新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

湘南純愛組 天井狙いの攻め時・ヤメ時

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

にほんブログ村 スロットブログへ
(C)ニューギン

 ニューギンから登場の湘南純愛組の天井狙い考察です!・・が僕の地域では導入ゼロで代わりに続・回胴のジャンゴが導入されたホールがありました(なんでこのタイミング!?)。

 この機種スペック見た限りでは天井狙いはおいしくはなさげな印象。ただ、ジャックポットという特殊な周期システムがあるんで、狙うならばこっちをメインで捉えて狙っていきたいです!

      <--スポンサード リンク-->

・天井

・ボーナス、ART間で1024G+最大32Gの前兆を経由してART当選。
※設定変更で天井までのゲーム数はリセット。

 現時点で判明している情報はこれくらいで天井の恩恵は特にないみたいです。またG解除テーブルが128G周期ということを考えると、最深部は1024G+最大32Gの前兆を経由ということで1056Gとなりますね!

 先に狙い目ゲーム数だけ書いておくと、760G~で様子みようと思います。G数解除テーブルの768G~の周期から狙っていく感じですね!それより深めに攻めるなら必然的に次のゾーンである896G~、つまり最深部ってことになりますね。

 まあ元々この機種ボーナス+ART合成が1/160.7、特にART初当たり確率が1/200.5となっていて天井の恩恵がART確定のみだった場合は明らかにおいしくはありません。浅めのゲーム数からだとかなり厳しくなると思います(^^;

※ART初当たり確率が軽い=単純にART1回あたりの獲得枚数が少ない

 ただ、この機種の特徴的な部分が「クワトロテーブル」なる4つの周期管理システム(クワトロ・○ジーナじゃないですよ!)。簡単に説明すると、

1.鬼塚テーブル
・・・96G周期の高確移行抽選

2.弾間テーブル
・・・32G周期の高確移行抽選

3.G数解除テーブル
・・・128G周期

4.ジャックポットテーブル
・・・約1000G周期

※鬼塚、弾間テーブルが重なると湘南戦争勃発(超高確)。

 特に注目したいのが、「ジャックポット」テーブルで、到達時には(スーパー)ジャックポットチャレンジが発生、成功すればストックしていたARTゲーム数を全放出という仕様になってるみたいです(笑)

 ちなみにジャックポットテーブルの周期ゲーム数はレア小役で大幅減算、などといった抽選も行っているようですが、液晶右下を見れば残りゲーム数は一目瞭然なので特に気にする必要はなさそうです(^^)

 また、その時点でどれくらいゲーム数を獲得しているのか、というのもメーターを見れば大まかには分かるみたいですが、内部的にはそれより多くのゲーム数を獲得していることもあるようですねー。まあある程度の参考にはなるかな、といった感じですね(^^;

 とりあえずジャックポットまでの残りゲーム数が少ない台は天井狙い以外でも積極的に狙っていきたいかなー、と思います!

 でもまあそういう台には現実的にはそうそうお目にかかられないと思うので、ジャックポットテーブルの残りゲーム数を考慮しつつ、天井の狙い目ゲーム数を調節して立ち回っていきたいなー、と考えてます。

※天井狙いの最中に、ジャックポットチャレンジ突入を狙う形。

 ヤメ時は基本即ヤメでいきたいと考えてますが、ボーナス、ART当選でジャックポットチャレンジまでのゲーム数がリセットされないようなら、場合によっては128Gまでのゾーンを回しつつ、ジャックポットチャレンジ突入まで回せるっといったこともありそうですね!

 まだハッキリとしない部分も多いので情報出次第更新していきますね(^^)

・まとめ

・天井狙いはボーナス、ART間760G~。
・ヤメ時は即前兆なしを確認後ヤメ。

パチスロ湘南純愛組!のその他記事

・湘南純愛組! ゾーン振り分け詳細

・湘南純愛組 打ち方・出目

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


1月5日スロットベスト10 スロット アナザーゴッドポセイドン 総まとめ スロット 攻殻機動隊2ndGIG 総まとめ スロット 押忍!番長3 総まとめ スロット Zガンダム 総まとめ スロット キン肉マン3 夢の超人タッグ編 総まとめ(修正版) 設定推測ツール スロット 獣王 王者の覚醒 総まとめ スロット 鬼浜爆走紅蓮隊 愛情恋歌編 総まとめ スロット アカギ 闇に降り立った天才 総まとめ スロット 水戸黄門 総まとめ スロット マクロスフロンティア3 総まとめ
<--スポンサード リンク-->


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ