新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

グラップラー刃牙2017【スロット解析】完全攻略マニュアル

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

スロット グラップラー刃牙2017 解析©板垣恵介/FWD ©NANASHOW

スロット新台「グラップラー刃牙2017」を楽しんで勝つための解析攻略情報を徹底網羅!

初代はニューギンからのリリースとなりましたが、2017年版のスロット刃牙は七匠からのリリースです。

純増約2.0枚/GのARTで出玉を増やしていくARTスペックですが、BAR揃いから突入する「力みゾーン」を搭載しているのも特徴となっています。

      <--スポンサード リンク-->

更新情報

【5/22】朝一リセット時の天井振り分けや、小役確率解析値を追記。
【5/7】朝一リセット恩恵や打ち方解説、鬼チャンス詳細を追記。

スペック解析

基本情報
導入日 2017年5月8日
タイプ ART
ART純増 約2.0枚/G
コイン持ち 50枚あたり約41G
コイン単価 約2.3円(※設定1)
設定 力み
ゾーン
ART 機械割
1 1/240.9 1/432.3 98.3%
2 1/412.5 99.3%
3 1/387.5 100.8%
4 1/337.8 104.0%
5 1/310.4 106.0%
6 1/283.3 108.2%

コイン持ちのいい新基準機

新台の刃牙はART初当たり確率が重めでコイン持ちのいい新基準機。

基本的にはART「地上最強トーナメント」で出玉を増やしていくことになりますが、内部的にはボーナスの「力みゾーン」が搭載されています。

力みゾーンはCZ突入の足がかりとなりますが、プチボーナス自体は「地獄少女」や「麻雀格闘倶楽部2」にも搭載されていたので、それらの機種を打ったことがあれば特に困惑することはないと思います(^^)

ただ、導入台数が約5,000台と控えめなのが残念なところです(><)

 

公式PV

 

天井恩恵

天井G数 ART最大1300G
★リセット時は最大800G
恩恵 ART当選
★天井到達時には40%で青7を選択
宵越し 不可(★リセット恩恵あり)

天井・ゾーン狙い目とやめどき

天井狙い目 ART間720G~
★リセット台は170G~
ゾーン狙い目 狙い目となるゾーンはなし
やめどき ART後の前兆&高確非滞在を確認後

★詳細考察はこちら⇒グラップラー刃牙 天井恩恵と狙い目・やめどき

 

ゾーン情報

七匠のスロット「グラップラー刃牙」は、天井が400Gor800Gor1300Gのいずれかに振り分けられます。

大半が最深天井である1300Gが選択されるようですが、朝一リセット時には1300Gが選択されないといった恩恵あり。

リセット台は400Gの天井振り分けもそこそこあるようなので、実践値や解析値次第ではピンポイントゾーン狙いも有効かもしれませんね。

 

朝一リセット挙動

項目 設定変更 電源OFF/ON
天井 リセット(※) 引き継ぐ
内部状態 再抽選 引き継ぐ
ステージ 東京(昼)
リセット時の天井選択率
設定 400G 800G 1300G
1~6 25.00% 75.00%

先述の通り、スロット「グラップラー刃牙」の朝一リセット時には天井が最大800Gに短縮されるといった恩恵あるため、その分天井狙いボーダーを優遇することができます。

天井はART間ハマリが条件となっているため、ホールのデータ表示機のタイプによってはハマリ台が埋もれやすくなりますね(^^)

 

打ち方

スロット 刃牙(七匠新台)打ち方

1.左リール上段付近に黒BAR狙い。

2.下段チェリー停止時は、中・右リールは適当打ち。
⇒右リール中段にリプレイorベル停止・・・弱チェリー
⇒右リール中段にリプレイorベル非停止・・・強チェリー

3.上段チェリー停止時は、右リールに赤7狙い。
⇒右リール下段に赤7非停止・・・弱チェリー
⇒右リール下段に赤7停止・・・強チェリー
⇒右上がりベル揃い・・・強ベル

4.上段スイカ停止時は、中・右リールともに黒BARを目安にしてスイカ狙い。
⇒スイカ揃い・・・スイカ(強弱はなし)
⇒スイカテンパイハズレ・・・チャンス目
⇒中段ベル揃い・・・強ベル

5.下段BAR停止時は、中・右リールは適当打ち。
⇒中段「リプ・ベル・リプ」・・・チャンス目
⇒中段「リプ・リプ・ベル」・・・CB

CB(MB)後には13枚役が入賞

七匠のスロット刃牙の打ち方は上記の通りで、まずは左リール上段付近に黒BARを狙い、停止形に応じて中・右リールを打ち分けます。

下段チェリーor黒BAR停止時は中・右リールの目押しは不要で、上段チェリー停止時は右リール、上段スイカ停止時は中・右リールの目押しが必要になってきます。

目押し難易度自体は低い機種ですが、注意しなくてはならないのがCB(MB)を搭載している点ですね。

CB(中段「リプ・リプ・ベル」)後には13枚役が入賞するため、空き台で見かけたら遠慮なく頂いてしまいましょう(^^)

 

小役確率

設定差なし
リプレイ 1/7.1
押し順ベル 1/4.1
共通ベル 1/134.0
強ベル 1/2144.0
強チェリー 1/298.3
スイカ 1/89.3
チャンス目 1/178.7
CB 1/21.3
設定差あり
設定 弱チェリー
1 1/71.2
2 1/69.9
3 1/68.7
4 1/67.5
5 1/66.3
6 1/65.2

スロット「グラップラー刃牙」で出現率に設定差が付けられている小役は、弱チェリーのみとなっています。

大きな設定差が付けられているワケではありませんが、通常時・ART中ともにサンプルが取れる要素なので、漏れなくチェックしておくべきですね。

弱チェリーをカウントしていく際は、強チェリーと混同してしまわないよう気をつけてください。

 

設定判別要素

スロット「グラップラー刃牙」を設定狙いする上でチェックしておきたいのは、グラップラーチャンス突入時のCZ選択率や400Gor800G天井選択率です。

前者に関しては、偶数設定かつ高設定ほど超雄チャレンジ突入率が優遇されているといった特徴があり、後者に関しては400G天井が選択された時点で設定4以上確定

また、ART終了画面でも設定を示唆しており、設定2以上確定パターン設定5以上確定パターンも存在するため、設定狙いに限らず確実に把握しておきましょう。

★詳細考察はこちら⇒グラップラー刃牙 設定判別・推測要素の総まとめ

★あなたが設定狙いで結果を出せていない場合のみ参考にしてみてください
設定期待度を一発表示!高性能の設定推測ツール

 

通常時

スロット 刃牙(七匠新台)グラップラーチャンス

通常時にはゲーム性や期待度の異なる4つの自力CZを搭載。

最も期待度の高いCZは「超雄チャレンジ」ですが、その次に期待度の高い「鬼飛来」成功時には+αの恩恵が用意されています。

また、力みゾーンには上位版の超力みゾーンも存在するようで、こちらは成立時点でCZ以上が濃厚となるようです!

ステージ

・「昼/夕方/夜/室内/オーガ」の5ステージ。
・夜ステージは高確示唆ステージ。
・室内ステージは前兆示唆ステージ。
・オーガステージは激アツステージ。

リアルシャドー

・15G継続する自力CZで、ART当選期待度は約34%。
・消化中は成立役に応じてART抽選が行われ、レア小役を引ければチャンス。

徳川の決意

・10G継続する自力CZで、ART当選期待度は約50%。
・消化中にフリーズが発生すればART確定。

超雄チャレンジ

・1G完結の自力CZで、ART当選期待度は約80%。

鬼飛来(オーガダイブ)

・1G完結の自力CZで、ART期待度は約70%。
・CZ前兆中の昇格抽選に当選した場合にオーガダイブに突入し、オーガダイブ失敗時には昇格抽選前のCZに移行する。
★成功時は約20%で青7ARTに突入。

(超)力みゾーン

・通常時の白BAR揃いは力みゾーン、CZ前兆中の白BAR揃いは超力みゾーンとなり、45枚を超える払い出しで終了(内部的にはボーナス)。
・力みゾーンからのCZ&ART期待度は約35%。
★超力みゾーンならCZorART濃厚。

 

ART

スロット 刃牙(七匠新台)地上最強の親子喧嘩

スロット「刃牙2017」のメインART「地上最強トーナメント」はゲーム数不定のART。

まずは対戦相手を決定し、対戦パート中はベル成立が刃牙攻撃の鍵を握ります。

見事トーナメントを勝ち抜くことできれば、STタイプのART「地上最強の親子喧嘩」に移行し、刃牙と勇次郎(オーガ)の白熱のバトルを堪能することができます(・∀・)

また、エンディングまで到達することで青7ART濃厚といった恩恵もあるので、レバーONには常に気合が入ってしまいそうですね(笑)

地上最強トーナメント

・継続ゲーム数不定のARTで、赤7よりも青7の方が継続期待度が高い。
・まずは15G間に渡って対戦相手を決定し、バトル勝利で次セットに移行する。
・対戦相手別の勝利期待度は、「ジャックハンマー<烈海王or渋川剛気<愚地独歩<愚地克己<花山薫<鎬昂昇or猪狩完至」の順でアップ。
・5戦勝ち抜くことでEXバトル「地上最強の親子喧嘩」に突入。

バトルの流れについて

・ベル成立時には刃牙ゲージアップのチャンスとなり、ゲージMAXで刃牙の継続バトルに移行。
⇒刃牙の攻撃がヒットすれば勝利、避けられた場合はバトル継続。
・リプレイ小山型で相手のゲージがアップし、ゲージMAXで相手の継続バトルに移行。
⇒刃牙が攻撃を喰らえばART終了、避けるor立ち上がれば継続バトルに移行。
・CB、レア小役成立時は刃牙の攻撃ヒット率アップ抽選が行われる。
・バトル継続時は攻撃した側のゲージはリセットされるが、攻撃された側のゲージはリセットされない。
⇒攻撃された側は次の継続バトルは攻撃パートに回れるチャンス。

グラップラーボーナス/死に際

・ART中(本前兆中も含む)の白BAR揃いは「グラップラーボーナス」となり、貯めたポイントに応じてARTストックを抽選する。
※プレバトルor継続バトル中の白BAR揃いは「死に際」に。

地上最強の親子喧嘩

・1セット20GのSTタイプのART。
・実質継続率は約85%となっており、継続抽選をパスすればSTゲーム数を再セット。
・10連到達後の継続抽選に漏れた場合にはエンディングが発生。
★エンディング到達で復帰後の地上最強トーナメントは青7濃厚。

鬼チャンス(オーガチャンス)

・20G固定のART初当たりストックの超高確率ゾーン。
・消化中は毎ゲーム約1/4でART初当たりストック抽選が行われる。
・初当たりストック当選時の7絵柄比率は、「赤7:青7=2:1」。
・ART終了後に鬼チャンスのゲーム数が残っている場合は、再度鬼チャンスに突入する。
★鬼チャンスの期待値は約2,500枚!

 

フリーズ

確率 約1/74000
恩恵 鬼チャンス

ロングフリーズ発生時の恩恵は、七匠のスロット刃牙の最強上乗せ特化ゾーンの鬼チャンス。

フリーズ確率は約1/74000と非常に重いですが、期待値は約2,500枚と強力な出玉増加トリガーです!

なお、鬼チャンスでの平均ART初当たりストック数は約5.2個となっています。

★詳細考察はこちら⇒刃牙 フリーズ確率と恩恵・期待枚数は約2500枚!

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


4月17日スロットベスト10 スロット 逆転裁判 総まとめ スロット タイムクロス2 総まとめ スロット ラストエグザイル 総まとめ スロット 黒神 総まとめ 設定推測ツール スロット 賞金首2 総まとめ スロット ツインエンジェル4 BREAK 総まとめ スロット テイルズオブシンフォニア 総まとめ スロット リング2 終焉ノ刻 総まとめ スロット アベンジャーズ 総まとめ スロット ケロロ軍曹 総まとめ
<--スポンサード リンク-->


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ