スロット リング2 終焉ノ刻 フリーズ©1998「リング」「らせん」製作委員会 ©藤商事

パチスロ「リング2 終焉ノ刻」のフリーズ確率と恩恵についての解析情報です。

前作のフリーズ性能は強力でしたが、新台リングもロングフリーズが発生すれば大量出玉獲得の大チャンス!

発生契機は通常時の中段チェリー成立時の1/2となっており、フリーズ期待値は2,700枚以上と言われています!!

フリーズ解析

【確率】
※調査中

【恩恵】
85%継続のART+リングバースト

中段チェリー成立時の1/2で発生

パチスロリングの新台のフリーズ確率ですが、現時点では肝心な中段チェリー確率が判明していないため分かりません(爆)

前作では中段チェリーは単なる強小役扱いでしたが、「終焉ノ刻」では確率の重いプレミアフラグとなっているようですね。

あくまで個人的な予想ですが、前作のフリーズ確率を踏襲して中段チェリー確率は1/32768くらいになっているんじゃないかと思っています。

 

最高継続率のART+最強特化ゾーンに突入!

ロングフリーズ恩恵は、継続率85%(最高継続率)のARTに加えて最強上乗せ特化ゾーンである「リングバースト」。

前作の仕様を踏襲していますが、ART(AT)継続率が80%から85%に上がっているため、平均連チャン数も約6.7セットにアップ。

残念ながら終焉ノ刻のフリーズ恩恵には複数セット数ストックは含まれていませんが、リングバーストの性能がそれを補っているイメージです。

 

リングバーストは1セット7G+αのSTタイプの特化ゾーンで、セット数ストックに成功すればSTゲーム数を再セット、ストック失敗時にもゲーム数上乗せが発生します。

平均セット数ストックは約4個、上乗せゲーム数は約150Gと強力なので、最初にまとまった上乗せに成功して一気に勝負を決めてしまいたいところですね(・∀・)

実戦でフリーズを引けた際のコメントも、ドシドシお待ちしております!

<解析まとめ・記事一覧>
・リング2 終焉ノ刻【スロット解析】完全攻略マニュアル