新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

輪るピングドラム 天井恩恵と狙い目・やめどき

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

スロット 輪るピングドラム 天井(1)©イクニチャウダー/ピングループ ©KITA DENSHI

パチスロ「輪るピングドラム」の天井恩恵解析から、天井狙い目とやめどきの考察です。

最近では定番となってきている、軽めのボーナスを足がかりにしてARTに繋げていくタイプですが、ピングドラムにはゲーム数天井が搭載されていません。

ART連続スルー天井は搭載されているので、ボーナス単発回数のみを参考にして天井を狙っていく形になりまね。

<--スポンサード リンク-->

更新情報

【3/31】実戦情報をもとに立ち回りを再考察。

天井恩恵解析

【天井条件】
ボーナスが最大10連続でART非当選
(※規定回数振り分けは3~10回)

【天井恩恵】
ART当選

スルー天井のみを搭載

スロット「輪るピングドラム」の天井条件は、ボーナスでのART非当選が規定回数に到達すること。

最深天井はREG10連続ということになりますが、3~9回目にも天井振り分けが存在するようです。
(※BIGは無限ART突入が確定するプレミアフラグ)

スルー天井のみを搭載している機種は珍しいですが、ゲーム数ハマリは考慮せず、基本的にはよりARTを連続でスルーしている台を狙うと覚えておけばOKです。

ただし、規定回数振り分けによってはボーダーを優遇したり、特定回数をゾーン狙い感覚で打てるかもしれませんね。

 

狙い目

現時点での天井狙い目は、ART6連続スルーを目安にして立ち回ってみます。

「3・5・7」回目はART抽選が優遇されているといった情報があるので、7回目をカバーしつつART当選まで打ち切る形です。

また、設定変更時には浅めの回数が選択されやすいようなので、リセット台はボーダーを優遇して狙っていくことができそう。

具体的な解析情報が判明するまでは一律で6連続スルーを目安にしておきますが、リセット恩恵が分かれば改めて狙い目は微調整します。

 

7回目の当選率が高め

※【3/31】追記:実戦データを見てみると、ART6連続スルー後のREG(7回目)の当選率が大きく優遇されています。

このことから当初の狙い目通り、7回目をカバーしつつ狙っていくのが効果的と言えます。

なお、その他の回数に関してはこれといって優遇されていないようなので、特定スルー回数をピンポイントで狙うといった立ち回りはできませんですね。

効率重視で立ち回るなら7回目をピンポイントで狙う方法もありますが、ホールの状況を見ながら臨機応変に立ち回りを変えていくのがベストです(^^)

 

やめどき

やめどきに関しては、ART後の前兆がないことと、高確に滞在していないことを確認してからやめということで。

上位状態でのボーナス成立時にはART抽選が優遇されるため、高確示唆演出はしっかりと確認しておきましょう。

なお、「水族館」が高確示唆ステージ、「絨毯部屋」が超高確示唆ステージとなっており、超高確中のボーナス成立時はART当選濃厚。

そして、「星空」はART本前兆濃厚ステージなので、移行した場合は絶対にやめないように!

 

立ち回りまとめ

【天井狙い目】
ART6連続スルー~

【やめどき】
・ART後の前兆&高確非滞在を確認後にやめ。

<解析まとめ・記事一覧>
・輪るピングドラム【スロット解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


スロット新台導入日(修正版) スロット ゴッドイーター2 総まとめ スロット ブラックラグーン3 総まとめ スロット まめ 総まとめ スロット 魔法少女まどかマギカA 総まとめ 設定推測ツール スロット 南国物語Aタイプ 総まとめ 2018年のスロット新台導入日 スロット コードギアスR2 CCバージョン 総まとめ スロット エヴァンゲリオン ドキドキ400ver 総まとめ スロット 烈火の炎 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ