新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

偽物語 朝一設定変更・リセット時の挙動

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

パチスロ 偽物語 01©西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト ©Sammy

パチスロ「偽物語」の朝一設定変更(リセット)時の挙動についての解析情報です。

朝一設定変更時には内部状態が再抽選されますが、設定別の高確移行率は?

また、サミーの筐体ということで、設定変更判別にはお馴染みのリールガックンが使えると思います。

<--スポンサード リンク-->

リセットor電源OFF/ON時

項目 設定変更 電源OFF/ON
天井 リセット 引き継ぐ
内部状態 再抽選 引き継ぐ
ステージ 家ステージ 家ステージ

内部状態

設定 通常 高確 超高確
1 64.8% 30.1% 5.1%
2 59.8% 35.2%
3 54.7% 40.2%
4 49.6% 45.3%
5
6

※状態移行率はART終了時と同様

 

大きな恩恵はなし?

朝一設定変更時には解呪ノ儀当選に関わる内部状態を再抽選。

低設定の高確以上移行率は約35%、設定4以上であれば約50%で高確以上スタートに期待が持てます。

ただし、内部状態移行率はART終了時と同様と言うことで、設定変更時の高確移行率が特別優遇されているというワケではないです。

 

とりあえず現状の解析情報を見る限りでは、朝一リセット台狙いにこれといった旨みはなさそう。

低確~超高確といった内部状態とは別に、解呪連抽選に関わる解呪連モードが存在するとのことでなので、後者の解析次第では狙い目になってくる可能性はありますけどね。

 

設定変更判別方法

冒頭で書いた通り、パチスロ「偽物語」はサミーの筐体なので、ガックンチェックが有効だと思います。

もちろんホール側が簡単に対策できてしまう要素なので、ホール側の傾向を予め把握しておく必要はあります。

 

もう一点変更判別要素として活用できるのが高確示唆演出。

朝一は設定変更or電源OFF/ONに関わらず家ステージスタートとなりますが、特にレア小役を引かずに高確示唆演出を確認できれば、設定変更期待度は上がりますね。

高確示唆演出や前兆示唆演出に関しては、天井狙い考察記事を参考にしてみて下さい。

<天井狙い目・やめどき攻略>
・偽物語 天井恩恵と狙い目・やめどき

<解析まとめ・記事一覧>
・偽物語【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


スロット新台導入日(修正版) スロット ゴッドイーター2 総まとめ スロット ブラックラグーン3 総まとめ スロット まめ 総まとめ スロット 魔法少女まどかマギカA 総まとめ 設定推測ツール スロット 南国物語Aタイプ 総まとめ 2018年のスロット新台導入日 スロット コードギアスR2 CCバージョン 総まとめ スロット エヴァンゲリオン ドキドキ400ver 総まとめ スロット 烈火の炎 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ