新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

北斗の拳 修羅の国篇 ゾーン振り分け・実践値まとめ

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

パチスロ 北斗の拳 修羅の国篇 06©武論尊・原哲夫/NSP 1983, ©NSP 2007 版権許諾証YSC-506 ©Sammy

パチスロ「北斗の拳 修羅の国篇」のゾーン振り分けや実践値情報はこちらでまとめていきます。

強敵と同じく、レア小役からAT当選を目指すゲーム性となっていますが、ゾーン実践値の傾向はいかに・・・?

また、今までの北斗シリーズのように、ART(AT)終了後には高確移行抽選が行われていると思われるため、ART後の当選率(引き戻し)にも注目ですね。

      <--スポンサード リンク-->

実践値情報

hokutonoken-shura-zone50※ART間・ART初当たりのみ対象
※引用元:パチスロ期待値見える化 『スロット天井・解析・攻略』

ゾーンの傾向

ゾーン実践値を見てみると、やはり天井を除くと規定ゲーム数到達時に何かしらの抽選が行われるといった仕様はないようです。

つまり、「強敵」や「世紀末救世主伝説」と同じく狙い目となるようなゾーンはなく、よりハマっている台を優先して天井を狙っていけばOKということですね。

また、ART後の高確以降にもほぼ期待が持てないようなので、ART後はできる限り早めに見切りを付けてしまいたいところです。

 

立ち回り再考察

特にこれといったゾーンはありませんし、天井狙い目はART間770Gハマリを基準にしつつ、よりハマっている台を優先して狙っていきます。

★詳細解説はこちら⇒北斗の拳 修羅の国篇 天井恩恵と狙い目・やめどき

ART間ハマリは筐体で確認することができるので、天井狙い稼働では必ずそちらを参考にして立ち回っていきましょう。

 

また、神拳勝舞の連敗数は次回ARTに引き継がれるといった特性がありますが、連敗数も筐体メニューから確認することができるため、10連敗以上している台を確認できればボーダーを多少優遇して狙っていっていいと思います。
(※10連敗以降は「拳力」発生率アップ、20連敗以降は「拳力」が毎ゲーム発生)

やめどきに関しても変更はありませんが、ART引き戻しにはほぼ期待が持てないようなので、即前兆やカイゼル・カイオウステージ移行といった演出を確認できなかった場合は、すぐに見切りを付けようと思っています。

<解析まとめ・記事一覧>
・北斗の拳 修羅の国篇【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


スロット新台導入日(修正版) スロット 戦国コレクション3 総まとめ スロット ニューパルサーSP2 総まとめ スロット グレートキングハナハナ 総まとめ スロット 魔法少女まどかマギカA 総まとめ スロット ゴッドイーター2 総まとめ スロット ブラックラグーン3 総まとめ スロット まめ 総まとめ スロット ウルトラセブン 総まとめ スロット ゴルゴ13 総まとめ スロット 魁!男塾 総まとめ 設定推測ツール
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ