新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

ラグナロクサーガ 天井恩恵と狙い目・やめどき

【当てはまったら養分確定】元ホール店長が語る!スロットで負けている人の残念な特徴3選

スロット ラグナロクサーガ 天井©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

パチスロ「ラグナロクサーガ」の天井恩恵解析から、天井狙い目とやめどきの考察です。

セブンラッシュ機にミリゴシリーズのゲーム性を融合させた新台ということで、非常に天井狙い向きのスペックとなっています!

また、天井狙い1回あたりの消化効率が悪いので、閉店時間には十分余裕を持って狙っていきたいところです。

<--スポンサード リンク-->

天井恩恵解析

【天井ゲーム数】
ART間999Gor1499G+α
(天井振り分けは「999G:1499G=33.3%:66.7%」)

【天井恩恵】
ART当選

※設定変更で天井までのゲーム数はリセット

天井は999Gor1499G

パチスロ「ラグナロクサーガ」の最大天井はART間1499Gとなっており、到達後は最大40Gの前兆を経由してARTに突入します。

ただ、999Gが天井として選択されることもあり、天井振り分けは「999G:1499G=33.3%:66.7%」と、999Gでの当選にも十分期待が持てます。

そのため、アクエリオンEVOLと同じように、999Gゾーンを狙いながらART当選まで打ち切る形でOKです(^^)

ただし、GOD揃いに相当するグングニル揃い待ちのゲーム性なので、試行回数が少ないうちは結果が荒れやすいです(爆)

 

狙い目

パチスロ「ラグナロクサーガ」の天井狙い目は、ART間680Gハマリを目安にして立ち回ってみます。

999G天井の選択率が約33%あるおかげで、天井狙いもかなり浅めのハマリから狙っていくことができます(^^)

もし他に打てる台がない場合は多少ボーダーを妥協して狙っていくのも悪くないですが、結果が荒れやすいことと、時間効率が悪いことを踏まえて狙っていってください。

特に、閉店時間が迫ってくると期待値がガクッと落ちてしまうので、閉店時間が近づいている場合は逆にボーダーを上げるといった工夫が必要です。

 

やめどき

やめどきに関しては、ART後の前兆がないことと、上位モードに滞在していないことを確認してからということで。

今のところARTが潜伏するといった情報はありませんが、ミリゴシリーズに近いゲーム性だけに、やめどきには余裕を持っておいた方がいいかもしれません。

例によって液晶図柄でモードを示唆しており、基本的な法則は下記の通りとなっています。

 

液晶図柄の法則

【高確準備モード以上示唆】
Aor9のケツテンパイ
(例:「3AA」「A99」「K99」)

【高確モード以上示唆】
Aor9を含んだハサミ目
(例:「393」「JAJ」「A5A」)

【高確モード以上or神話モードor前兆示唆】
JQKの組み合わせ
(例:「JKQ」「QKA」「QJK」)

上位モードを示唆する出目あり

ミリゴでは7図柄がアツい図柄でしたが、ラグナロクサーガでは9&A図柄がアツく、「JQK」だけで構成された出目はさらにアツくなっています。

このほか、液晶ステージが「ニブルヘイム」の場合は高確準備以上が濃厚となるようなので、しばらく様子を見ておいた方がよさそうですね。

また、中段「白7・白7・リプ」はMBとなり、次ゲームで9枚の払い出しがあるため、取りこぼしには注意しましょう。

 

立ち回りまとめ

【天井狙い目】
ART間680G~

【やめどき】
・ART後の前兆&上位モード非滞在を確認後。

<解析まとめ・記事一覧>
・ラグナロクサーガ【スロット解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット 秘宝伝Rev 総まとめ スロット マジカルハロウィン6 総まとめ スロット シークレットハイビスカス 総まとめ スロット ゆるせぽね 総まとめ スロット 黄門ちゃまV 総まとめ スロット 天元突破グレンラガン極 総まとめ スロット 貞子VS伽椰子 総まとめ スロット ディスクアップ 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ