1月22日レクタングル
新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

翠星(すいせい)のガルガンティア 打ち方・レア小役出目

パチスロ 翠星のガルガンティア リール©オケアノス/「翠星のガルガンティア」製作委員会 ©D-light

パチスロ「翠星のガルガンティア」の打ち方とレア小役出目をまとめておきます。

打ち方は超シンプルで、基本的にはスイカテンパイ時だけ、右リールの目押しが必要になってきます。

また、成立確率は約1/874と重いものの、純ボーナスを搭載している機種なので、ボーナス成立時には最速入賞を狙ってコインロスを最小限に抑えたいところです。

打ち方手順

・左・中リールを適当打ちし、スイカテンパイ時には右リールにはBARを目安にしてスイカを狙う。
⇒中段チェリーor上・中段に2連月絵柄・・・中段チェリー
⇒角チェリーor中・下段に2連月絵柄+右リール中段ベル停止・・・弱チェリー
⇒角チェリーor中・下段に2連月絵柄+右リール中段ベル非停止・・・強チェリー
⇒右下がりスイカ揃い・・・弱スイカ
⇒平行スイカ揃い・・・強スイカ
⇒上段リプレイテンパイハズレ・・・チャンス目A
⇒スイカテンパイハズレ・・・チャンス目B
※チャンス目成立時にはフラッシュ発生

下半月絵柄がチェリーの代用に

左リールの下半月絵柄は、チェリーの代用絵柄となっています。

そのため、左・中リールは適当打ちで消化しても、チェリー・スイカの両方をフォローすることができます。

右リールにはスイカが2個しかないため、左・中リールにスイカがテンパイした場合には、右リールはBARを目安にしてスイカを狙いましょう。

なお、チェリーの強弱は右リールの停止形で判別することができ、中段にベルが停止すれば弱チェリー、それ以外であれば強チェリーとなります。

 

また、翠星のガルガンティアには2種類のチャンス目が存在しますが、どちらのチャンス目も成立時にはリールフラッシュが発生するため、見逃す心配はありません(^^)

レア小役成立後に強めの演出が発生した場合には、ボーナス(BAR・BAR・青7)を狙っていきましょう。

最低限の目押しさえできればよっぽど小役を取りこぼすことはないので、パチスロ初心者にも打ちやすい機種ですね。

<天井狙い目・やめどき攻略>
・翠星のガルガンティア 天井恩恵と狙い目・やめどき

<解析まとめ・記事一覧>
・翠星のガルガンティア【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

1月5日スロットベスト10 1月22日記事下 スロット 牙狼 守りし者 総まとめ スロット エヴァンゲリオン 勝利への願い 総まとめ スロット モンキーターン3 総まとめ 設定推測ツール スロット ソウルキャリバー 総まとめ スロット ジョーズ 総まとめ スロット スターオーシャン4 総まとめ スロット 宇宙戦艦ヤマト2199 総まとめ スロット おそ松さん 総まとめ スロット G1優駿倶楽部 総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ