新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

ドキドキマンゴー【スロット解析】完全攻略マニュアル

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

スロット ドキドキマンゴー 解析©パイオニア

スロット「ドキドキマンゴー」を楽しんで勝つための解析攻略情報を徹底網羅!

ドキドキマンゴーはパイオニアの沖スロタイプですが、BIGとREGに加えてMBが搭載されているのが特徴です。

また、マンゴーリプレイ(特殊リプレイ)がボーナス当選のメイン契機となっているなど、シンプルな告知演出ながら一味違ったゲーム性を楽しめそうですね。

      <--スポンサード リンク-->

スペック解析

基本情報
導入日 2017年3月21日
タイプ Aタイプ
コイン持ち 50枚あたり約35G
コイン単価 約2.3円(※設定1)
設定 BIG MB REG
1 1/286 1/1213 1/712
2 1/282 1/1170 1/704
3 1/277 1/1110
4 1/264 1/993 1/697
5 1/250 1/862
6 1/239 1/789 1/689
設定 ボーナス
合成
機械割
1 1/174 98%
2 1/172 99%
3 1/168 100%
4 1/160 103%
5 1/151 106%
6 1/144 110%

3つのボーナスを搭載したAタイプ

基本的にはシンプルなゲーム性の沖スロタイプと捉えておいて問題なく、機械割も可もなく不可もなくといった印象。

高設定域の機械割がハナハナより下がっているのはネガティブ要素ですが、どちらにせよ導入台数は約2,000台程度とのことなので、設定狙いで打てる機会はまずなさそうです(苦笑)

一般的な沖スロタイプと違ってREG確率を重くなっている代わりにMBが追加されており、大きめの設定差が付けられてるのはMB。

たまにはこういったスペックの機種がリリースされるのも面白いと思います(^^)

 

公式PV

 

ボーナス

MBと聞くと1G(or2G)回しでのハイエナイメージが強いかもしれませんが、スロット「ドキドキマンゴー」のMBは約200枚獲得することができます。

ボーナス消化中にはお馴染みの設定示唆要素が盛り込まれているようなので、消化中の成立役やLEDランプはしっかりとチェックしておきたいところです。

また、マンゴーからのボーナス当選時はBIGorMBに期待が持てるほか、マンゴーが2G連続で成立した場合はボーナス確定となるため、要所要所のレバーONに気合が入りそうです(笑)

BIG

・約300枚獲得可能のボーナス。

MB

・約200枚獲得可能のボーナス。

REG

・約100枚獲得可能のボーナス。

 

天井恩恵

※天井は非搭載

打ち方

※調査中

設定判別要素

設定判別のメインとなるのはボーナス確率ですが、大きめの設定差が付けられているMB確率に注目ですね。

分母が大きめでサンプルは取りづらいですが、設定状況に期待が持てるうえでREGよりMBが先行していれば粘る要素になります。

ゾーン振り分け・実践値

スロット「ドキドキマンゴー」は天井非搭載のAタイプとなっているため、規定ゲーム数消化で何かしらの抽選が行われるといった仕様は特にありません。

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


1月5日スロットベスト10 スロット アナザーゴッドポセイドン 総まとめ スロット 攻殻機動隊2ndGIG 総まとめ スロット 押忍!番長3 総まとめ スロット Zガンダム 総まとめ スロット キン肉マン3 夢の超人タッグ編 総まとめ(修正版) 設定推測ツール スロット 獣王 王者の覚醒 総まとめ スロット 鬼浜爆走紅蓮隊 愛情恋歌編 総まとめ スロット アカギ 闇に降り立った天才 総まとめ スロット 水戸黄門 総まとめ スロット マクロスフロンティア3 総まとめ
<--スポンサード リンク-->


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ