新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

2018年・スロット新台情報

[PR]元ホール店員が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴

2018年導入予定スロット新台情報

2018年に導入予定のスロット新台情報です。

スペック・導入スケジュールといった情報すれば、その都度最新の情報に更新していきます。

最新台の情報をいち早くキャッチしたいという場合には、ぜひ参考にしてみてくださいね!

<--スポンサード リンク-->

更新情報

【6/28】新台情報を最新版に書き換え。

7月導入予定の新台情報

7月2日

ハイスクールオブザデッド2

スロット ハイスクールオブザデッド 解析(新台)©佐藤大輔・佐藤ショウジ/KADOKAWA/H.O.T.D.製作委員会 ©YAMASA

メーカー 山佐
導入台数 ※調査中
タイプ A+ART
ART純増 約1.3枚/G
コイン持ち 50枚あたり約34G
ボーナス合算 1/251~1/209
ART初当たり 1/563~1/562
機械割 97.6~109.2%

スロット「ハイスクールオブザデッド」の第2弾は山佐からのリリース!

有利区間完走にこだわった限界突破A+ARTタイプということで、3つの強力な上乗せ特化ゾーンを搭載しているのが特徴です。

 

最強上乗せ特化ゾーンである【毒島無双】の平均上乗せゲーム数は約810Gということで、現行機種では最高クラスの上乗せ性能と言ってしまっていいでしょう。

有利区間1500GでARTが強制終了するなら、いっそのことトコトン上乗せ性能を強化してやろうという、5.9号機というスペックだからこその発想と言えますね(笑)

★詳細解説はこちら⇒ハイスクールオブザデッド2【スロット新台】設定判別・フリーズ・解析攻略まとめ

美ラメキ

スロット 美ラメキ(ちゅらめき)解析©藤商事

メーカー 藤商事
導入台数 約5,000台
タイプ ART
ART純増 約2.0枚/G
コイン持ち 50枚あたり約47G
ART確率 1/373~1/273
機械割 97.2~112.5%

藤商事の美ラメキ(ちゅらめき)は、沖ドキタイプのART機。

1G連や32G以内の連チャンゾーンという特有のゲーム性が踏襲されており、強力なロングフリーズも搭載されています。

 

初当たり時のBIG:REG比率は「25:75」ということで、連チャン状態に持ち込まないとかなり厳しい展開に・・・

実際、約3.2円というコイン単価(設定1)が出玉の波の荒さを物語っています(苦笑)

★詳細解説はこちら⇒美ラメキ【スロット】天井・設定判別・フリーズ・解析攻略まとめ

トータルイクリプスAタイプ

スロット トータルイクリプス LVMAXRT©吉宗鋼紀・ixtl/テレビ東京/オルタネイティブ第一計画 ©SANKYO

メーカー SANKYO
導入台数 約3,000台
タイプ A+RT
コイン持ち 50枚あたり約32G
ボーナス合成 1/184~1/119
機械割 96.9~110.0%

スロット「トータルイクリプス」が、ロングRTを搭載したA+RTになって再登場!

A+RT機ながらコイン単価は約3.0円(設定1)となっており、少ない試行では出玉が荒れやすい新台です。

 

有利区間の影響を受けずに一撃性能を高めるには、A+RTタイプというスペックでRTゲーム数を引き伸ばすしかありませんが、まさかここまで尖らせてくるとは思っていませんでした(笑)

なお、CB確率に露骨な設定差が付けられているので、比較的早い段階で設定の高低を絞り込むことはできそうです。

★詳細解説はこちら⇒トータルイクリプスAタイプ【スロット新台解析】設定判別・打ち方攻略

エルインカ-黄金文明-

メーカー KPE
導入台数 約2,500台
タイプ A+RT
コイン持ち 50枚あたり約33G
ボーナス合成 1/200~1/184
機械割 攻略なし:97.1~110.2%
フル攻略:100.5~114.5%

新台のエルインカはREGを搭載していないA+RTタイプで、RT突入の鍵を握るのはスーパーBIG中の技術介入です。

フル攻略時の機械割は設定1でも100%を超え、設定6であれば機械割は114.5%!

フル攻略できれば甘いというイメージが先行することで、新台導入時にはそれなりの人気台になるかもしれません。

★詳細解説はこちら⇒エルインカ【スロット解析】設定判別・打ち方攻略まとめ

ダンガンロンパ

スロット ダンガンロンパ 解析©Spike Chunsoft Co.,Ltd.All Rights Reserved. ©Spike Chunsoft Co.,Ltd./希望ヶ峰学園映像部 All Rights Reserved. ©ニューギン

メーカー ニューギン
導入台数 約2,000台
タイプ A+ART
ART純増 約1.0枚/G
コイン持ち ※調査中
ボーナス合算 1/160~1/133
ART初当たり 1/563~1/562
機械割 ※調査中

人気アドベンチャーゲーム「ダンガンロンパ」とのタイアップスロットは、純ボーナスとARTで出玉を増やすA+ARTスペックとなっています。

ART純増枚数は約1.0枚/Gと抑えられていますが、ART継続率は「50%or70%or90%」の均等振り分け!!

セット数上乗せ特化ゾーン【モノクマッシュ】も搭載しており、90%ループのARTと特化ゾーンが上手く噛み合えば、1度の初当たりから一気に有利区間完走を目指せます(^^)

★詳細解説はこちら⇒ダンガンロンパ【スロット】設定判別・打ち方・解析攻略まとめ

7月9日

あっぱれプレゴ

スロット あっぱれプレゴ 解析©JPS

メーカー JPS
導入台数 ※調査中
タイプ Aタイプ
コイン持ち 50枚あたり約33G
ボーナス合成 1/173~1/1/126
機械割 97.7~110.4%

「あっぱれ!プレゴ」はJPSのオリスロシリーズで、スペック自体は兄弟機のモナスロと変わりません。

ゲーム性もリール左下の告知ランプが点灯すればボーナス確定と、ジャグラーに酷似したAタイプですね。

プレゴでしか打つことができませんが、ジャグラーとの告知演出の違いを楽しむ意味で触ってみたい新台ではあります(笑)

★詳細解説はこちら⇒あっぱれプレゴ【スロット】設定判別・打ち方・解析攻略まとめ

7月17日

雷雷弁慶

メーカー ボーダー
導入台数 ※調査中
タイプ Aタイプ
コイン持ち 50枚あたり約33G
ボーナス合成 1/148~1/120
機械割 97.6~110.3%

インパクト大の顔目で話題になった鬼若弁慶の兄弟機が登場!

リール配列に若干の変更点はあるものの、ボーナス確率や機械割は完全に鬼若弁慶を踏襲してます。

今回も導入台数が少なく打てるホールが限られてきますね(苦笑)

★詳細解説はこちら⇒雷雷弁慶【スロット新台】設定判別・打ち方・解析攻略まとめ

7月23日

クレアの秘宝伝3

メーカー 大都技研
導入台数 約10,000台
タイプ A+RT
コイン持ち 50枚あたり約35G
ボーナス合成 1/149~1/1297
機械割 980~108.4%

大都技研の人気コンテンツである、クレアの秘宝伝の第3弾が7月にリリース予定!

クレアの秘宝伝3は4段階設定のA+RTタイプとなっており、前作のゲーム性が踏襲されています。

直近の新台で言えば、番長Aとスペックがよく似ています。

★詳細解説はこちら⇒クレアの秘宝伝3【スロット新台】設定判別・打ち方・解析攻略まとめ

ハイスクールフリート

スロット ハイスクールフリート 解析©AAS/海上安全整備局 ©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

メーカー ユニバーサルエンターテイメント
導入台数 約5,000台
タイプ A+ART
ART純増 約1.0枚/G
コイン持ち 50枚あたり約36G
ボーナス合成 1/200~1/153
ART初当たり 1/540~1/482
機械割 97.6~108.2%

アニメ「ハイスクールフリート」とのタイアップスロットは、自力バトルタイプのART継続システムを搭載したA+ARTタイプ。

獲得した味方艦によって攻撃ラインが変動するといったユニークなシステムを採用しており、純増が抑えられいる分ARTが継続しやすくなっていると思われます。

また、5.9号機には珍しく天井を搭載しており、有利区間が一定ゲーム数継続することでARTに突入します。

★詳細解説はこちら⇒ハイスクールフリート【スロット】天井・設定判別・フリーズ・解析まとめ

マイジャグラー4

スロット マイジャグラー4 解析©KITA DENSHI

メーカー 北電子
導入台数 約15,000台
タイプ Aタイプ
コイン持ち ※調査中
ボーナス合成 1/173~1/121
機械割 95.7~109.4%

マイジャグラーの第4弾のスペックは完全に前作を踏襲したものになっており、新たに多数の告知パターンが盛り込まれています。

ジャグラーと言えば設定1の機械割が辛めですが、さすがに設定1を使うホールよりも設定2をメインに使うホールが多いと思います(笑)

設定6の機械割は109.4%と、設定狙いで打つには十分な数値ですね。

★詳細解説はこちら⇒マイジャグラー4【新台】設定判別・打ち方・解析攻略まとめ

ストリートファイター5

メーカー エンターライズ
導入台数 約4,000台
タイプ A+ART
ART純増 約1.5枚/G
コイン持ち 50枚あたり約34G
ボーナス+ART 1/232~1/166
機械割 97.8~10.5%

エンターライズからスロット「ストリートファイター」シリーズの新台がリリース!

ストリートファイター5は純ボーナスとARTでバランスよく出玉を増やすA+ARTタイプで、ARTが継続すればするほど継続率が上がっていくライズアップシステムを採用しているのが最大の特徴です。

実質的な最大継続率は99.99%ということで、有利区間の上限が決められている5.9号機だからこそ実現できた驚異の継続率と言えますね。

★詳細解説はこちら⇒ストリートファイター5【スロット新台】天井・設定判別・フリーズ・解析まとめ

ルパン三世 世界解剖

メーカー オリンピア
導入台数 約10,000台
タイプ
コイン持ち ※調査中
ボーナス合成 1/284~1/233
機械割 97.3~~112.4%

スロット「ルパン三世」シリーズの新台は、5.9号機なのに純増枚数約5枚の特殊スペック?!

純増枚数だけでも話題性十分ですが、払い出し枚数がMAXになることで出玉増加トリガー「ヒーローズロード」に突入という天井、そして設定6の機械割が112.4%と設定狙いで打つには十分な数値ということもあり、5.9号機ながら長期稼働が見込める人気機種になるかもしれません。

 

それにしても、5.9号機でここまで高純増の新台がリリースされるとは全く想像していませんでした(笑)

★詳細解説はこちら⇒ルパン三世 世界解剖【スロット新台】天井・設定判別・フリーズ・解析まとめ

8月導入予定の新台情報

8月6日

ウィザードバリスターズ

スロット ウィザードバリスターズ 解析©ウドパートナーズ ©OIZUMI

メーカー オーイズミ
導入台数 ※調査中
タイプ A+ART
ART純増 約1.4枚/G
コイン持ち 50枚あたり約39G
ボーナス合算 1/248~1/206
ART初当たり 1/348~1/340
機械割 97.8~109.1%

スロット「ウィザードバリスターズ」は純ボーナスとARTを絡めて、バランス良く出玉を増やしていくA+ARTタイプ。

特化ゾーンでは同メーカーの「喰霊-零-」のシステムが踏襲されており、中段チェリーやBARが高確率で成立して上乗せを行います。

また、ART中にREGを引いた場合は必ず特化ゾーン状態となるのも特徴です。

★詳細解説はこちら⇒ウィザードバリスターズ【スロット】天井・設定判別・フリーズ・解析まとめ

クロノス

スロット クロノス 解析©BELLCO

メーカー ベルコ
導入台数 約1,000台
タイプ A+ART
ART純増 約1.7枚/G
コイン持ち 50枚あたり約33G
ボーナス合算 1/102~1/80
ART初当たり 1/369~1/323
機械割 97.0~108.0%

クロノスは純ボーナスとARTで出玉を増やしていくA+ARTタイプで、ボーナス込みのART純増枚数は約2.0枚/Gとなっています。

STタイプのART「クロノスチャンス」と継続率&セット数上乗せタイプのART「クロノスタイム」といった2つのARTを搭載しているのが特徴で、クロノスタイム中にボーナスを引くとパンク抽選が行われます。

今までにもボーナス確率が軽くて獲得枚数が少なく、状況によって役割が違う機種はありましたが、また別の意味でどこでボーナスを引くかが重要な機種ですね。

★詳細解説はこちら⇒クロノス【スロット】天井・設定判別・フリーズ・解析攻略まとめ

花人(はなんちゅ)

スロット 花人(はなんちゅ)©Spiky ©NANASHOW 製造元/株式会社スパイキー 開発/株式会社七匠

メーカー 七匠
導入台数 ※調査中
タイプ A+ART
ART純増 約2.0枚/G
(ボーナス込)
コイン持ち 50枚あたり約30G
ボーナス合算 1/199~1/182
ART初当たり 1/395
機械割 97.8~108.0%

花人(はなんちゅ)は沖スロタイプのA+ART機で、一度の契機で最大33セットのARTをストックできるのがウリ。

ARTは1セット40Gで構成されているため、もし33セットのストックに成功すれば有利区間完走が濃厚となりますね。

コイン単価も約3.3円と荒く、一撃性能に特化したスペックと言えそうです。

★詳細解説はこちら⇒花人-はなんちゅ-【スロット】天井・設定判別・フリーズ・解析まとめ

TOWSER

メーカー JPS
導入台数 ※調査中
タイプ Aタイプ
コイン持ち ※調査中
ボーナス合成 1/173~1/126
機械割 96~108.8%

「TOWSER」は「モナスロ」や「あっぱれプレゴ」と同じオリスロシリーズということで、スペックやゲーム性は同じです。

完全告知のAタイプなので、普段あまりスロットを打たない人にも打ちやすいですし、小役完全奪取を狙う中級者~上級者向けの逆押し手順も楽しめます。

BIG確率よりもREG確率に大きめの差が付けられている点も王道的なスペックと言えますが、導入台数が少なく打てるホールが限られてくるのがネックですね(苦笑)

★詳細解説はこちら⇒TOWSER【スロット】設定判別・打ち方・解析攻略まとめ

ハイカ101

※調査中

8月20日

蒼き鋼のアルペジオ メンタルモデルver.

スロット 蒼き鋼のアルペジオ メンタルモデルver(Aタイプ)解析©Ark Performance/少年画報社・アルペジオパートナーズ ©Sammy 製造元/タイヨーエレック株式会社

メーカー サミー
導入台数 5,000台
タイプ A+RT
コイン持ち 50枚あたり約31G
ボーナス合成 1/162~1/130
機械割 97.9~110.0%(攻略なし)
98.9~111.1%(フル攻略時)

2017年の9月にA+ARTタイプとしてリリースされた蒼き鋼のアルペジオが、GRT(A+RT)タイプになって再登場!

今作でGRTタイプは第3弾となりますが、今までのGRTタイプの中では最もボーナス確率が軽くて遊び打ちしやすくなっているのが特徴です。

フル攻略時の機械割はやや抑えられていますが、それでも設定5以上であれば終日打ち込んでいい数値になっています。

★詳細解説はこちら⇒蒼き鋼のアルペジオAタイプ【スロット新台】設定判別・打ち方・解析まとめ

ルーレットクイーン

スロット ルーレットクイーン 解析©Konami Amusement

メーカー コナミ
導入台数 約1,500台
タイプ A+ART
ART純増 約2.0枚/G
(ボーナス込)
コイン持ち 50枚あたり約31G
ボーナス合算 1/160~1/141
ART初当たり 1/399~1/367
機械割 97.6~110.1%

ルーレットクイーンは名前が示す通り、巨大なルーレット役モノを搭載しているのが特徴的です。

スペックとしては純ボーナスとARTで出玉を増やすA+ARTタイプで、CZやボーナスからART突入を目指すといったシンプルなゲーム性。

各種抽選の仕組みさえ理解していれば、初打ちの時にもさほど違和感なく打つことができると思います。

★詳細解説はこちら⇒ルーレットクイーン【スロット】天井・設定判別・フリーズ・解析まとめ

8月27日

マシマシ

※調査中

9月に導入予定の新台

9月中旬導入予定

闇芝居

スロット 闇芝居 解析©NET CORPORATION ©闇芝居製作委員会2013・2014・2016

メーカー ネット
導入台数 ※調査中
タイプ Aタイプ
コイン持ち ※調査中
ボーナス合成 1/125~1/106
機械割 ※調査中

ホラーアニメ闇芝居とのタイアップスロットは、純ボーナスのみで出玉を増やしていく完全告知のAタイプ。

設定は4段階仕様になっており、ボーナス合算確率は約1/125~1/106と非常に軽く遊び打ちしやすいスペックになっています。

★詳細解説はこちら⇒闇芝居【スロット】設定判別・打ち方・解析攻略まとめ

導入日未定の新台

HEY!鏡

 

※スペック詳細は不明ですが、6号機第1弾となるようです。

導入済みの機種

1月

コードギアスR2 C.C.ver

南国物語TYPE-A

エヴァンゲリオン ドキドキ400ver

烈火の炎

ニューラッキージャックポット

2月

エヴァ まごころを君に2

乙女マスターズ

戦場のヴァルキュリア

GATE

コンチネンタルゼロ

鬼若弁慶

3月

超ガンツ

ニューシオサイ30

ビッグアップ

マイケルジャクソン

ドリームクルーン500

4月

押忍!番長A

ガールズガンズグルービー

これはゾンビですか?

不二子Aタイプ

パックマン

5月

フェアリーテイル

北斗の拳 修羅の国篇 羅刹

大海物語4

楽シーサー30Φ

マジカルハロウィン6

秘宝伝Rev.

シークレットハイビスカス

ゆるせぽね

6月

黄門ちゃまV

天元突破グレンラガン極

貞子VS伽椰子

ちゃぶ台返し

ディスクアップ

十字架4

沖ドキ!バケーション

大神~回胴編~

モナスロ

TOMOLER

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット ルパン三世 世界解剖(新台)総まとめ スロット ウィザードバリスターズ 総まとめ スロット クレアの秘宝伝3 総まとめ スロット 花人(はなんちゅ)総まとめ スロット ハイカ101 総まとめ スロット ファミリースタジアム 総まとめ スロット 蒼き鋼のアルペジオ Aタイプ 総まとめ スロット ルーレットクイーン 総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ