スロット 男塾(新台)設定判別©宮下あきら/集英社・東映アニメーション ©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

パチスロ「魁!!男塾」の設定判別に関わる解析情報はこちらでまとめていきます。

既に設定4以上確定パターンも判明している新台の男塾。

設定5の機械割は110.5%、そして設定6の機械割は119.1%と現行機種トップクラスで、高設定を掴めた時の見返りが非常に大きい新台です。

また、ユニバ系の機種は弱チェリー確率に設定差が付けられていることが多いですが、新台の男塾の弱チェリー確率にもやはり段階的な設定差が付けられています!

更新情報

【10/14】弱チェリー・弱チャンス目からのCZ&ART当選率や、特訓系CZ当選時の種類振り分けを追記。
【10/8】BIG入賞時のART抽選やART導入パートのキャラ紹介背景振り分け詳細、ART中のBIG終了画面の設定4以上確定パターンを追記。
【9/30】共通ベルA確率と、設定差のある特定ボーナスについてを追記。

CZ&ART初当たり

設定CZART
11/157.81/347.8
21/154.31/336.3
31/149.81/317.5
41/142.61/291.9
51/125.31/237.9
61/111.91/195.6

メインの設定判別要素

新台のパチスロ「魁!!男塾」のメインとなる設定判別要素は、やはりART初当たり関連の数値です。

単純にART初当たり確率を見ても、設定1と設定6では約1.8倍の差が付けられており、設定狙いの際には1/240を一つの目安にしておくといいでしょう。

ART初当たりの足がかりとなるCZ当選率にも当然設定差が付けられており、設定1と設定6の差は約1.4倍と小さくはなるものの、ART初当たりよりも分母が小さくサンプルを稼ぎやすいのがメリットです。

夕方から打つ場合はホールのデータ表示機のART初当たりを見てザックリと設定を絞り込み、実戦中はCZ当選率を重視して設定の高低を見極めていくのがいいですね。

 

弱チェリー・弱チャンス目からのCZ&ART当選率

設定低確
通常
高確
13.1%5.9%
23.9%6.6%
34.7%9.8%
46.6%12.1%
510.9%27.3%
615.2%38.3%

※超高確滞在時はCZorART確定

2役のCZ・ART当選率に顕著な設定差あり

※【10/14】追記:レア小役成立時のCZ・ART当選率が判明しました。

内部状態によっても当選率が異なりますが、弱チェリーと弱チャンス目からの当選率に顕著な設定差あり!

低確・通常滞在時の当選率は設定1と設定6で約4.9倍、高確滞在時の当選率は設定1と設定6で約6.5倍もの差が付けられています。

また、低確・通常滞在時は高設定ほど驚邏大四凶殺に、高確滞在時には高設定ほどART直撃確率が高くなっているため、合わせてチェックしておくのがいいですね(^^)

 

特訓系CZ当選時の種類

設定直行進軍油風呂
197.7%2.3%
296.9%3.1%
396.1%3.9%
493.7%6.3%
589.8%10.2%
682.0%18.0%

高設定は油風呂選択率が優遇

※【10/14】追記:CZ・ART抽選に当選すると、特訓系CZor驚邏大四凶殺orART直撃のいずれかに振り分けられます。

特訓系CZに当選した場合には直行進軍が油風呂のどちらかに振り分けられますが、高設定ほど油風呂が選択されやすいといった特徴あり。

こちらも低設定と高設定では極端な差が付けられているため、設定狙いの際には漏れなくチェックしておくべきですね。

 

小役確率

設定共通ベルA弱チェリー
11/79.11/76.2
21/76.01/74.0
31/73.11/71.9
41/70.51/69.9
51/68.01/67.2
61/67.01/63.4

弱チェリー確率に設定差あり

パチスロ「魁!!男塾」は、「バジリスク絆」や「まどマギ」のように弱チェリー確率に設定差あり!

設定1と設定6の差は約1.2倍と大きくはないですが、分母が小さくサンプルを集めやすくなっています。

設定狙いの際には強チェリーとの混同に注意しながら、コツコツとカウントしていきたいところですね。
(※右リール中段にベル停止で弱チェリー、それ以外の場合は強チェリーです)

 

共通ベルA確率にも設定差あり

※【9/30】追記:弱チェリー以外の小役確率が判明しました。

共通ベルA確率にも段階的な設定差が付けられているため、設定狙いの際にはカウントしておきたいところ。

ただ、通常時には成立を把握することができず、『驚邏大四凶殺』中の成立時にも押し順ナビが発生することがあるため、カウントできるのはART中だけです。

 

共通ベルAは上段or右上がりに揃うので、ART中に押し順ナビ無しで揃う上段ベルと右上がりベルをカウントしておきましょう。

ちなみに、弱チャンス目確率にも約1/216~1/209と設定差が付けられているものの、分母が少し大きく設定差自体が微量なので、わざわざ出現率をチェックしておく必要はないと思います。

 

特定ボーナス

設定弱チャンス目
+ボーナス
11.3%
21.6%
32.0%
42.3%
53.2%
64.5%

弱チャンス目との重複に設定差

※【9/30】追記:弱チャンス目確率自体にはほぼ設定差が付けられていませんが、ボーナス重複確率に大きめの設定差あり。

ボーナス確率自体が重めになっているため、頻繁にサンプルを取ることができないのがネックになりますが、設定1と設定6では約3.5倍の差が付けられています。

そのため、ボーナス当選契機はできる限り把握しておきたいところですね。

 

BIG入賞時のART抽選

設定当選率
10.8%
22.7%
34.7%
47.0%
514.8%
623.4%

特大の設定差あり!

※【10/8】追記:BIG入賞時のART抽選が判明しました。

BIG中にはチャンスベル(ベル小山型)の3.9%、青7揃いなら100%ARTに当選しますが、BIG入賞時にもART抽選が行われています。

このART抽選に特大の設定差が付けられており、設定1と設定6の差はなんと29倍!

BIG確率自体が重めで頻繁にサンプルを取ることができないのがネックですが、BIGからのART当選を頻繁に確認できれば高設定期待度大幅アップと覚えておきましょう。

 

大威震八連制覇のキャラ紹介画面

スロット 男塾(新台)キャラ紹介金背景

一人目の背景振り分け
設定
197.5%2.5%
292.5%7.5%
389.9%10.1%
488.9%9.9%1.2%
585.2%12.4%2.4%
680.1%14.9%5.0%
二人目の背景振り分け
設定
170.0%30.0%
250.0%50.0%
370.0%30.0%
450.0%50.0%
569.9%30.1%
650.3%49.7%
三人目の背景振り分け
設定
196.5%2.0%1.5%
286.3%10.0%3.6%
393.1%2.0%4.9%
481.2%10.0%7.6%1.2%
587.4%2.0%8.1%2.5%
675.1%9.9%10.0%5.0%

★青背景=基本パターン
★赤背景=偶数設定示唆
★紫背景=高設定示唆
★金背景=設定4以上確定

導入パートで設定を示唆

新台の男塾のART『大威震八連制覇』の導入パートで発生するキャラ紹介画面は、設定によって選択率が異なります。

現時点では振り分け詳細は判明していませんが、赤背景は偶数設定示唆、紫背景は高設定示唆、そして金背景なら設定4以上確定

また、キャラは3人紹介されますが、赤背景は2人目より3人目に出現した方が強めの偶数設定示唆となるほか、金背景は設定4以上が確定するだけでなく、設定6が一番出現しやすくなっているようです。

設定4の機械割は104.0%と辛めですが、設定5以上を掴んだ際の見返りが大きいこともあり、設定状況に期待できる上で金背景を確認できれば十分粘ってみる価値はありますね(^^)

 

背景振り分けが判明

※【10/8】追記:導入パートのキャラ紹介画面の背景振り分けを追記しました。

前情報通り、1人目・2人目・3人目で背景振り分けが異なり、紫&金背景が出現するのは1人目と3人目のみ。

また、金背景は設定6が最も出現しやすいというのも前情報通りですが、紫背景に関しては1人目と3人目で少し特徴が異なります。

設定狙いの際には、1人目で紫背景を何度も確認できれば設定2以上に期待でき、3人目で紫背景を何度も確認できれば設定4以上に期待できると捉えておくのがいいでしょう。

 

ART中BIG終了画面

設定桃太郎一号生豪学連
156.0%25.0%12.6%
252.2%12.6%25.2%
349.5%25.5%12.5%
440.0%12.4%25.1%
534.6%25.0%12.8%
632.3%12.6%25.4%
設定筆頭男塾
スコープ
16.4%
210.0%
312.5%
412.4%10.0%
515.0%12.5%
614.8%14.9%

★桃太郎=低設定示唆
★一号生=奇数設定示唆
★豪学連=偶数設定示唆
★筆頭=高設定示唆
★男塾スコープ=設定4以上確定

液晶左上に「男塾スコープ」の文字出現で・・・?!

※【10/8】追記:ART中のBIG終了画面選択率に設定差が付けられていることが判明しました!

BIG確率自体が重めでサンプルが取りづらい要素ではありますが、液晶左上に「男塾スコープ」という文字が出現すれば設定4以上確定となるため、設定狙いに限らずチェックする癖は付けておきましょう。

また、桃太郎は低設定示唆、一号生は奇数設定示唆、豪学連は偶数設定示唆、筆頭は高設定示唆といった特徴もあるため、補助的な設定判別要素として覚えておいても損はないですね。

★あなたが設定狙いで結果を出せていない場合のみ参考にしてみてください
設定期待度を一発表示!高性能の設定推測ツール

<解析まとめ・記事一覧>
・魁!!男塾【スロット】完全攻略マニュアル