新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

花の慶次~これより我ら修羅に入る~ 天井狙いの攻め時とヤメ時

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

にほんブログ村 スロットブログへ
(C)ニューギン

 昨日更新したARMS記事をブログ村からめっちゃ読んでくれたみたいでちょっと驚いてます。別段ふつうの内容だったんで、揉め事を期待して読んでくれた方にはなんだか申し訳ない気持ちですが・・

 僕は草食系、というかチキンなんで極力トラブルは起こしたくないんですよ(爆)

 さて、本題に入りまして、花の慶次-修羅-の天井狙い考察に入っていきたいと思いますね(^^)慶次は原作好きなんで期待してます♪

      <--スポンサード リンク-->

・天井

・AT間で
☆通常・・・最大1400G
☆チャンス・・・最大1280G
☆天国・・・最大128G
でAT当選。
※1400Gハマリ時は修羅100Gが確定。
※設定変更で天井までのゲーム数はリセット

 G数管理タイプということで天国モードも存在するようですが、内部モードについては通常、チャンス、天国の3つが存在すること以外はこれといった解析は出ていないんで解析出次第更新します!通常天井が1400Gとしてチャンス天井がどこにくるのかが気になりますねー!
※チャンスは天井が1280Gの模様。

 最深天井ゲーム数自体は従来のG数管理タイプと比べると若干深めですね。もしかしたら恩恵もあるかもしれませんが、そういった情報はないんで、あくまでAT確定と捉えて狙い目をつけるなら750Gあたりからって所ですかねー。

※最深部である1400Gでの当選時は修羅100Gが確定とのことです。天井狙い打ち始めは750G→720Gに変更します。

 もう少し深めな所からだと850G~って所でしょう!モード別天井や、ゾーンが出てくるまではこの2つのどちらかを基準にして考えていくといいと思います(^^)

 ゲーム性について少し触れておくと、前作もパチンコを意識した演出が用意されてましたが、今回は保留玉というものがあり、保留玉消化によってAT&傾奇ブレイクをガチ抽選といったシステムや、そしてボーナス確率の異なる2種類のAT「戦鬼(ボーナス確率約1/19)」、「修羅(ボーナス確率約1/10)」があり、AT中はST感覚でボーナスが引けるかどうかのドキドキ感を演出するみたいな?流れみたいですね(≧▽≦)

 ちなみに天武の極なんですが、今回は0G連上乗せ特化ゾーンとなりループ率は80%!!・・・ん?これって桜花乱舞と変わらんよね・・・??あえていうなら青7or赤7orBARが揃うとなってるんで揃った絵柄によって上乗せゲーム数が違うのかな??

※青7揃いは戦鬼上乗せ、赤7揃いは修羅上乗せ、BAR揃いは戦鬼&修羅上乗せのようですね!

 ・・・とまあ前作以上にパチンコを意識した作り込みになってるみたいなんで、パチンコ慶次好きの僕にはうってつけの台になるかもしれませんねー!ただ、最近パチンコ慶次こけまくってるんでそれが気になる所ではありますがね(^^;

 あっ、ヤメ時についてまだ触れてなかったですが、とりあえずいつも通り天国否定までということで様子見てみます!解析出てきて天国狙いに期待値ないようだったら変更します!!

※AT終了画面で次回天国期待度がある程度分かるようです。このことから、モバラッチョ~を(簡単)登録しておくことを前提として、扉が「赤or金or虎」、キャラが「松風or秀吉」の場合は天国否定まで回し、それ以外の場合は即前兆なしでヤメ、という感じで立ち回りたいと思います!

・まとめ

・天井狙いは720G~。
・ヤメ時はモバラッチョ~を(簡単)登録しておいた上で扉が「赤or金or虎」、またはキャラが「松風or秀吉」の場合は天国否定まで、それ以外は即前兆なしでヤメ。

<全記事一覧>
・パチスロ花の慶次-これより我ら修羅に入る- 記事一覧

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


1月5日スロットベスト10 スロット アナザーゴッドポセイドン 総まとめ スロット 攻殻機動隊2ndGIG 総まとめ スロット 押忍!番長3 総まとめ スロット Zガンダム 総まとめ スロット キン肉マン3 夢の超人タッグ編 総まとめ(修正版) 設定推測ツール スロット 獣王 王者の覚醒 総まとめ スロット 鬼浜爆走紅蓮隊 愛情恋歌編 総まとめ スロット アカギ 闇に降り立った天才 総まとめ スロット 水戸黄門 総まとめ スロット マクロスフロンティア3 総まとめ
<--スポンサード リンク-->


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ