1月22日レクタングル
新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

ルパン三世 消されたルパン ゾーン振り分け・実践値

パチスロ ルパン三世 消されたルパン 09©オリンピア ©モンキー・パンチ/TMS・NTV

パチスロ「ルパン三世 消されたルパン」のゾーン振り分け・実践値情報はこちらでまとめていきます。

自力CZ「ウォンテッドチャンス」には、規定ゲーム数を消化することによって突入します。

規定ゲーム数決定タイミングは、「ボーナス終了時/ART終了時/規定ゲーム数到達(ウォンテッドチャンス当選)時/設定変更時」の4つ。

液晶左上の「ウォンテッドカウンター」は、しっかりとチェックしておきましょう。

更新情報

【8/17】ゾーン振り分け解析を追記。

実践値情報

kesaretarupin-zone50※2G以内のデータは除外
※引用元:パチスロ期待値見える化 『スロット天井・解析・攻略』

ゾーン振り分け解析

消されたルパン ゾーン振り分け完全版

ゾーンの傾向

ゾーン実践値を見てみると、151~200G付近の当選率がやや上がっているのが目につきます。

前情報では、「30G/150G」にウォンテッドチャンス突入振り分けありとのことでしたが、150Gゾーンの影響がそのまま出ていると考えるのが妥当なところでしょう。

そして、150Gとは対照的に、50G以内の当選率は最も低くなっています。

仮に30G付近に突入振り分けがあるとしても、低設定の場合はほとんど気にしなくても良さそうです。

 

ウォンテッドチャンス後のゾーンに設定差

※【8/17】追記:契機別のゾーン振り分け解析が判明しました。

ゾーン振り分けに設定差が付けられているのはウォンテッドチャンス後のみで、その他の契機の場合は一切振り分けに設定差は付けられていません。

 

ウォンテッドチャンス後に関しては、高設定になるにつれて浅めのゾーンでの突入率が優遇。

それに加えて、「353~384G」ゾーンで突入すれば設定2以上、「449~480G」ゾーンで突入すれば設定4以上確定となります。
(※前兆を挟んだ場合はゲーム数がズレてしまうことに注意)

それ以外の契機の場合は、「1/~32G」ゾーンと「97~128G」ゾーン、「129~160G」ゾーンの当選率がウォンテッドチャンス後に比べて優遇されていますね。

 

立ち回り再考察

天井狙い目は導入当初と変わらず、通常時630Gハマリ付近を目安にして狙っていきます。

CZ間天井をゾーン狙い感覚で狙う場合の暫定的な狙い目も変わらず、CZ間380G付近が目安。

 

 

やめどきも変更はなく、ボーナス・ART後の前兆&高確非滞在を確認してからやめということで。

実践値を見る限り、引き戻し要素がかなり弱めの機種なので、1Gでも早く見切りを付けられるよう意識しておきましょう。

1月5日スロットベスト10 1月22日記事下 スロット 牙狼 守りし者 総まとめ スロット エヴァンゲリオン 勝利への願い 総まとめ スロット モンキーターン3 総まとめ 設定推測ツール スロット ソウルキャリバー 総まとめ スロット ジョーズ 総まとめ スロット スターオーシャン4 総まとめ スロット 宇宙戦艦ヤマト2199 総まとめ スロット おそ松さん 総まとめ スロット G1優駿倶楽部 総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ