新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

セイクリッドセブン 天井恩恵と狙い目・やめどき

【当てはまったら養分確定】元ホール店長が語る!スロットで負けている人の残念な特徴3選

スロット セイクリッドセブン 天井©サンライズ/PROJECT S7・MBS ©YAMASA

パチスロ「セイクリッドセブン」の天井恩恵解析から、天井狙い目とやめどきを考察していきます。

セイクリッドセブンは、継続率昇格型のARTとボーナスでバランス良く出玉を増やしていくA+ARTタイプで、ARTはやや特殊なゲーム性を採用しているものの、天井はオーソドックスな仕様になっています。

REGが規定回数連続することで、REG成立時のART抽選が優遇されるといった恩恵もあり、条件を満たしていれば天井狙いボーダーを優遇できますね(^^)

<--スポンサード リンク-->

天井恩恵解析

【天井ゲーム数】
ボーナス&ART間999G+α

【天井恩恵】
ART当選

※設定変更で天井までのゲーム数はリセット

オーソドックスな天井を搭載

パチスロ「セイクリッドセブン」の天井条件はボーナス&ART間999Gハマリとなっており、天井到達時には前兆を経由してARTに突入。

天井の仕様自体はまさに王道といった印象ですが、ボーナス確率が軽めなため、それに比例して天井到達率が低くなります。

初当たりが軽めな分、天井狙い1回あたりの時間効率は悪くないので、大きな期待値を一発で取りに行くタイプではなく、コツコツと稼働を重ねて期待値を積み重ねていくタイプですね。

 

また、REGが3連続以上することでREG成立毎に約25%でART抽選が行われるため、REG3連続以上の台はボーダーを優遇することができます!

途中でARTを挟んでもREG連続回数がリセットされない点は、「獣王 王者の覚醒」と同じです(^^)

 

狙い目

パチスロ「セイクリッドセブン」の天井狙い目は、ボーナス&ART間700Gハマリを目安ということで。

ただ、「111G/222G/333G」・・・といった3ケタゾロ目ゲーム数で「探索タイム」なるART直撃(白7揃い)の高確率ステージ移行抽選が行われているようなので、解析次第では666Gゾーンの手前から狙っていくことになるかもしれません。

また、REG3連続以上の台に関しては、100Gほどボーダーを優遇して狙ってみようと思います。

 

やめどき

やめどきに関しては、ボーナス・ART終了後の前兆がないことと、高確に滞在していないことを確認してから。

「アジトステージ」は高確示唆、「満月ステージ」は超高確示唆ステージとなっているので、移行した場合はしばらく様子をみておきましょう。

なお、パチスロ「セイクリッドセブン」には3つの前兆ステージが存在し、「超緊急指令モード」はART本前兆濃厚ステージ、「鬼前兆モード」はART当選に加えて【鬼高確】突入濃厚となる激アツステージです!

さすがに前兆ステージ中にやめる打ち手はいないと思いますが、一応補足として書いておきました(爆)

 

立ち回りまとめ

【天井狙い目】
ボーナス&ART間700G~
REG3連続以上ならボーナス&ART間600G~

【やめどき】
・ボーナス、ART終了後の前兆&高確非滞在を確認してから。

<解析まとめ・記事一覧>
・セイクリッドセブン【スロット解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット 不二子Aタイプ 総まとめ スロット パックマン 総まとめ スロット 北斗の拳 修羅の国篇 羅刹 総まとめ スロット 大海物語4 総まとめ スロット フェアリーテイル 総まとめ スロット 秘宝伝Rev 総まとめ スロット マジカルハロウィン6 総まとめ スロット 黄門ちゃまV 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ