新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

鬼武者3 時空天翔 打ち方・小役確率解析

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

鬼武者3 時空天翔 リール©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. ©Sammy

パチスロ「鬼武者3 時空天翔」の打ち方・レア小役出目や小役確率はこちらでまとめていきます。

最近のサミーの機種はインフィニティビジョンを採用していましたが、何故か時空天翔は旧筐体ということで左リールがアンリミテッドリール(笑)

以前の機種に比べてリール遊びは控えめになっているようですが、せっかくなら新筐体を使って欲しかったところです。

※【11/21】更新:小役確率解析値を追記。

<--スポンサード リンク-->

打ち方・レア小役出目

1.左リール上段付近にBAR狙い。

2.中段チェリー停止時は中・右リールは適当打ち。
⇒中段チェリー・・・強チェリー

3.角チェリー停止時も中・右リールは適当打ち。
⇒右リール上段or下段にチェリー停止・・・強チェリー
⇒それ以外・・・弱チェリー

4.上段スイカ停止時も中・右リールは適当打ち。
⇒スイカ揃い・・・スイカ(強・弱はなし)
⇒スイカハズレ・・・チャンス目

5.下段BAR停止時も中・右リールは適当打ち。

極めてシンプルな打ち方

レア小役を判別するために必要となってくる目押しは左リールのみと、極めてシンプルな打ち方で対応できます(^^)

またレア小役の種類も「弱チェリー/強チェリー/スイカ/チャンス目」の4種類。

そして中段チェリーはプレミア役ではなく、強チェリーとなっているため成立時に過度な期待は禁物です(笑)

 

変則打ちによるペナルティも特にないようなのでフルウェイトでサクサク消化していくことができますね。

なお鬼武者シリーズでお馴染みの前兆ゾーン「鬼モード」は主に強チェリーを契機に突入、自力CZは主にチャンス目からの突入となるようです。

 

小役確率解析

通常状態

弱チェリー:1/70.0
強チェリー:1/201.0
スイカ:1/70.0
チャンス目:1/400.0
覚醒役:1/84758.2

高確状態

弱チェリー:1/70.0
強チェリー:1/201.0
スイカ:1/70.0
チャンス目:1/22.0
覚醒役:1/81977.4

確変A中

弱チェリー:1/2.4(1/6.5)
強チェリー:1/11.7(1/27.3)
スイカ:1/7.3(1/7.3)
チャンス目:1/28.7(1/3.0)
覚醒役:1/52060.2
レア小役合成:1/1.5
※左数値は通常滞在時・右数値は高確滞在時

確変B中

弱チェリー:1/2.7(1/5.8)
強チェリー:1/3.0(1/13.1)
スイカ:1/8.1(1/7.8)
チャンス目:1/6.1(1/1.6)
覚醒役:1/52060.2
レア小役合成:1/1.0
※左数値は通常滞在時・右数値は高確滞在時

コイン持ち・コイン単価

【コイン持ち】
50枚あたり約44.9G

【コイン単価】
約3.2円

小役確率に設定差はなし

コイン持ちは50枚あたり約44.9Gとよく回る新基準AT機。

小役確率に関しては例のごとく判明次第追記していきます。

 

※【11/21】追記:小役確率解析値を追加しました。

内部状態によって小役確率が変動するものの設定差は付けられていないため、どの小役もカウントする必要はありません。

内部状態は「通常/高確」の2種類が存在し、高確中にはチャンス目確率が飛躍的にアップ

 

また「鬼武者3 時空天翔」では1G限定のレア小役確変も存在し、突入時の次ゲーム数限定でレア小役が超高確率で成立。

確変A状態であれば約1/5でレア小役が成立、確変B状態の場合は100%レア小役成立となります!

<天井狙い目・やめどき詳細>
・鬼武者3 時空天翔 天井恩恵と狙い目・やめどき

<解析まとめ・記事一覧>
・鬼武者3 時空天翔【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


2018年のスロット新台導入日 スロット コードギアスR2 CCバージョン 総まとめ スロット 南国物語Aタイプ 総まとめ スロット エヴァンゲリオン ドキドキ400ver 総まとめ スロット 烈火の炎 総まとめ スロット エヴァンゲリオン まごころを君に2(新台)総まとめ スロット 乙女マスターズ 総まとめ スロット 戦場のヴァルキュリア 総まとめ スロットGATE 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ