新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

おそ松くん 天井恩恵と狙い目・やめどき

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

スロット おそ松くん(新台)天井©赤塚不二夫/ぴえろ ©FA/O ©D-light

パチスロ「おそ松くん」の天井恩恵解析から、天井狙い目とやめどきを考察していきます。

ボーナス確率が重めのA+ARTタイプとなっており、天井はART間ハマリが条件となっています。

そして、天井が二段階仕様となっているため、第1天井をゾーン狙い感覚で狙いつつも、第2天井まで狙っていく形で立ち回っていくのがいいでしょうね。

      <--スポンサード リンク-->

天井恩恵解析

【第1天井ゲーム数と恩恵】
・ART間666G消化でCZorART当選

【第2天井ゲーム数と恩恵】
・ART間999G消化でART当選

※設定変更で天井までのゲーム数はリセット

2つの天井を搭載

5号機のパチスロ「おそ松くん」の第1天井は、ART間666G消化でCZorART当選といった仕様。

CZとARTの当選振り分けは現時点では不明ですが、バランス的に考えると、基本的にはCZ当選がメインなのではないかと予想しています。

そして、第2天井はART999Gハマリが条件となっており、到達時にはART当選が確定

天井ARTには特にこれといった恩恵はありませんが、途中ボーナスを挟んでもいOKということだけではなく、第1天井が搭載されていることも加わって、浅めのゲーム数から天井狙いすることができそうです(^^)

 

狙い目

現時点での天井狙い目は、ART間500Gハマリを目安にして立ち回ってみます。

第1天井のCZ&ART当選振り分け次第で狙い目は微調整していきますが、第1天井をスルーした場合は、そのままART当選まで打ち切りということで問題ないと思います。

ART間ハマリ以外に考慮すべき点があるとすれば、CZ当選に関わるCA玉と試練玉で、CA玉は10個、試練玉は3個貯めることでCZに突入します。

それぞれの玉が全く貯まっていない場合は、上記の狙い目よりもボーダーを上げた方がいいでしょうし、その逆にMAXに近いのであればボーダーを優遇といった具合に、玉の貯まり具合によって臨機応変に狙い目を調整していくのがいいですね。

 

やめどき

やめどきに関しては、ART後の前兆がないことと、高確に滞在していないことを確認してからやめということで。

「トト子ステージ」はCZorART前兆示唆ステージとなっているため、移行した場合はしばらく様子を見ておくべきですね。

スロット「おそ松くん」は導入台数が控えめで、設置されるホールは少ないと思いますが、天井狙いはしやすいタイプなので、通っているホールに導入されている場合はしっかりとチェックしておくことをオススメします(^^)

 

立ち回りまとめ

【天井狙い目】
ART間500G~

【やめどき】
・ART後の前兆&高確非滞在を確認後。

<解析まとめ・記事一覧>
・おそ松くん【スロット解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


4月17日スロットベスト10 スロット アカギ 闇に降り立った天才 総まとめ スロット マクロスフロンティア3 総まとめ スロット サクラ大戦4 総まとめ スロット 忍魂3 暁ノ章 総まとめ 設定推測ツール スロット 水戸黄門 総まとめ スロット タイムクロス2 総まとめ スロット グラップラー刃牙2017 総まとめ スロット 呪怨 総まとめ スロット ラストエグザイル 総まとめ スロット 逆転裁判 総まとめ
<--スポンサード リンク-->


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ