新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

呪怨【スロット解析】完全攻略マニュアル

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

スロット 呪怨 解析©東映ビデオ株式会社/「呪怨」製作委員会/「呪怨2」製作委員会/DWANGO Co.Ltd.

スロット「呪怨」を楽しんで勝つための解析攻略情報を徹底網羅!

藤商事のホラースロット第2弾となる「呪怨」は、擬似ボーナスを搭載した純ARTスペックとなっています。

STタイプのARTを採用していますが、STの段階が進めば進むほどボーナス期待度がアップするといったゲーム性を採用しているのが特徴で、残りゲーム数が0になるまでにボーナスを引ければSTゲーム数が再セットされます!

      <--スポンサード リンク-->

スペック解析

基本情報
導入日 2017年5月8日
タイプ ART
ART純増 約1.9枚/G
コイン持ち 50枚あたり約46G
コイン単価 約2.6円(※設定1)
設定 伽椰子
ボーナス
ART 機械割
1 1/354 1/863 97.1%
2 1/326 1/800 98.6%
3 1/339 1/726 100.2%
4 1/271 1/637 103.6%
5 1/270 1/546 106.6%
6 1/227 1/466 110.4%

コイン持ちのいい新基準ART機

スロット「呪怨」は、コイン持ちがいい代わりに初当たりが重い王道の新基準ART機。

擬似ボーナスからART突入を目指していくことになりますが、ART初当たり確率が非常に重いのが目につきますね。

機械割は最近の新台の中では可もなく不可もなくといったところで、導入台数が約2,000台と少ないことを考えると、設定狙いで打てる機会はなさそうです(苦笑)

 

通常時

基本的にはCZ「覚醒の刻」を足がかりにしてARTへ繋げていくことになりますが、伽椰子ボーナス当選期待度約85%となる「超高確ステージ」も存在します。

移行時にはレバーONに気合が入りそうですが、期待度が期待度だけに移行条件は厳しそうですね(笑)

なお、「覚醒の刻」は10G継続する自力CZとなっており、ベルorレア小役成立時に抽選が行われます。

ステージ

・「学校/編集室/公園/佐伯家/漆黒の刻」の5ステージ。
⇒公園は高確示唆ステージ。
⇒佐伯家は高確or前兆示唆ステージ。
⇒漆黒の刻は前兆示唆ステージ。
★超高確率ステージは、伽椰子ボーナス当選期待度約85%の激アツステージ。

覚醒の刻

・10G継続する自力CZで成功期待度は約35%。

 

ボーナス

ボーナスは全4種類となっており、各ボーナスによってゲーム性が大きく異なります。

伽椰子ボーナスはART突入の足がかりとなるボーナスで、俊雄ボーナスは呪怨ラッシュ突入のCZ的な役割。

呪縛ボーナスはエクストラG数上乗せと呪怨ラッシュ突入、そして呪怨ボーナスはエクストラG数とST継続率アップ抽選が行われます。

伽椰子ボーナス

・50G継続する擬似ボーナスで、消化中にはART抽選が行われる。
・ART当選期待度は約40%。

俊雄ボーナス

・ベル4回で1セットの擬似ボーナスで、最大で7セットまで継続することあり。
⇒7セットまで継続すれば呪怨ラッシュ確定。

呪縛ボーナス

・40G継続する擬似ボーナスで、輪廻パートと余命宣告の2部構成。
⇒輪廻パートでは赤7揃いでエクストラG数を上乗せ。
⇒余命宣告パートでは呪怨ラッシュ突入抽選が行われる。

呪怨ボーナス

・50G継続する擬似ボーナスで、消化中はエクストラG数上乗せが行われる他、50%でST継続率アップ。

 

ART

スロット「呪怨」のARTはST+なる新感覚のST方式を採用しており、ST終盤に向かうにつれてボーナス期待度がアップします。

その反面、ボーナス時の獲得出玉が少なくなるといったユニークなゲーム性。

上乗せ特化ゾーンは「(超)呪怨ラッシュ」のみとシンプルなので、大量出玉獲得までの流れは分かりやすいですね。

STタイプのARTは今のところヒットした記憶がないですが、ひと味違うST+で打ち手の心を掴むことができるか・・・?

業深き刻

・STタイプのARTで、擬似ボーナスに当選すればSTゲーム数を再セット。
・エクストラG数を持っている場合は、ST開始前に消化する。
・実質継続率は70~90%。
・3段階のSTタイプとなっており、段階が進めば進むほどボーナス確率がアップ&出玉性能(ボーナス獲得出玉)がダウン。
・「一時停止」は2G間のボーナス高確率状態で、トータル期待度は約50%。
・「巻き戻し」が発生すればSTが再セットされる。
★初回ST駆け抜け時には巻き戻し発生が濃厚。

STの段階別の特徴

【怨嗟の衝撃】
ゲーム数:1~15G
ボーナス期待度:★
ボーナス獲得出玉:★★★

【怨念の連鎖】
ゲーム数:16~48G
ボーナス期待度:★★
ボーナス獲得出玉:★★

【最後の恨み】
ゲーム数:49~50G
ボーナス期待度:★★★
ボーナス獲得出玉:★

(超)呪怨ラッシュ

・8G継続する1G連ストック特化ゾーン。
・1G連の平均ストック数は約3個
・超呪怨ラッシュは上乗せ性能が大幅に強化されており、平均ストック数は約7個

 

天井恩恵

※調査中

打ち方

※調査中

小役確率

※調査中

朝一リセット挙動

※調査中

設定判別要素

※調査中

ゾーン振り分け・実践値

※調査中

フリーズ

確率 ※調査中
恩恵 最高継続率のST+呪怨ラッシュ
<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


4月17日スロットベスト10 スロット アカギ 闇に降り立った天才 総まとめ スロット マクロスフロンティア3 総まとめ スロット サクラ大戦4 総まとめ スロット 忍魂3 暁ノ章 総まとめ 設定推測ツール スロット 水戸黄門 総まとめ スロット タイムクロス2 総まとめ スロット グラップラー刃牙2017 総まとめ スロット 呪怨 総まとめ スロット ラストエグザイル 総まとめ スロット 逆転裁判 総まとめ
<--スポンサード リンク-->


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ