告知のノーマルタイプ!!

ボーナス中には技術介入要素が盛り込まれており、技術介入に成功することで設定示唆演出が発生するようです。

<--スポンサード リンク-->

更新情報

【3/7】小役確率解析値、設定確定パターンを多数追記。
【3/3】設定判別要素に設定示唆演出を追記。
【1/18】PV動画、打ち方解説を追記。

スペック解析

基本情報
導入日 2018年3月5日
タイプ A+RT
コイン持ち
(設定1)
50枚あたり約35G
コイン単価
(設定1)
約2.3円
設定 BIG REG
1 1/319.7 1/399.6
2 1/309.1 1/387.8
3 1/303.4 1/381.0
4 1/295.2 1/348.6
5 1/278.9 1/321.3
6 1/262.1 1/292.6
設定 ボーナス合成 機械割
1 1/177.6 97.6%
2 1/172.0 98.8%
3 1/168.9 99.9%
4 1/159.8 102.1%
5 1/149.3 104.5%
6 1/138.3 109.7%

RTを搭載したAタイプ

新台の「ニューシオサイ-30」は、RTを搭載したシンプルなAタイプ。

過去シリーズではボーナス後にARTが付いてくるタイプや、天井RTが搭載されているタイプがありましたが、ニューシオサイ-30ではBIG後に30G固定のRTに突入します。

また、ボーナス中に技術介入要素が盛り込まれているのも過去シリーズを踏襲していますが、高設定域の機械割がハナハナシリーズよりも辛めな点もしっかりと踏襲(爆)

設定狙いで打つのであれば、設定6をピンポイントで狙っていくことになりますね。

 

公式サイト・PV動画

 

公式サイト:ニューシオサイ-30 公式サイト

天井恩恵

ニューシオサイ-30には天井が搭載されてません。

天井狙い目とやめどき

天井狙い目 天井非搭載のため狙い目はなし
やめどき 通常時かつボーナスが成立していなければいつやめてもOK

 

ゾーン振り分け

ニューシオサイは天井非搭載のA+RTタイプで、規定ゲーム数到達時に何かしらの抽選が行われるといった仕様は一切ありません。

そのため、期待値稼働で打つなら設定狙い一択ということになりますね。

 

打ち方

スロット ニューシオサイ 打ち方

・効率重視なら通常時は左リールにチェリーを狙い、中&右リールは適当打ちで消化するのがオススメ。
・ボーナス中には技術介入要素が盛り込まれており、技術介入成功で最大枚数獲得可能&設定示唆演出が発生。

通常時の打ち方

1.左リール上段付近に赤7狙い。

2.中段チェリー停止時は、中・右リールにも赤7を狙う。
⇒払い出しあり・・・チェリー+BIG
⇒払い出しなし・・・単独BIG

3.角チェリー停止時は、中・右リールは適当打ち。
⇒チェリー(or単独ボーナス)

4.上段ベル停止時は、中・右リール枠内にBARを狙う。
⇒右上がりリプレイ・・・斜めリプレイ
⇒ベル揃い・・・ベル
⇒「ベル・BAR・BAR」・・・1枚役

5.下段VAR停止時は、中・右リールは適当打ち。
⇒スイカ揃い・・・スイカ

小役狙いは簡単!

スロット「ニューシオサイ-30」の小役狙い手順はシンプルで、基本的には左リールにアバウトにチェリーを狙って消化していくのが最も効率的です。

上段にベルがスベってきた場合は中&右リールにBARを狙うことで、1枚役とベルをフォローすることができますが、ベルこぼしは中段スイカ揃いで5枚の払い出しを得られるため、枚数的にはほとんど損をすることがありません。

そのほか、左リール上段にハイビスカスがスベってきたり、中段チェリーはシオサイ目(リーチ目)となっており、そのほかにも様々なシオサイ目が出現する可能性があります。

 

ボーナス中の打ち方

【BIG中】
1.1度だけ逆押しで右→中リールと適当打ちし、左リール上段に青BARをビタ押し。
⇒技術介入成功で7枚役を獲得

2.それ以降は順押し適当打ちで消化。

【REG中】
1.1度だけ逆押しで右→中リールと適当打ちし、左リール枠内に青BAR狙い。
⇒技術介入成功で7枚役を獲得

2.それ以降は順押し適当打ちで消化。

各ボーナス中には技術介入要素あり

ニューシオサイ-30のボーナス中には技術介入要素あり。

BIGに関してはビタ押しが必要ですが、ボーナス中には何度でも挑戦することができるため、成功するまで何度も実践してみてください。

技術介入成功で最大枚数を獲得することができ、さらに成功時に点灯するリール左のカモメランプの色で設定を示唆しています!

 

小役確率

通常時に出現率に設定差が付けられている小役は、スイカとスベリベルです。

スベリベルは小役狙い手順で消化しないとスイカとの見分けが付かないことがあるため、しっかりと目押しをしていきましょう。

スイカは確率は分母が小さくサンプルを集めやすいことを活かして、コツコツとカウントしておきたいところですね。

また、RT中のハズレ確率にも設定差が付けられているほか、BIG中のハズレ確率には特大設定差が付けられています!

通常時

小役 設定
1~6
斜めリプレイ 1/256
チェリー 1/15
設定 スイカ スベリベル
1 1/5.80 1/160
2 1/5.77 1/153
3 1/5.73 1/146
4 1/5.68 1/142
5 1/5.65 1/133
6 1/5.61 1/128

RT中

設定 ハズレ
1 1/10.0
2 1/9.8
3 1/9.6
4 1/9.4
5 1/9.2
6 1/8.9

BIG中

設定 ハズレ
1~3 1/8192
4 1/2048
5 1/1024
6 1/512

設定判別要素

スロット「ニューシオサイ-30」は、ボーナス中の技術介入成功時にカモメランプがレインボーに光れば設定4以上確定

また、BIG中のハズレ確率にも大きな設定差が付けられており、複数回確認できれば高設定濃厚と言ってしまっていいでしょう。

そのほか、エンディングフラッシュがREG後に発生すると設定2以上確定、ファンファーレフリーズ中にハイビスカスが揃えば設定4以上確定といった法則もあります。

ボーナス確率

設定 BIG REG 合算
1 1/319.7 1/399.6 1/177.6
2 1/309.1 1/387.8 1/172.0
3 1/303.4 1/381.0 1/168.9
4 1/295.2 1/348.6 1/159.8
5 1/278.9 1/321.3 1/149.3
6 1/262.1 1/292.6 1/138.3

ニューシオサイはBIG確率よりもREG確率にやや大きめの設定差あり。

ただ、極端な設定差が付けられているワケではないので、合算確率から総合的に設定を絞り込んでいっても問題ないでしょう。

設定差のある小役確率

通常時
設定 スイカ スベリベル
1 1/5.80 1/160
2 1/5.77 1/153
3 1/5.73 1/146
4 1/5.68 1/142
5 1/5.65 1/133
6 1/5.61 1/128
RT中
設定 ハズレ
1 1/10.0
2 1/9.8
3 1/9.6
4 1/9.4
5 1/9.2
6 1/8.9
BIG中
設定 ハズレ
1~3 1/8192
4 1/2048
5 1/1024
6 1/512

通常時はスイカとスベリベル、RT中はハズレ確率をチェックしておきましょう。

いずれの小役に関しても、高設定になるにつれて出現率がアップしていきます。

ただ、適当打ちで消化した場合はスイカとスベリベルの見分けが付かない可能性があるので、通常時とRT中は小役狙い(チェリー)狙い手順で消化してくださいね。

そして、BIG中のハズレ確率は低設定と設定6で16倍もの差が付けられており、もし複数回確認できれば高設定濃厚と言ってしまっていいくらいです。

RT中の紫ナビ+チェリー

設定 出現率
1・3・5 1/40
2・4・6 1/26

RT中の紫ナビ+チェリーは、奇数設定より偶数設定の方が発生率が高くなっています。
(紫ナビ=リール間のLEDが紫に点灯すること)

ある程度サンプルを集めることができれば、奇数or偶数設定判別要素として活用できますね。

ボーナス中のカモメランプ

技術介入成功 示唆内容
カモメランプレインボー BIG中:設定4以上確定
REG中:設定5以上確定
技術介入成功時のレインボー発生率
設定 BIG中 REG中
1~3
4 1/256
5 1/128 1/256
6 1/64 1/128

BIG・REG中の技術介入成功時はカモメランプに注目!

BIG中にカモメランプがレインボーに点滅すれば設定4以上確定、REG中にカモメランプがレインボーに点滅すれば設定5以上確定となります!

また、高設定ほどレインボー点滅しやすいといった特徴があるため、何度もレインボー点滅を確認できれば設定6に期待できますね(^^)

エンディングフラッシュ

パターン 示唆内容
RT後に発生 高設定示唆
REG後に発生 設定2以上確定かつ高設定期待度アップ
エンディングフラッシュ発生率
設定 RT後 REG後
1 1/10.0
2 1/9.5 1/512
3 1/9.0
4 1/8.0 1/128
5 1/7.0 1/64
6 1/6.0 1/32

RT終了時とREG終了時には上下パネルが点滅するエンディングフラッシュが発生することがありますが、どちらも高設定ほど発生率が高くなっています。

RT終了時には設定1でも約1/10と発生しやすくなっていますが、REG後は発生時点で設定2以上が確定し、さらに設定2と設定6では発生率に16倍もの差が付けられています。

その他の設定示唆パターンとあわせて、必ずチェックしておきましょう!

ファンファーレフリーズ中のハイビスカス揃い

演出 示唆内容
フリーズ時にハイビスカス揃い 設定4以上確定
フリーズ+ハイビスカス揃い発生率
設定 発生率
1~3
4~6 1/128

ニューシオサイ-30は単独BIG成立時の一部でファンファーレフリーズが発生。

そして、フリーズ後には7揃いかハイビスカス揃いが自動停止しますが、ハイビスカスが揃うのは設定4以上のみ

設定配分にメリハリの付いたホールであれば、設定狙いで粘ってみる根拠になりますね。

パチスロ解析攻略・機種別一覧

通常時

ニューシオサイ-30は完全告知のノーマルタイプということで、通常時には特にこれといった小難しい要素はありません。

ファンファーレフリーズやリール間LED演出、バウンドストップといった演出が盛り込まれており、ハナハナとは一味違った演出を楽しめますね(^^)

告知演出

・ニューシオサイのボーナス告知割合は、「単独当選成立ゲームレバーON時:次ゲーム告知=1:1」。
⇒次ゲーム告知の内訳は「単独当選次ゲーム=約20%」、「リプレイとの同時当選次ゲームレバーON時=約15%」、「チェリーとの同時当選次ゲームレバーON時=約15%」。
★バウンドストップが発生すればボーナス濃厚。

 

ボーナス

新台のスロット「ニューシオサイ-30」のボーナスはBIGとREGのみ。

どちらのボーナスに関しても技術介入要素が盛り込まれており、成功することで最大枚数を獲得することができます。

また、それだけでなく、技術介入成功時にはリール左のカモメランプの色で設定を示唆しています。

BIGボーナス

・最大304枚獲得可能のボーナス。
※消化中には技術介入要素あり。
・BIG後は30G固定のRTに突入する。

REGボーナス

・最大106枚獲得可能のボーナス。
※消化中には技術介入要素あり。

 

RT

ニューシオサイ-30はBIG後には30G固定のRTに必ず突入します。

RTということで出玉の増加にはほぼ期待ができないため、あくまで出玉を減らさずにボーナス連チャンを狙う繋ぎとしての役割です。

なお、RT中にハイビスカスが消えればボーナス確定となります(^^)

シオサイゲーム

・BIG終了後に移行する30GのRT。
※RTは30G消化、もしくはボーナス当選で終了する。

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット スーパービンゴリバース(新台)総まとめ改 スロット ハクション大魔王(新台)総まとめ スロット アレックス(新台)総まとめ スロット 南国育ち 蝶々ver(新台)総まとめ スロット ベントーAタイプ 総まとめ スロット ロックマン 総まとめ スロット 闇芝居 総まとめ スロット HEY!鏡 総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ