1月22日レクタングル
新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

デッドマンワンダーランド 小役確率解析・コイン単価

デッドマンワンダーランド 01©2010 片岡人生、近藤一馬/角川書店/デッドマン・ワンダーランドG棟 ©KITA DENSHI

パチスロ「デッドマンワンダーランド」の小役確率解析・コイン持ち・コイン単価についての情報です。

「弱チェリー/強チェリー」確率に設定差が付けられている他、ART中のハズレ確率に大きな設定差が付けられているため要チェック。

コイン持ちに関しては約34Gということでボーナス+ARTタイプにしてはよく回る方ですね。

小役確率解析

・通常時は「弱チェリー/強チェリー」の2役に設定差あり。
(※チャンス目確率には設定差なし、その他小役確率は不明)
※【追記:その他通常時の小役確率は設定差なし。
・ART中のハズレ確率は設定差大。

設定差のある小役確率

設定 弱チェ 強チェ 合成
1 1/72.8 1/262.1 1/57.0
2 1/71.2 1/257.0 1/55.8
3 1/69.7 1/252.1 1/54.6
4 1/68.3 1/247.3 1/53.5
5 1/66.9 1/242.7 1/52.4
6 1/65.5 1/238.3 1/51.4

【ART中のハズレ確率】
設定1:1/4096.0
設定2:1/3276.8
設定3:1/2048.0
設定4:1/1638.4
設定5:1/1310.7
設定6:1/1024.0

設定差のない小役確率

スイカ:1/88.6
共通ベル:1/32768.0
チャンス目A:1/481.9
チャンス目B:1/327.7
中段チェリー:1/4096.0

コイン持ち・コイン単価

【コイン持ち】
50枚あたり約34G

【コイン単価】
約2.9円
(※設定1)

ART中のハズレ確率に大きな設定差

現在判明している小役確率は通常時の「弱チェリー/強チェリー」確率とチャンス目確率、そしてART中のハズレ確率。

チャンス目確率に関しては全設定共通で1/195.1と設定差はなく、その他小役確率は現時点では不明となっています。

「弱チェリー/強チェリー」ともに高設定ほど出現率がアップしますが、そこまで大きな設定差は付けられていないため参考程度の判別要素と捉えて活用していきましょう。

 

大きな設定差が付けられているのはART中のハズレ確率で設定1と設定6では4倍の設定差あり。

ART中限定となっているのでサンプルが取りにくいのがネックではありますが、複数回出現を確認できれば高設定期待度アップ!

設定狙いでは必ずチェックしておきたい要素ですね。

 

なおコイン単価は約2.9円とボーナス+ARTタイプでは至って標準的な数値となっています。

パチスロ「デッドマンワンダーランド」は私の通う一部ホールでも導入されたので、実際に打てる機会もありそうです(^^)

 

※【11/9】追記:その他通常時の小役確率を追記しました。

ART中・REG中に関しても設定差は付けられていないため、それぞれをカウントする必要はないです。

<天井狙い目・やめどき詳細>
・デッドマンワンダーランド 天井恩恵と狙い目・やめどき

<解析まとめ・記事一覧>
・デッドマンワンダーランド【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

1月5日スロットベスト10 1月22日記事下 スロット 牙狼 守りし者 総まとめ スロット エヴァンゲリオン 勝利への願い 総まとめ スロット モンキーターン3 総まとめ 設定推測ツール スロット ソウルキャリバー 総まとめ スロット ジョーズ 総まとめ スロット スターオーシャン4 総まとめ スロット 宇宙戦艦ヤマト2199 総まとめ スロット おそ松さん 総まとめ スロット G1優駿倶楽部 総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ