新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

マジェスティックプリンス【パチスロ解析】

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

パチスロ マジェスティックプリンス 03©創通・フィールズ/MJP製作委員会 ©創通/フィールズ ©ヒーローズ Produced by D-light

パチスロ「マジェスティックプリンス」を楽しんで勝つための解析情報を徹底網羅!

メインとなるAT当選契機は規定ゲノムポイント到達が条件となっており、チェリー成立時には「ゲノム玉」によるポイント放出もあり!

さらにゲノムポイント大量獲得ゾーン「ブラストオフゾーン」も搭載しており、「北斗-転生-」や「戦国コレクション2」に似たゲーム性となっています(^^)

<--スポンサード リンク-->

スペック解析

設定 AT確率 機械割
1 1/467 97.2%
2 1/450 98.1%
3 1/418 100.1%
4 1/365 104.1%
5 1/325 107.2%
6 1/284 113.0%

 

天井恩恵

天井G数 通常A:1500ゲノム
(★設定1~3のみリセット時は1000ゲノムポイント)
通常B:1000ゲノム
天国A:250ゲノム
天国B:250ゲノム
恩恵 AT当選
宵越し 不可(★リセット恩恵あり)

天井・ゾーン狙い目とやめどき

天井狙い目 通常時900ゲノム~
★リセット450ゲノム~
ゾーン狙い目 狙い目のゾーンはなし
やめどき AT後の前兆なしを確認後
※通常AorBでのAT当選後に200ゲノムポイント付近まで貯まっている場合は天国否定までフォロー

 

打ち方

まずは左リール上段付近にBARを狙い、下段BAR停止時は中・右リールは適当打ちでOKです。

チェリー成立時には中リールを適当打ちし、右リールに闘争本能絵柄を狙えば強弱判別が可能です(^^)

スイカ停止時には中・右リールともに闘争本能絵柄を目安にスイカをフォローしましょう!

なお小役確率に関しては一切設定差は付けられていないようです。

 

朝一リセット挙動

朝一リセット時には天井が1000ゲノムポイントに短縮されることが濃厚なため、宵越し天井狙いでは非常に重宝する機種です。

理由として考えられるのは設定変更時には通常A移行振り分けが存在しない、もしくはリセット時専用のゾーン振り分けが存在するといったことが考えられますね(^^)

 

設定判別要素

基本となってくるのはAT初当たり確率ですが、原因の一つは高設定ほど上位モード移行率が優遇されているためです。

またチェリー成立時の上位ゲノム玉獲得率も高設定ほど優遇されているため、設定狙いではあわせてチェックしておきましょう(^^)

 

ゾーン振り分け・実践値

ゾーン実践値を見る限りでは最深部の振り分けが集中していると推測できるため、ゾーン狙いはせず天井狙い一択で立ち回っていくのがベターです。

天国天井である250ゲノム付近と思われるゾーンの当選率がやや上がっているため、AT後に200ゲノムポイント近くまで引っ張られた場合には天国天井までフォローしておいた方がいいでしょう。

 

モード移行率

マジェスティックプリンス モード移行率

モード移行率補足

高設定ほど通常B以上への移行率が優遇されており、逆に低設定の場合は通常A滞在比率が高めです。

このことから設定狙いでは天国天井である250ゲノム内での当選&通常B天井である1000Gゲノム内の当選に注目!

1000ゲノムを何度も超えてしまうようであれば低設定の可能性が高まります(><)

 

ロングフリーズ

確率 1/48477~1/47494
恩恵 マジェスティックアタック当選

ロングフリーズ恩恵である「マジェスティックアタック」はAT3ケタスタート確定に加えてAT3セット以上のストックが確定となります(・∀・)

フリーズ演出自体は非常にシンプルにまとめらており、闘争本能絵柄がV字型停止した後にAT当選といった流れとなっています。

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


2018年のスロット新台導入日 スロット コードギアスR2 CCバージョン 総まとめ スロット 南国物語Aタイプ 総まとめ スロット エヴァンゲリオン ドキドキ400ver 総まとめ スロット 烈火の炎 総まとめ スロット エヴァンゲリオン まごころを君に2(新台)総まとめ スロット 乙女マスターズ 総まとめ スロット 戦場のヴァルキュリア 総まとめ スロットGATE 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ