新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

押忍!番長3 天井恩恵と狙い目・やめどき

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

スロット 押忍番長3 天井©DAITO GIKEN.INC

パチスロ「押忍!番長3」の天井恩恵解析から、狙い目とやめどきの考察です。

前作まではゲーム数管理タイプとなっていた「押忍!番長」ですが、第3作目はベル成立が鍵を握るゲーム性に一新!

天井も規定ベル回数成立が条件となっており、天井到達時には前兆を経由してART「頂ジャーニー」に突入します。

      <--スポンサード リンク-->

更新情報

【4/23】朝一リセット時の恩恵詳細を追記し、立ち回りを再考察。
【4/7】リセット台の狙い目と、ART後のやめどきを追記。

天井恩恵解析

【天井条件】
・通常時にベル200回成立(約1400~1500G)
★リセット時は128回に短縮される

【天井恩恵】
ART当選

※設定変更で天井までのゲーム数はリセット

実質的なゲーム数は約1400G~1500G付近

スロット「押忍!番長3」の天井条件は通常時のベル200回成立となっており、ゲーム数に置き換えた場合は約1400~1500Gとなるようです。

最近の新台と同じく、天井到達時には強力な恩恵がないため、天井はあくまで投資を抑えるための保険と捉えておくべきですね。

なお、前作までのように複数の内部モードも存在しますが、番長3では初当たりの鍵となる「対決」発展までのベル回数に関わるモードとなっています。

モード別にベル天井回数が異なりますが、ベル天井到達時は「対決」発展が確定となるだけなので、混同しないよう気をつけてください。

 

狙い目

現時点での天井狙い目は、900Gハマリ付近を目安ということで。
(※実質的なART間天井を約1500Gと仮定した場合、ベル成立回数での狙い目は120回付近です)

リセット後1回目の初当たりでは、通常の初当たりよりも80%ループストックの選択率が優遇されているとのことですが、とりあえずは解析待ちということにしておきます。

ただ、解析次第では大幅にボーダーを優遇できるかもしれないので、続報が判明次第狙い目は微調整していきます!

 

また、番長シリーズと言えばゾーン狙いが効果的だったので、番長3では特定ベル回数が狙い目になってくるかもしれません。

モード別のベル天井は、「通常A・B&チャンス=最大64回」「対決連チャン=最大7回」となっていますが、最深天井以外にも振り分けがありますし、もしかしたらベル200回成立以外(※ART間天井)にもART当選となる振り分けもあるかもしれません。

いずれにせよ、現時点では推測の域を出ないため、これからの解析続報に期待しておきたいところですね(^^)

 

リセット時は天井短縮!

※【4/7】追記:実践値や実戦情報によると、リセット台はART間天井が200回ではなく、128回に短縮されることが濃厚です!

初当たりの80%ループストック選択率が優遇されていることとあわせて、宵越し天井狙い&リセット天井狙いでは非常に心強い恩恵と言えますね(^^)

リセット台の天井狙い目は、400Gハマリ(ベル53回)を目安にして狙ってみようと思います。

80%ループストック選択率によってはさらにボーダーを優遇することができるため、解析が判明次第改めて狙い目は微調整していきます。

 

ループストック振り分けについて

※【4/23】追記:リセット台は1回目の初当たり時の80%ループストック率が優遇されていると言われていましたが、実際はさらに条件を満たさなければ恩恵が発動しません。

具体的な内容としては、リセット台は約10%で初回対決勝利が確定となり、この抽選に当たった場合の約50%で80%ループストックが選択されるといったものです。

このことから、リセット80%ループストック恩恵が天井狙いボーダーに影響を与えることはありません。

 

やめどき

やめどきに関しては、対決連チャン否定となるベル成立7回までフォローしてやめということで。

こちらもモード移行率解析が判明しないことには何とも言えないので、即前兆のみ確認してやめという形もアリですね。

 

ただ、屋上ステージは高確示唆ステージ、商店街ステージは前兆示唆ステージとなっているため、即やめ派の方も移行した場合はしばらく様子を見ておいた方がよさそうです。

また、高確&前兆確認中にベルがある程度成立した場合は、そのまま対決連チャン否定までフォローしてしまった方がいいと思います。

それと、番長3はMB(右下がり「リプ・リプ・ベル」)を搭載しているため、入賞を確認できたら必ずもう1G回してからやめましょう。
(※基本はベルが成立しますが、チェリーやチャンス目が成立することもあり)

 

ベル回数はART後も引き継ぐ

※【4/7】追記:対決カウンター(ベル回数)はART後も引き継がれるため、ART終了後に期待度の高いベル回数に迫っている場合は、ゾーンをフォローしてからやめ、それ以外の場合は即前兆を確認してやめということにしておきます。

具体的には、「15~17回」「30~32回」「45~47回」と最深ベル天井である「56~64回」、そして対決連チャン天井である7回に近い場合です。

また、当選率は高くないと思いますが、ART後には引き戻し抽選も行われているようなので、解析が出るまで慎重に立ち回りたいという場合は、多少余裕を持って引き戻し前兆を確認しておいてもいいと思います。

 

立ち回りまとめ

【天井狙い目】
通常時900G(ベル120回)~
リセット台は400G(ベル53回)~

【やめどき】
・対決後orART後の前兆を確認してからやめ。
※ART後に期待度の高いベル回数に迫っているならフォローしてやめ。

<解析まとめ・記事一覧>
・押忍!番長3【スロット解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


4月17日スロットベスト10 スロット 逆転裁判 総まとめ スロット タイムクロス2 総まとめ スロット ラストエグザイル 総まとめ スロット 黒神 総まとめ 設定推測ツール スロット 賞金首2 総まとめ スロット ツインエンジェル4 BREAK 総まとめ スロット テイルズオブシンフォニア 総まとめ スロット リング2 終焉ノ刻 総まとめ スロット アベンジャーズ 総まとめ スロット ケロロ軍曹 総まとめ
<--スポンサード リンク-->


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ