新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

秘宝伝-伝説への道- 打ち方・レア小役出目

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

秘宝伝 伝説への道 リール©DAITO GIKEN,INC.

パチスロ秘宝伝シリーズの新作「パチスロ 秘宝伝-伝説への道-」の打ち方とレア小役出目についてをまとめておきます。

「伝説への道」を打つにあたってこれといって難しい要素はないのですが、ART中には少し注意が必要です

まずは通常時の小役狙い手順を把握した上で、ART中の注意点も確実に抑えておきましょう!

※【1/8】更新:4枚チェリーと11枚チェリーの停止形を追記。

      <--スポンサード リンク-->

打ち方・レア小役出目

1.左リール上段付近にBAR狙い。

2.中段チェリー停止時は中・右リールは適当打ち。
⇒伝説目
(※BARを狙えば右下がり揃い)

3.角チェリー停止時も中・右リールは適当打ち。
⇒角チェリー+中リール中段にリプレイ停止・・・4枚チェリー
⇒角チェリー+中リール中段にベルorチェリー停止・・・11枚チェリー(確定役)
※11枚チェリー成立時にはVフラッシュを伴う

4.枠内ピラミッド絵柄停止時は中・右リールにもピラミッド絵柄狙い。
⇒右下がりor上段ピラミッド揃い・・・強チャンス目
⇒ピラミッドテンパイハズレ・・・チャンス目
⇒右上がりリプレイ・・・チャンスリプレイ

5.下段BAR停止時は中・右リールは適当打ち。
⇒フラッシュ発生・・・チャンス目

※ART中に「!」ナビが出現した場合にはいずれかのリールにBARを狙ってSIN入賞を回避。

 

打ち方はシンプル

「秘宝伝-伝説への道-」の打ち方は超シンプルです。

まずは左リール上段付近にBARを目安にしてチェリーを狙い、ピラミッド絵柄が枠内にスベってきた場合には中・右リールもピラミッド絵柄を狙います。

それ以外の場合は中・右リールは適当打ちで問題ありません。

 

中段チェリー停止時は伝説目となり、中・右リールにもBARを狙えば右下がり揃いするようですが、他にフラグはないためわざわざ目押しする必要もないでしょう。

また、チェリーに強・弱といった概念はありませんが、角チェリー停止時にVフラッシュを伴った場合には11枚チェリー(確定役)、それ以外の場合は4枚チェリーとなるようです。

※【1/8】追記:4枚チェリーは角チェリー+中リール中段にリプレイ停止、11枚チェリーは中リール中段にベルorチェリーが停止します。

それぞれのチェリー確率には設定差が付けられており、特に11枚チェリー確率に大きめの設定差が付けられています。

 

左リール枠内ピラミッド絵柄停止時には、中・右リールにもピラミッド絵柄を狙ってレア小役を判別します。

上段or右下がりピラミッド揃いとなれば強チャンス目、ピラミッドテンパイハズレとなればチャンス目、右上がりリプレイとなった場合はチャンスリプレイとなります。

 

ART中の「!」ナビ出現時にはSIN入賞を回避

ART中の「!」ナビ出現時には少し注意が必要です。

「!」ナビ出現時にはSIN成立の合図となるため、いずれかのリールにBARを狙ってSIN入賞を回避する必要があります。

ここでもしSIN入賞させてしまった場合にはRT状態が転落し、リプレイ確率が大幅にダウンするため慎重に消化するべきですね。

 

とは言え、通常時の打ち方と同じ要領で打っていればよっぽど問題はないと思います

万が一、左リールにBARを狙えなかった場合も中・右リールにどちらかにBARを狙えばSIN入賞を回避することができるようなので、落ち着いてBARを狙って消化しましょう(^^)

<天井狙い目・やめどき詳細>
・秘宝伝 伝説への道 天井恩恵と狙い目・やめどき

<解析まとめ・記事一覧>
・秘宝伝 伝説への道【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


1月5日スロットベスト10 スロット アナザーゴッドポセイドン 総まとめ スロット 攻殻機動隊2ndGIG 総まとめ スロット 押忍!番長3 総まとめ スロット Zガンダム 総まとめ スロット キン肉マン3 夢の超人タッグ編 総まとめ(修正版) 設定推測ツール スロット 獣王 王者の覚醒 総まとめ スロット 鬼浜爆走紅蓮隊 愛情恋歌編 総まとめ スロット アカギ 闇に降り立った天才 総まとめ スロット 水戸黄門 総まとめ スロット マクロスフロンティア3 総まとめ
<--スポンサード リンク-->


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ