スロット しすくえパラダイス 解析©Highlights Entertainment Co.,Ltd

スロット「しすくえパラダイス」を楽しんで勝つための解析攻略情報を徹底網羅!

シスクエと言えば、1月にA+ARTタイプが導入されたばかりですが、今度は初代や2作目と同じA+RTタイプになって再登場です。

初当たり確率がとにかく軽いのが特徴で、とにかく遊びやすさを追求したことが伺えます(^^)

更新情報

【7/7】小役確率解析値や、設定差のあるボーナス重複確率を追記。
【6/30】天井情報と打ち方解説を追記。

スペック解析

基本情報
導入日2017年7月3日
タイプA+RT
コイン持ち50枚あたり約30G
コイン単価約2.1円(※設定1)
設定BIGREG
11/194.41/194.4
21/192.81/192.8
31/186.21/186.2
41/177.11/177.1
51/165.51/165.5
61/153.81/153.8
設定ボーナス
合成
機械割
11/98.797.2%
21/96.498.0%
31/93.199.4%
41/88.6101.5%
51/82.7105.6%
61/76.9110.3%

初当たりが軽いA+RTタイプ

スロット「しすくえパラダイス」は、ボーナス合成確率が約1/99~1/77と非常に軽くなっているのが目に付きます。

その分コイン持ちや獲得枚数が抑えられていますが、サクサクとボーナスを引きつつマッタリと遊び打ちするには丁度いい新台と言えそうです。

機械割に関しては全体的に抑えられているので、もし設定狙いで打つなら設定6をピンポイントで狙っていくことになりますね。

 

公式サイト・PV

天井恩恵

※天井は非搭載

天井・ゾーン狙い目とやめどき

天井狙い目天井非搭載のため狙い目はなし
ゾーン狙い目狙い目となるゾーンはなし
やめどき通常時かつボーナス非成立時

ゾーン振り分け

スロット「しすくえパラダイス」は非ゲーム数管理タイプとなっているため、特にこれといって狙い目となるゾーンはありません。

 

打ち方

スロット しすくえパラダイス 打ち方

【通常時・RT中】
1.左リール上段付近にBARを狙い、中リールを適当打ち。

2.角チェリー停止時は、右リールも適当打ち。
⇒チェリー

3.枠内スイカ停止時は、右リールはハート絵柄を目安にしてスイカ狙い。
⇒スイカ揃い・・・スイカ
⇒「リプ・リプ・チェリー」・・・チャンスリプレイ
⇒チャンリプ以外のスイカハズレ・・・リーチ目

4.下段BAR停止時は、右リールは適当打ち。
⇒「リプ・リプ・チェリー」・・・チャンスリプレイ

★ハート狙いカットイン発生時は逆押しでハート絵柄狙い。
⇒ハートが揃えばボーナス確定

【BIG中】
1.右リール上段付近にBARを狙いつつ中リールを適当打ち。

2.中段にベルがテンパイしたら、左リール中段に青7をビタ押し。
⇒技術介入成功で9枚役獲得

3.技術介入を1度成功させたら、その後は順押し適当打ちで消化。

【REG中】
・左リールに「スイカ/ハート/スイカ」or「BAR/チェリー/ブランク」or「ブランク/チェリー/ブランク」のいずれかをビタ押し。
⇒技術介入成功で内部ポイントを獲得でき、獲得ポイントに応じて終了画面が変化。
※終了画面で設定を示唆??

中リールは適当打ちでOK!

しすくえパラダイスの打ち方は簡単で、まずは左リール上段付近にBARを狙いつつ中リールを適当打ちし、スイカがテンパイしたら右リールにはハート絵柄を目安にしてスイカを狙えばOKです。

チェリーとスイカには強弱の概念はなく、「リプ・リプ・チェリー」はチャンスリプレイとなっています。

なお、ボーナス中には技術介入要素が盛り込まれており、BIG中は1度だけ技術介入をして9枚役を獲得すれば最大枚数を獲得することができます(^^)

 

小役確率

設定差なし
通常リプレイ1/8.5
チャンスリプレイ1/50.0
設定差あり
設定ベルチェリースイカ
11/7.11/107.11/90.8
21/7.01/106.41/90.3
31/105.01/89.3
41/103.71/88.3
51/7.11/102.41/87.4
61/6.91/100.51/86.0

しすくえパラダイスは「ベル/チェリー/スイカ」確率に設定差が付けられています。

ただし、設定判別要素としてはほとんどアテにならないくらいの差なので、設定狙いの際にもカウントしておく必要はないでしょう。

 

設定判別要素

純ボーナスの連チャンで出玉を増やすA+RTタイプということで、設定判別のメインとなってくるのはボーナス確率ですね。

BIGとREG比率は1:1となっているので、シンプルにボーナス合算確率から設定の高低を絞り込んでいきましょう!

ボーナス確率

設定BIGREG合算
11/197.41/197.41/98.7
21/192.81/192.81/96.4
31/186.21/186.21/93.1
41/177.21/177.21/88.6
51/165.51/165.51/82.7
61/153.81/153.81/76.9

しすくえパラダイスはボーナス確率が非常に軽めなので、他のAタイプに比べて見切りを付けやすいのがメリット。

ただし、少ない試行ではブレやすいので、ある程度のサンプルは必要になってきます。

設定狙いの際には、常に設定6の数値を意識しておきたいところです。

また、スイカ+ボーナスや単独ボーナス確率に大きめの差が付けられているため、ボーナス当選契機を把握しておくことで設定判別精度を上げることができます

設定チャンリプ
+ボーナス
チェリー
+ボーナス
11/150.31/585.1
21/147.61/565.0
31/145.01/528.5
41/140.01/496.5
51/133.21/468.1
61/127.01/431.2
設定スイカ
+ボーナス
リプ・ベル+ボーナス
単独ボーナス合成
11/910.21/1488.7
21/862.31/1492.0
31/780.21/1491.8
41/712.41/1366.7
51/655.41/1091.7
61/585.11/910.3

※設定差のあるものだけを抜粋

しすくえパラダイスはリプレイやベルとボーナスの重複もあるため、単独ボーナスを正確に把握するのは難しいです。

そのため、リプレイ・ベル+ボーナスと単独ボーナス確率を合算した数値を基に、設定を絞り込んでいくのがいいでしょう。

★あなたが設定狙いで結果を出せていない場合のみ参考にしてみてください
設定期待度を一発表示!高性能の設定推測ツール

 

通常時

スロット「しすくえパラダイス」はチャンスリプレイ成立時に前兆ステージへ移行し、ボーナス当選or非当選が告知されます。

また、レア小役成立時には「起スロチャレンジ」に発展することがあり、発展時のボーナス期待度は約50%と激アツ!

ボーナス確率が軽いこともあり、お馴染みの演出をたっぷりと楽しむことができそうですね(^^)

ステージ

・「帝国街道/追憶の森/魔女学園/モンスターゾーン/フェニックスゾーン」の5ステージ。
・モンスターゾーン、フェニックスゾーンはチャンスリプレイ成立を契機に移行する前兆ステージで、フェニックスゾーンの方が本前兆期待度が高い。

起スロチャレンジ

・レア小役成立を契機に発展することがあるチャレンジ演出で、発展時のボーナス期待度は約50%。

 

ボーナス

スロット「しすくえパラダイス」のボーナスはBIGとREGの2種類のみで、どちらも一般的なAタイプよりも獲得枚数が抑えられています。

その代わりに初当たり確率が非常に軽くなっているため、細かい数珠連でコツコツと出玉を増やしていくことになりますね。

また、BIG・REG中には技術介入要素も盛り込まれており、BIG中は1度成功させることで最大枚数を獲得可能!

REG中は獲得枚数がアップするワケではなく、お宝映像を見ることができるようです(爆)

BIG

・約207枚獲得可能のボーナス。
※消化中には技術介入要素あり。

REG

・約56枚獲得可能のボーナス。
※消化中には技術介入要素あり。

 

RT

スロット「しすくえパラダイス」は、ボーナス終了後に必ず20GのRTに突入します。

RTなのでほとんど出玉は増えませんが、ボーナス初当たり確率が非常に軽めのスペックということもあり、低設定でも出玉を減らさずにボーナスを引けるチャンスは十分にあり。

また、設定6ならRT5回に1回以上はボーナスを引ける計算になります!