新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

ラストエグザイル 銀翼のファム【スロット解析】完全攻略マニュアル

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

スロット ラストエグザイル 解析©2003 GONZO Flying ©2011 GONZO ファムパートナーズ ©OIZUMI

スロット「ラストエグザイル 銀翼のファム」を楽しんで勝つための解析攻略情報を徹底網羅!

ラストエグザイルは「AAA」タイプということで、純ボーナスとATとARTが搭載された変則的なスペックとなっています。

ただ、ATとARTを行き来する「エグザイルラッシュ」の純増枚数は約1.5枚/Gとなっているので、A+ARTタイプとほぼ同じ感覚で打つことができるのではないかと思います。

      <--スポンサード リンク-->

更新情報

【5/20】天井情報や打ち方解説、朝一リセット挙動を追記。

スペック解析

基本情報
導入日 2017年5月22日
タイプ A+AT-ART
AT-ART純増 約1.5枚/G
コイン持ち 50枚あたり約34G
コイン単価 約2.5円(※設定1)
設定 超弩級
エグザイル
ラッシュ
青7BIG 赤7BIG
1 1/65536.0 1/910.2 1/1394.4
2 1/897.8 1/1310.7
3 1/862.3 1/1236.5
4 1/851.1 1/1213.6
5 1/809.1 1/1149.8
6 1/789.6 1/1129.9
設定 白7BIG BIG合成 REG
1 1/963.8 1/348.6 1/675.6
2 1/949.8 1/339.6 1/675.6
3 1/910.2 1/324.4 1/662.0
4 1/897.8 1/319.7 1/648.9
5 1/862.3 1/304.8 1/636.3
6 1/851.1 1/299.3 1/580.0
設定 ボーナス
合成
ART 機械割
1 1/230.0 1/539.5 97.8%
2 1/226.0 1/480.2 98.7%
3 1/217.7 1/503.7 101.2%
4 1/214.2 1/405.1 103.8%
5 1/206.1 1/444.7 106.2%
6 1/197.4 1/356.0 110.0%

ATとARTが行き来する変則スペック

スロット「ラストエグザイル 銀翼のファム」はATとARTが行き来する変則的なスペックではありますが、ボーナス合成確率は約1/230~1/200、AT-ARTも含めた初当たり合成は約1/161~1/128と比較的軽めです。

コイン持ちも50枚あたり約34Gと平均的ですし、コイン単価も約2.5円(設定1)とのことなので、特にこれといった予備知識はいらない遊び打ちしやすい新台だと思います。

また、機械割に関しても高くもなく低くもなく・・・といった印象ですね。

 

公式PV

 

天井恩恵

※天井は非搭載

天井・ゾーン狙い目とやめどき

天井狙い目 天井非搭載のため狙い目はなし
ゾーン狙い目 狙い目となるゾーンはなし
やめどき 通常転落後の前兆&高確非滞在を確認後

 

ゾーン振り分け

スロット「ラストエグザイル 銀翼のファム」は天井非搭載の非ゲーム数管理タイプとなっているため、規定ゲーム数到達時に何かしらの抽選が行われるといった仕様はありません。

 

朝一リセット挙動

項目 設定変更 電源OFF/ON
内部状態 再抽選 引き継ぐ
ステージ 昼ステージ
リセット時の状態移行率
低確 65.6%
通常 18.8%
高確 12.5%
超高確 3.1%

スロット「ラストエグザイル 銀翼のファム」の朝一リセット時には内部状態が再抽選されますが、移行率は全設定共通となっています。

高確以上への移行率は約16%となっているため、恩恵と言えるようなものではありませんし、朝一リセット判別にも活用しづらいですね。

 

打ち方

スロット ラストエグザイル 銀翼のファム 打ち方

1.左リール上段付近にBAR狙い。

2.中段チェリー停止時は、中・右リールは適当打ち。
⇒中段チェリー(BARを狙えば上段に揃う)

3.角チェリー停止時も、中・右リールは適当打ち。
⇒右リール中段にベル停止・・・弱チェリー
⇒右リール中段にベル非停止・・・強チェリー

4.上段スイカ停止時は中リールは白7、右リールにはBARを目安にしてスイカ狙い。
⇒スイカ揃い・・・スイカ(強弱はなし)
⇒スイカハズレ・・・チャンス目

5.下段BAR停止時は、中・右リールは適当打ち。

中・右リールの目押しはスイカ成立時のみ

スロット「ラストエグザイル 銀翼のファム」の小役狙い手順ですが、まずは左リール上段付近にBARを目安にしてチェリーを狙います。

角チェリー停止時は中・右リールの目押しは不要で、チェリーの強弱は右リール中段の停止形で判別することができます。

中段チェリー停止時も中・右リールは適当打ちで問題ありませんが、BARを狙えば上段に揃うため、記念撮影をしたい場合には狙っておきましょう(笑)

スイカが枠内にスベってきた場合は、中リールには白7、右リールにはBARを目安にしてスイカを狙えばOKです。

 

小役確率

設定差なし
強チェリー 1/218.5
中段チェリー 1/4369.1
チャンス目 1/385.5
設定差あり
設定 共通ベル 弱チェリー スイカ
1 1/81.6 1/106.6 1/79.4
2 1/76.8 1/104.9 1/78.0
3 1/80.6 1/103.2 1/76.3
4 1/75.1 1/101.6 1/75.0
5 1/78.7 1/100.1 1/73.3
6 1/72.6 1/98.6 1/71.4

スロット「ラストエグザイル 銀翼のファム」で出現率に設定差が付けられている小役は、「共通ベル/弱チェリー/スイカ」の3役です。

共通ベルは偶数設定かつ高設定ほど出現率がアップし、弱チェリーとスイカは高設定になるにつれて段階的に出現率がアップします。

ただし、通常時には共通ベル成立を見抜くことができないため、共通ベルはART中のみカウントしていく形になります。

弱チェリーとスイカに関しては、サンプルを取りやすいように合算してカウントしてしまうのがいいですね。

 

設定判別要素

スロット「ラストエグザイル 銀翼のファム」には、極端に大きな設定差が付けられている要素がありません。

そのため、設定差が付けられている要素をできる限り活用して、総合的に設定の高低を見極めていく必要があります。

例外的に、ボーナス終了画面には設定6確定パターンが盛り込まれているため、確認できれば迷わず全ツッパすることができます。

★詳細考察はこちら⇒ラストエグザイル 銀翼のファム 設定判別要素の総まとめ

★あなたが設定狙いで結果を出せていない場合のみ参考にしてみてください
設定期待度を一発表示!高性能の設定推測ツール

 

通常時

スロット ラストエグザイル 銀翼のファム CZ

スロット「ラストエグザイル 銀翼のファム」の通常時には、「インペトゥスチャレンジ」、「ミュステリオン詠唱モード」といった2種類の自力CZを搭載しています。

メインのCZは「インペトゥスチャレンジ」で、トータルART当選期待度は約30%。

後者の「ミュステリオン詠唱モード」はインペトゥスチャレンジ経由などで突入する上位CZで、ART当選期待度は約80%と激アツです!

インペトゥスチャレンジ

・最大15G継続する自力CZで、ART当選期待度は約33%。
・消化中はハズレ以外の全小役でポイント獲得抽選が行われており、ポイントに応じてART抽選が行われる。

ミュステリオン詠唱モード

・最大15G継続する上位自力CZで、ART当選期待度は80%オーバー!
・インペトゥスチャレンジ成功時の約25%でミステリオン詠唱モードに突入するため、ARTセット数上乗せのチャンス。

 

ボーナス

スロット ラストエグザイル 銀翼のファム 超弩級エグザイルラッシュ

スロット「ラストエグザイル 銀翼のファム」には全5種類のボーナスあり。

性能や払い出し枚数が異なる2種類のBIGとREGが搭載されているほか、約448枚獲得できるプレミアムボーナスの「超弩級エグザイルラッシュ」も搭載!

獲得枚数が多いだけではなく、もちろんART突入も確定します(^^)

赤7or白7BIG

・約152枚獲得可能のボーナス。
・消化中に白7が揃えばART確定。
★エピソードBIGが発生すればART確定。
★フリーズ経由のBIG当選時にはART確定&オーバーブーストの7揃い保障回数が優遇。

青7BIG

・約204枚獲得可能のボーナス。
・消化中に白7が揃えばART確定(赤7よりもART期待度が高い?)。
※基本的なゲーム性は赤7ot白7BIGと同じ。

REG

・約61枚獲得可能のボーナス。
・成立時にART抽選が行われる。

ヴェスパーボーナス

・約61枚獲得可能の上位REG。
★REG当選時の約1/3でヴェスパーボーナスに変化。

超弩級エグザイルラッシュ

・約448枚獲得可能のプレミアムボーナス。
・成立時点でART突入も確定。
★消化中は白7揃いが約1/8で出現し、白7が揃う度にARTセット数をストック。

 

AT-ART

スロット ラストエグザイル 銀翼のファム ART

スロット「ラストエグザイル 銀翼のファム」のAT-ART「エグザイルラッシュ」の純増枚数は約1.5枚/Gと、スタンダードなA+ARTのART純増枚数と変わりません。

初期ゲーム数決定ゾーンの「オーバーブースト」は、平均で約80Gの上乗せに期待が持てます。

また、ゲーム数上乗せ高確率状態の「防衛モード」、継続率管理の上乗せ特化ゾーン「グランエグザイルゾーン」も搭載!

最近は特化ゾーン絡みで一撃で乗せるタイプの機種が多いですが、個人的には直乗せと特化ゾーンでの上乗せのバランスが取れていると嬉しいです(笑)

エグザイルラッシュ

・初期ゲーム数はオーバーブーストで決定。
・ATとARTが組み合わさった変則的なタイプ。

オーバーブースト

・初期ゲーム数決定ゾーンで、7揃い&レア小役成立時にゲーム数上乗せが発生。

・平均上乗せゲーム数は約80G。
(ART初期ゲーム数は最低40G以上=7揃いの最低保障は4回)
★上位モードのフルブーストなら7揃いの最低保障が7回に。

防衛モード

・平均15G継続するゲーム数上乗せの高確率状態。

グランエグザイルラッシュ

・1セット7Gのゲーム数上乗せ特化ゾーンで、継続率は50~89%。
・継続抽選をパスする度にゲーム数上乗せが発生。
・レア小役成立時には上乗せ&セット継続確定。

 

フリーズ

確率 約1/10000
恩恵 BIG以上確定+オーバーブーストの7揃い回数優遇?

スロット「ラストエグザイル 銀翼のファム」には全11種類のフリーズが搭載されており、全てのフリーズ確率を合算すると約1/10000となるようです。

フリーズ発生時にはBIG以上が確定するだけでなく、オーバーブーストの7揃い保障回数が7回にアップするため、まとまったゲーム数を獲得した状態でのARTスタートに期待が持てます!

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


4月17日スロットベスト10 スロット 逆転裁判 総まとめ スロット タイムクロス2 総まとめ スロット ラストエグザイル 総まとめ スロット 黒神 総まとめ 設定推測ツール スロット 賞金首2 総まとめ スロット ツインエンジェル4 BREAK 総まとめ スロット テイルズオブシンフォニア 総まとめ スロット リング2 終焉ノ刻 総まとめ スロット アベンジャーズ 総まとめ スロット ケロロ軍曹 総まとめ
<--スポンサード リンク-->


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ