新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

モンスターハンター 月下雷鳴 朝一リセット時の挙動

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

モンスターハンター 月下雷鳴 13©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. ©エンターライズ

パチスロ「モンスターハンター 月下雷鳴」の朝一リセット(設定変更)時の挙動や恩恵についてのまとめです。

朝一設定変更時には天井ゲーム数がリセットされ、内部状態や内部モードが再抽選されます。

必ず専用のリセットモードへ移行するのが特徴で、リセットモードの最大天井は864Gとなっています。

<--スポンサード リンク-->

リセットor電源OFF/ON時

項目 設定変更 電源OFF/ON
天井 リセット 引き継ぐ
内部状態 再抽選 引き継ぐ
内部モード リセットモードへ 引き継ぐ
ステージ ランダム ランダム

 

モンスターハンター 月下雷鳴 リセット内部状態

モンスターハンター 月下雷鳴 リセットモードのゾーン振り分け

 

リセット後は天井短縮

朝一で最も大きな特徴は、最大天井ゲーム数が135G短縮されることです。

また、リセットモードでのボーナス当選時は、BB振り分けも優遇されています。

リセット恩恵が強力な機種に比べれば見劣りしますが、ボーナス後に比べて浅めのゲーム数から天井を狙っていくことができますね。

リセット台の具体的な天井狙い目は、481~544Gゾーンの手前である480G付近を目安ということにしておきます。

 

なお、リセット台を0Gから狙っていく旨味はないですが、天国ゾーン最深部をピンポイントで狙ったゾーン狙いは有効です。

ただ、リセット確定という限定された状況の立ち回りになるため、ホールの傾向や前日のデータをしっかりと把握した上で、確実にリセット台を狙っていく必要があります。

 

変更判別

変更判別に使える要素は、朝一128G以内の(フェイク)前兆。

リセットモードは88Gまでにフェイク前兆が発生するという特徴があり、特に81~88Gから前兆が発生しやすくなっているため、ここから前兆が始まり128G付近で終了した場合は設定変更(リセット)されている可能性が高いです。

ただし、CZ前兆中だった場合はゲーム数解除前兆が発生しないため、その場合は変更判別要素として活用することはできません。

 

なお、リセット判別と聞いて真っ先に思い浮かぶのはガックンチェックだと思いますが、「モンスターハンター 月下雷鳴」は設定変更してもガックンしません。

また、高設定ほど高確移行率が優遇されるといった傾向もありますが、設定判別・変更判別に活用できるほどのものではないですね。

<解析まとめ・記事一覧>
・モンスターハンター 月下雷鳴【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


2018年のスロット新台導入日 スロット コードギアスR2 CCバージョン 総まとめ スロット 南国物語Aタイプ 総まとめ スロット エヴァンゲリオン ドキドキ400ver 総まとめ スロット 烈火の炎 総まとめ スロット エヴァンゲリオン まごころを君に2(新台)総まとめ スロット 乙女マスターズ 総まとめ スロット 戦場のヴァルキュリア 総まとめ スロットGATE 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ