新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

悪魔城ドラキュラ4【スロット解析】完全攻略マニュアル

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

スロット 悪魔城ドラキュラ4(新台)解析©Konami Digital Entertainment ©KPE

スロット「悪魔城ドラキュラ4 ロードオブシャドウ」を楽しんで勝つための解析攻略情報を徹底網羅!

スロット悪魔城ドラキュラシリーズの新台は、純ボーナスと純増約1.5枚/GのARTで出玉を増やしていく王道タイプのA+ARTスペックとなっています。

ART「ロードオブシャドウ」は継続率&セット数上乗せでロング継続を狙っていくゲーム性で、裏ストックの概念もあるため、どこまでARTが続くか分からない緊張感のある展開を楽しめます(^^)

      <--スポンサード リンク-->

スペック解析

基本情報
導入日 2017年7月3日
タイプ A+ART
ART純増 約1.5枚/G
コイン持ち 50枚あたり約33G
コイン単価 約2.7円(※設定1)
設定 BIG REG
1 1/458.3 1/851.1
2 1/455.1 1/809.1
3 1/452.0 1/753.3
4 1/448.9 1/704.7
5 1/442.8 1/662.0
6 1/624.2
設定 ART 機械割
1 1/599.7 97.5%
2 1/586.2 98.5%
3 1/569.6 100.4%
4 1/513.1 104.1%
5 1/499.8 107.0%
6 1/468.6 111.2%

初当たりが重めのA+ARTタイプ

スロット「悪魔城ドラキュラ4」のボーナス確率は約1/298~1/259と、一般的なA+ARTタイプよりも重めに設定されています。

ボーナス確率だけなら「まどマギ2」とほぼ同じくらいですが、ART初当たり確率も約1/600~1/469と重めなのが特徴です。

その分、初当たり1回あたりの平均獲得枚数が多いということになりますが、コイン単価は約2.7円(※設定1)となっているため、出玉が大きく荒れるような新台では無さそうです。

機械割に関しては97.5~111.2%と、可もなく不可もなくといったところですね。

 

天井恩恵

天井G数 通常時999G+α
恩恵 ART当選
宵越し 不可

ゾーン情報

※調査中

朝一リセット挙動

※調査中

打ち方

※調査中

小役確率

※調査中

設定判別要素

スロット「悪魔城ドラキュラ4」では、ボーナス中のハズレ確率に大きな設定差が付けられているようです。

公式PV

 

通常時

スロット「悪魔城ドラキュラ4」のART当選のメイン契機は「魔力石バトル」。

魔力石バトルのART当選期待度は約40%となっています。

また、平均30G継続する自力CZ「タイタン決戦」も存在し、こちらは毎ゲーム成立役に応じてART抽選が行われます!

なお、「魔力石バトル」は移行前にART当選or非当選は決定していますが、レア小役成立時には勝利書き換え抽選が行われるほか、既にARTに当選していた場合は、ARTセット数ストック抽選に切り替わります(^^)

ステージ

・「死の沼/魔法の森/山岳の要塞」の3ステージ。
⇒山岳の要塞は高確示唆ステージ。

魔力石モード

・約20G継続するART前兆示唆ステージ。
⇒魔力石の数でART当選期待度を示唆している。

魔力石バトル

・魔力石モード後に移行する5Gor10Gのバトル演出。
・トータルのART当選期待度は約40%。
・バトル対戦相手別の勝利期待度は、「ローラ<機械獣<サキュバス<シルバーウォリ」の順でアップ。
★ボーナス成立時にはART確定。

タイタン決戦

・約30G継続する自力CZで、ART当選期待度は約50%。
★ART当選後はセット数ストック抽選を行う。

 

ボーナス

スロット「悪魔城ドラキュラ4」の基本となるボーナスは、「同色BIG/異色BIG/REG」の3つです。

同色BIGが最も獲得枚数が多いボーナスで、どのボーナス中に関しても通常時は魔力石バトル突入抽選、ART中であれば「エンカウントゾーン」のゲーム数獲得抽選が行われます。

また、プレミアムフラグとして「ヴァンパイアキラーボーナス」も搭載されており、消化中の平均ARTセット数上乗せ期待度は約10個と言われています(^^)

同色BIG

・約256枚獲得可能のボーナス。
・通常時には魔力石バトル突入抽選、ART中にはエンカウントゾーンのゲーム数獲得抽選を行う。

異色BIG

・約200枚獲得可能のボーナス。
・同色BIGと同じく、通常時には魔力石バトル突入抽選、ART中にはエンカウントゾーンのゲーム数獲得抽選が行われる。

REG

・約50枚獲得可能のボーナス。
・各BIG中と同じく、通常時には魔力石バトル突入抽選、ART中にはエンカウントゾーンのゲーム数獲得抽選が行われる。

ヴァンパイアキラーボーナス

・レア小役確率が約1/8までアップするプレミアムボーナス。
・消化中の平均ARTセット数上乗せ期待度は約10個。

 

ART

スロット「悪魔城ドラキュラ4」のART「ロードオブシャドウ」は、通常パート30G+バトルパート10Gで構成されています。

ゲーム数上乗せの概念はなく、セット数ストックがあれば継続確定、ストックがない場合は継続抽選をパスすれば次セットに移行。

これに裏ストックも加わることで、ARTがいつまで続くか分からないドキドキ感を味わうことができます(・∀・)

最高継続率は約80%と高く、継続率だけでの連チャンも狙っていくことができるのは嬉しいところですね!

 

ただ、基本的にはエンカウントゾーンからBAR揃いを引き当て、ストックバトルに勝利してセット数上乗せorエクストラチャンスを狙っていくゲーム性。

「ストックコンボ」当選で複数セット数上乗せに期待が持てるほか、「ヴァンパイアロード決戦」に突入すれば一気にまとまったセット数上乗せに期待が持てるので、消化中のレバーONには気合が入りますね(^^)

ロードオブシャドウ

・1セット40G(通常パート30G+バトルパート10G)の継続率管理タイプのART。
・セット継続率振り分けは、「33%:66%:80%=50%:30%:20%」。
※見た目上では分からないセット数の裏乗せもあり。
・継続バトルで勝利できれば次セットに移行。

エンカウントゾーン

・ストックバトル突入の高確率状態。
・BAR揃い確率が約1/10までアップしており、BAR揃いを契機にストックバトルに発展。
⇒ゾーン中なら何度でもBARを揃えることが可能。
※見た目上では滞在を察知することができない裏エンカウントゾーンもあり。
⇒BARカットイン出現など、裏エンカウントゾーン滞在を示唆する演出はあり。

ストックバトル

・バトルに勝利できればARTストック上乗せ、さらに追撃が発生することでエクストラチャンス突入確定。
・対戦相手別の勝利期待度は、「ローラ<機械獣<サキュバス<シルバーウォリ」の順でアップ。
・トータルの勝利期待度は約40%。
★バトル中はART残りゲーム数の減算がストップ。

エクストラチャンス

・1G完結の特化ゾーン振り分け演出で、「チェインバトル/ストックコンボ/ヴァンパイアロード決戦/ヴァンパイアキラーボーナス」のいずれかに突入。

プレミアムチャンス

・エクストラチャンスの上位版で、特化ゾーン振り分けが大幅に優遇されている。

チェインバトル

・チェイン(連鎖)という名が示す通り、再びストックバトルに突入する。

ストックコンボ

・その名の通り、ARTセット数上乗せのコンボが発生。
・継続率は50%となっており、継続抽選に漏れるまでARTセット数上乗せ抽選を行う。
※レア小役成立時はストック&継続確定。

ヴァンパイアロード決戦

・1セット20GのARTセット数上乗せの超高確率状態。
⇒ベル成立時は約25%、SIN成立時は約60%、レア小役成立時にはセット数上乗せ確定。
★最終ゲームで上乗せに成功すれば、残りゲーム数を再セットする。
★消化中にボーナスが成立した場合は、ヴァンパイアキラーボーナスとなる。

フリーズ

※調査中

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


4月17日スロットベスト10 スロット 逆転裁判 総まとめ スロット タイムクロス2 総まとめ スロット ラストエグザイル 総まとめ スロット 黒神 総まとめ 設定推測ツール スロット 賞金首2 総まとめ スロット ツインエンジェル4 BREAK 総まとめ スロット テイルズオブシンフォニア 総まとめ スロット リング2 終焉ノ刻 総まとめ スロット アベンジャーズ 総まとめ スロット ケロロ軍曹 総まとめ
<--スポンサード リンク-->


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ