新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

アカギ 闇に降り立った天才【スロット解析】完全攻略マニュアル

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

スロット アカギ(新台)解析©福本伸行 ©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

スロット「アカギ 闇に降り立った天才」を楽しんで勝つための解析攻略情報を徹底網羅!

スロットアカギの第2弾はメーシー(ユニバーサル)からリリース!!

通常時は「メイクドラマシステム」なる周期管理システムを採用しており、ストーリーが進行すればするほど期待度が上がります。

また、ARTのゲーム性はバジリスク3に似ており、セットストックとループストックでARTロング継続を目指していくことになります。

      <--スポンサード リンク-->

更新情報

【4/22】打ち方解説を追記。

スペック解析

基本情報
導入日 2017年4月24日
タイプ A+ART
ART純増 約1.6枚/G
コイン持ち 50枚あたり約36G
コイン単価 約2.7円(※設定1)
設定 狂気の刻 BIG合成 ART
1 1/32768.0 1/606.8 1/391.7
2 1/361.6
3 1/320.0
4 1/546.1 1/288.9
5 1/240.1
6 1/455.1 1/191.8
設定 BIG+ART 機械割
1 1/236.3 98.3%
2 1/225.0 99.8%
3 1/208.2 102.1%
4 1/187.9 106.8%
5 1/165.9 110.5%
6 1/134.4 119.2%

設定6の機械割は119%!?

新台アカギですが、設定6の機械割は119%と言われています。

最近のユニバーサル系の機種と言えば、低設定域の機械割が高めの反面、高設定域の機械割が抑えられていましたが、これが本当であればバジリスク3も119%で出して欲しかったです(笑)

 

また、バジリスク3はボーナスが約1/1024~1/840と重いスペックでしたが、新台アカギのボーナス確率は約1/607~1/455。

一般的なA+ARTタイプよりもボーナスが重いことには変わりませんが、それでもリアルボーナスが見られる頻度が上がったのは個人的には嬉しいところ。

低純増のARTをひたすら消化するのは疲れますからね(爆)

 

公式PV

 

天井恩恵

天井G数 通常時999G+α
恩恵 ART当選
宵越し 不可

ゾーン情報

スロット「アカギ 闇に降り立った天才」は周期管理システムを採用しており、「起・承・転・決」という4つのパートの組み合わせで進行していきます。

「起・承・転」パートのゲーム数は約16~39G、「決」パートのみ5G固定となっており、パートが進行すればするほどART当選期待度がアップ。

「転」パートで放置されている台があれば、ゾーン狙い感覚で打つことができるかもしれませんね。

 

朝一リセット挙動

※調査中

打ち方

スロット アカギ(新台)打ち方

1.左リール上段付近に赤7狙い。

2.中段チェリー停止時は、中・右リールは適当打ち。
⇒中段チェリー

3.角チェリー停止時は、中・右リールは適当打ち。
⇒右リール中段にボーナス絵柄非停止・・・弱チェリー
⇒右リール中段にボーナス絵柄停止・・・強チェリー

4.下段スイカ停止時は、中・右リールは青7を目安にしてスイカ狙い。
⇒スイカ揃い・・・スイカ(強・弱はなし)
⇒スイカハズレ・・・チャンス目

5.上段赤7停止時は、中・右リールは適当打ち。
⇒フラッシュ発生・・・チャンス目

左リール上段付近に赤7狙い

スロット「アカギ 闇に降り立った天才」の打ち方ですが、まずは左リール上段付近に赤7を狙い、停止形に応じて中・右リールを打ち分けていきます。

と言っても、中・右リールの目押しが必要になってくるのは枠内にスイカが停止した場合のみ。

チェリーの強弱は右リールの停止形で判別できますし、チャンス目成立時にはフラッシュが発生するため、まず見逃してしまう心配はありませんね(^^)

なお、中・右リールにスイカを狙う場合は、青7もしくは黒BARを目安にするといいでしょう。

 

小役確率

※調査中

設定判別要素

※調査中

通常時

スロット アカギ(新台)通常時

通常時は「起承転結」で構成された周期管理システムを採用しており、パートが進めば進むほどART期待度がアップ。

ストーリー自体にも期待度の異なる3つのパターンが存在し、最も熱いストーリーはもちろん鷲巣編。

期待度の異なる複数のストーリー(シナリオ))が存在すると聞くと、「銀と金2」を思い出しますね(^^)

メイクドラマシステム

・「起・承・転・決」で構成された周期管理システム。
・「凌ぎの刻」に成功することで次のパートに移行、失敗時には別のストーリーへ移行。
⇒パートが進めば進むほどART期待度アップ。
⇒「起・承・転」パートは約16~39G継続、「決」パートは5G固定。
※周期開始時にART抽選が行われており、抽選結果を基にして1~9の周期マップを決定し、ストーリーが進行する。

9種類のマップ

マップ1:起のみ
マップ2:起→承
マップ3:転のみ
マップ4:起→転
マップ5:起→承→転
マップ6:決のみ
マップ7:転→決
マップ8:起→転→決
マップ9:起→承→転→決
※起・承・転パート消化中には、状態と成立役に応じてMAP書き換え抽選が行われ、当選時には消化中のパートよりも上位のパートに移行する。

ストーリー

・ストーリーには期待度の異なる3つのタイプが存在する。
⇒チャンスストーリーなら「転」パートスタート。
⇒スペシャルストーリー(鷲巣編)なら「決」パートスタート。

通常ストーリー(期待度:★×2)

南郷編
安岡編
オサム編
仰木編

チャンスストーリー(期待度:★×3)

真贋編
喧嘩編
暴走編

スペシャルストーリー(期待度:★×4)

鷲巣編

 

ボーナス

スロット アカギ(新台)ボーナス中

基本となるボーナスは約204枚獲得できるBIGで、消化中には内部ポイントを貯めてART当選を目指します。

「狂気の刻」は約1/32768のプレミアフラグで、成立時点で最高継続率のART突入が確定!

さらに消化中にはARTセット数ストックの高確率状態となるため、ARTをロング継続させる大チャンスとなります。

BIG

・約204枚獲得可能のボーナス。
・白BAR(闘絵柄)が揃う度内部ポイントを獲得でき、ポイントに応じてART抽選が行われる。
・シングル揃いは1pt、ダブル揃いは2pt、トリプル揃いは3pt+ART確定。
・ART確定後は白BARが揃う度にARTセット数ストック。
⇒5ptでART確定、6pt以降は1ptごとにARTセット数を1個ストック。

狂気の刻

・約24枚獲得可能のプレミアムボーナス。
(ベル4回入賞で終了)
★成立時点で最高継続率のART突入が確定。
・消化中は白BAR揃いの高確率状態となっており、白BARが揃う度にARTセット数ストック。
・平均ストック個数は約10個。

 

ART

スロット アカギ(新台)ART中

スロット「アカギ 闇に降り立った天才」のARTは、バジリスク3のようにセットストックとループストックの2種類があり。

そして、アカギもセットストックが優先して消化されるようです(苦笑)

ゲーム性は至ってシンプルなので、大量出玉獲得までの流れは分かりやすいですが、ART単独での純増枚数が約1.6枚/Gというのがネックになってきそうですね(><)

鷲巣麻雀

・1セット平均35G継続するARTで、継続率は50~80%。
※バジリスク3のようにセットストックとループストックの2種類が存在。
・鷲巣麻雀ポイントが5ptに到達することでエピソードに突入。
★親番時にはレア小役成立時のセット数上乗せ期待度がアップ。
★ARTセット数上乗せ時に「倍プッシュ」ランプが点灯すれば、ストックが倍増する。

エピソード

・30G固定のセット数上乗せの高確率状態。
・消化中にボーナスが成立した場合は、ARTストック&エピソードが1Gから再スタート。
★特定条件を満たすことでスペシャルエンディングが発生。

 

フリーズ

確率 1/32768.0?
恩恵 狂気の刻
<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


4月17日スロットベスト10 スロット アカギ 闇に降り立った天才 総まとめ スロット マクロスフロンティア3 総まとめ スロット サクラ大戦4 総まとめ スロット 忍魂3 暁ノ章 総まとめ 設定推測ツール スロット 水戸黄門 総まとめ スロット タイムクロス2 総まとめ スロット グラップラー刃牙2017 総まとめ スロット 呪怨 総まとめ スロット ラストエグザイル 総まとめ スロット 逆転裁判 総まとめ
<--スポンサード リンク-->


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ