新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

シャドウハーツ2-運命の道標- 設定差解析・設定判別要素

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

パチスロ シャドウハーツ2-運命の道標-©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

パチスロ「シャドウハーツ2-運命の道標-」の設定判別要素はこちらで随時まとめていきます。

シャドウハーツ2の特徴的なシステムの1つとして挙げられる「ジャッジメントリング」ですが、開始1周目で成功した場合には味方キャラのボイスが発生。

ボイス発生率に設定差が付けられており、中には発生時点で高設定濃厚となるボイスも用意されているようです。

<--スポンサード リンク-->

※【10/22】更新:ART中ボーナス終了画面の高設定確定パターンを追加。

ボーナス・ART確率

ボーナス合成

設定1:1/200
設定2:1/195
設定3:1/200
設定4:1/190
設定5:1/200
設定6:1/165

ART確率

設定1:1/499
設定2:1/469
設定3:1/460
設定4:1/377
設定5:1/368
設定6:1/325

ART確率は段階的にアップ

シャドウハーツ2-運命の道標-は幻影ボーナス確率とART確率それぞれに設定差あり。

幻影ボーナスに関しては偶数設定が若干優遇されており、奇数設定に関しては共通の確率となっています。

また偶数設定の中でも設定6のボーナス確率が大きく優遇されているのが特徴ですね

 

ART初当たり確率に関しては設定が上がるにつれ段階的に優遇、設定1と設定6では約1.5倍の設定差が付けられておりボーナス確率より有効な判別要素となってきそうです。

ボーナス・ARTそれぞれの契機別当選率が判明すればまた追記します。

 

※【9/19】追記:契機別のボーナス当選確率判明しました。

後述の単独ボーナス確率には設定差が付けられていますが、その他契機に関しては設定差は付けられていないようです

 

単独ボーナス確率

【同色ボーナス】
設定1・3・5:1/32768.0
設定2:1/16384.0
設定4:1/10922.7
設定6:1/5461.3

【異色ボーナス】
設定1・3・5:1/3640.9
設定2:1/2730.7
設定4:1/2184.5
設定6:1/840.2

【単独ボーナス合成】
設定1・3・5:1/3276.8
設定2:1/2340.6
設定4:1/1820.4
設定6:1/728.2

偶数設定かつ高設定が優遇

※【9/19】追記:設定別の単独ボーナス確率解析出ました。

奇数設定に関しては一切設定差は付けられておらず、偶数設定かつ高設定ほど単独ボーナス確率がアップ

中でも設定6は別格の数値となっているため、非常に重要な設定判別要素となってきますね!

もちろんボーナス当選契機をしっかりと把握できないと設定判別要素としては使えないので気をつけて下さい(><)

 

ART直撃当選率

低確滞在時
設定 弱チェ・
弱スイカ
強チェ 中段チェ
1 0.02% 5.0% 100%
2 0.07%
3 0.10%
4 0.24% 10.0%
5 0.29%
6 0.34%
設定 強スイカ チャンス目 周期
チャンス目
1 0.8% 0.4% 12.5%
2 1.2% 0.6% 25.0%
3 1.4% 0.7%
4 2.5% 1.3%
5 2.9% 1.5%
6 3.3% 1.7%
高確滞在時
設定 弱チェ・
弱スイカ
強チェ 中段チェ
1 1.0% 33.0% 100%
2 3.0%
3 4.0%
4 10.0% 50.0%
5 12.0%
6 14.0%
設定 強スイカ チャンス目 周期
チャンス目
1 10.0% 5.0% 50.0%
2 11.6% 6.6%
3 12.3% 7.3%
4 17.0% 12.0%
5 18.6% 13.6%
6 20.2% 15.2%

※ボーナス同時当選時にはART抽選を行わない。

【実質的なART直撃当選率】
設定1:1/1681
設定2:1/1449
設定3:1/1332
設定4:1/859
設定5:1/785
設定6:1/749
※天井到達を含む数値

ART直撃当選に大きな設定差あり

※【10/10】追記:設定別のART直撃当選率は高設定になるにつれて優遇。

内部状態を正確に把握することはできないのでトータルの直撃当選率から判断するのがいいかと思いますが、どのレア小役に関しても大きな設定差が付けられていますね。

特に設定差が大きいのが弱チェリー・弱スイカからの直撃当選率!

内部状態に関わらず一度でも確認できれば高設定期待度大幅アップとなりますね(^^)

ボーナス同時当選時にはART抽選を行わないためそちらはサンプルから除外しましょう。

 

なお直撃ART当選時の継続率振り分けにも設定差が付けられています。

直撃当選時のART継続率
設定 50%ループ 60%ループ
1 83.9% 12.5%
2 81.8% 13.3%
3 50.0% 5.0%
4 56.3% 25.0%
5 37.5% 6.3%
6 31.3% 31.3%
設定 70%ループ 80%ループ
1 3.1% 0.4%
2 3.9% 1.0%
3 5.0% 40.0%
4 12.5% 6.3%
5 6.3% 50.0%
6 25.0% 12.5%

※1.天井到達時は例外。
※2.超高確中の周期チャンス目or中段チェリーでの当選時は80%ループ確定。

 

設定判別に使うには微妙な要素なのでオマケ程度に覚えておけば問題ないですが、低設定は50%ループの振り分けが8割以上なのに対して設定3以上は60%ループ以上の振り分けが優遇。

特に設定3・5は80%ループの振り分けが別格に優遇されているのが特徴で、ART連チャンに期待が持てる仕様となっていますね。

 

ジャッジメントリングでのキャラボイス

・ジャッジメントリング開始1周目成功時の味方キャラボイスは「ウル/カレン/アナスタシア/アリス」のパターンあり。

設定 ウル アナスタシア カレン アリス
1 58.8% 36.6% 4.6%
2 35.1% 6.1%
3 55.8% 41.2% 3.1%
4 38.2% 6.1%
5 50.8% 46.1% 3.1% 0.04%
6 50.9% 44.3% 4.6% 0.31%

アリスボイスは高設定示唆

打ち方まとめで少し触れましたがジャッジメントリング開始1周目成功時には恩恵あり

その恩恵が設定示唆となるキャラボイスが発生するとのことで現時点では「ウル/カレン/アナスタシア/アリス」の4パターンが確認されているようです。

中でも注目なのが高設定濃厚となるアリスボイス

ボイス選択率振り分けは解析待ちになりますが、設定状況に期待が持てる場合にアリスボイスを確認できた場合には粘ってみる価値は十分ありそうです。

ただジャッジメントリングに失敗した場合には設定示唆となるボイスが発生しない上、ART(ゲーム数上乗せ)抽選も受けることができないので演出発生時には十分注意してください。

 

その他ART中のボーナス終了画面でも設定示唆ありといった情報もあるので判明次第随時更新していきます。

※【8/29】追記:実践値でのキャラボイス発生率を追記しました。

 

※【9/30】追記:ボイス振り分け実践値を解析値に変更済み。

アリスボイス発生時には設定5or6が確定となるので確認時点で全ツッパでOK!

その他ボイスに関してもそれぞれ設定差が付けられているものの設定判別要素として使えるほどではないので、特に気にする必要はないでしょう。

なお高設定確定となるアリスのセリフは「やっとあなたに会えた」です。

 

ART中ハズレ確率

設定1:1/98.6
設定2:1/93.0
設定3:1/88.0
設定4:1/83.5
設定5:1/75.8
設定6:1/66.7

ART中のハズレ確率に設定差あり

※【8/29】追記:シャドウハーツ2-運命の道標-はART中のハズレ確率に設定差が付けられているようです。

あくまで実践値なので現時点での数値は参考程度に見ておくのがいいかと思いますが、高設定ほどART中ハズレ確率がアップすることは抑えておきましょう。
(※解析値に書き換え済み)

解析判明すれば追記します。

 

※【9/19】追記:ART中ハズレ確率判明しました。

設定差が上がるにつれ段階的にハズレ確率はアップ。

ART中にしかサンプルを取ることができませんが、そこそこの設定差が付けられているためART中には常にカウントしておきましょう(^^)

ただボーナス成立後にはハズレが出現しやすくなるので、ボーナス成立後のハズレに関してはサンプルから除外して下さい。

 

ART中ボーナス終了画面

設定 ウル
&ブランカ
ゼペット
&コーネリア
ヨアヒム
1 75.0% 7.5% 7.5%
2 5.0% 5.0%
3 7.5% 7.5%
4 5.0% 5.0%
5 70.0% 9.6% 9.6%
6 5.0% 5.0%
設定 アナスタシア
&蔵人
ルチア
&カルラ
1 5.0% 5.0%
2 7.5% 7.5%
3 5.0% 5.0%
4 7.1% 7.1%
5 5.0% 5.0%
6 9.0% 9.0%
設定 浪速&芳子
&蔵人
甚八郎&アンヌ
&ウル
1
2
3
4 0.8%
5 0.1%
6 1.2%

3人パターンなら高設定確定

※【10/22】追記:ART中ボーナス終了画面選択率には設定差あり。

最も基本となるのは「ウル&ブランカ」で、「ゼペット&コーネリア」or「ヨアヒム」は奇数設定示唆、「アナスタシア&蔵人」or「ルチア&カルラ」は偶数設定示唆画面となっています。

最も重要な終了画面パターンは「浪速&芳子&蔵人」と「甚八郎&アンヌ&ウル」

前者は設定4以上が確定、後者の場合は設定5or6が確定となるため確認できれば設定狙いで全ツッパでOKですね。

 

私自身、原作ゲームをプレイしたことがないのでそれぞれのキャラの名前と顔が一致しませんが(爆)、終了画面に3人登場するのは「浪速&芳子&蔵人」と「甚八郎&アンヌ&ウル」のみとなっています。

このことからART中のボーナス終了画面が3人パターンであれば高設定確定、かつ主人公であるウルが含まれていれば設定5or6確定と覚えておきましょう!

 

・・にしても私の地域ではシャドウハーツ2の減台が続々と進んでいます(苦笑)

最近は純ボーナス+ARTタイプは全くと言っていいほど流行りませんね(^^;

★「パチマガ・スロマガ」で設定推測ツールが実装済みです。
パチマガ・スロマガレビュー記事

<解析まとめ・記事一覧>
シャドウハーツ2 運命の道標【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


スロット新台導入日(修正版) スロット ゴッドイーター2 総まとめ スロット ブラックラグーン3 総まとめ スロット まめ 総まとめ スロット 魔法少女まどかマギカA 総まとめ 設定推測ツール スロット 南国物語Aタイプ 総まとめ 2018年のスロット新台導入日 スロット コードギアスR2 CCバージョン 総まとめ スロット エヴァンゲリオン ドキドキ400ver 総まとめ スロット 烈火の炎 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ