新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

リノ〈RENO〉2015 スペックとゲームフロー

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

パチスロ リノ2015 01©YAMASA

12月7日より導入となる山佐のパチスロ「リノ」のスペックやゲームフローの紹介です。

導入前からリアルボーナスの連チャンが話題になっている「リノ」ですが、連チャンの鍵を握っているのは【トマト】

トマト成立後には状態が転落するまでボーナス確率が1/8までアップと、独特なシステムが組み込まれているようですね(^^)

      <--スポンサード リンク-->

基本スペック解析

基本情報
導入日 2015年12月7日
タイプ Aタイプ
コイン持ち 50枚あたり約29G
コイン単価 約3.3円(※設定1)
設定 BIG REG
1 1/162.1 1/243.3
2 1/157.7 1/236.7
3 1/153.5 1/230.4
4 1/145.3 1/218.1
5 1/137.1 1/205.8
6 1/132.0 1/198.0
設定 ボーナス
初当たり
機械割
1 1/393.3 96.6%
2 1/381.6 98.2%
3 1/370.6 99.6%
4 1/349.1 103.0%
5 1/327.6 106.3%
6 1/314.0 108.1%

※BIG・REG数値は連チャン込の数値

少し特殊なAタイプ

パチスロ「リノ」はまさかのリアルボーナスの連チャンを実現しているという点を除けば、ストックやモードといった概念はないようです。

また上記のBIG確率・REG確率は連チャン込の数値となっており、ボーナス初当たり確率自体は約1/393~1/314とかなり重めに設定されています。

 

そして山佐のパチスロということもあってか(?)、全体的に機械割が低めになっているため、迂闊に設定狙いで打つのは危険ですね(^^;

販売台数も約5,000台と控えめなので、仮に設定狙いで狙っていくならば慎重にホールを選ぶ必要があります。

 

ゲームフロー

トマト揃い

・トマト揃い後にはボーナス確率が約1/8までアップ。
・ボーナス高確率状態は約1/30で転落する。

BIGボーナス

・約200枚獲得可能の純ボーナス。

REGボーナス

・約80枚獲得可能の純ボーナス。

連チャン期待度は80%以上!

現時点では詳しい抽選方法が謎に包まれていますが、ボーナス連チャンの鍵を握るのが「トマト揃い」で、成立後にはボーナス高確率状態へ移行します。

※追記:システムについて少し掘り下げて解説してみました⇒リノ〈Reno〉 【山佐】天井とやめどきについて

 

高確状態中はボーナス確率が約1/8と飛躍的に上昇し、約1/30の転落抽選に引っかからない限りは高確率状態が継続。

100G以内のボーナス期待度は約82%と、破格の数値となっているようです(゜□゜!!

 

擬似ボーナスではなく、リアルボーナスの連チャンということで連チャン中の出玉スピードは現行機種屈指と言えますね。

ただ設定狙いが厳しめの機種ということに加えて天井も搭載されてはいないため、個人的には遊び打ち以外では打つ機会はなさそうです(;´∀`)

<解析まとめ・記事一覧>
・リノ2015〈Reno〉【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


4月17日スロットベスト10 スロット 逆転裁判 総まとめ スロット タイムクロス2 総まとめ スロット ラストエグザイル 総まとめ スロット 黒神 総まとめ 設定推測ツール スロット 賞金首2 総まとめ スロット ツインエンジェル4 BREAK 総まとめ スロット テイルズオブシンフォニア 総まとめ スロット リング2 終焉ノ刻 総まとめ スロット アベンジャーズ 総まとめ スロット ケロロ軍曹 総まとめ
<--スポンサード リンク-->


2 Responses to “リノ〈RENO〉2015 スペックとゲームフロー”

  1. 名無し より:

    これって…ボーナス無抽選のRTが基本で、トマト揃いでボーナス抽選する通常時に転落して、下段リプレイの一部でボーナス無抽選RTに再突入って流れのシステムじゃないのかな?って思うんですけど…どうなんですかね?

    • さとる より:

      コメントありがとうございます。

      http://slot-expectation.com/archives/6133

      システムに関しては上記記事で補足したのですが、流れとしては仰られている形で合っていると思います。

      こういったシステムを採用してくるあたり、さすがは山佐といったところですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ