新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

シャドウハーツ2-運命の道標-天井恩恵と狙い目・やめどき

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

パチスロ シャドウハーツ2-運命- 02©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

ユニバーサルブロスのパチスロシャドウハーツ2-運命の道標-の天井恩恵解析から狙い目とやめどきの考察です。

スペックはボーナス+ARTタイプとなっておりART純増枚数はボーナス込みで約2.1枚/1G

天井ゲーム数が浅めで条件がボーナス間となっているためホールのデータ機の特徴は予め把握した上で狙っていきましょう!

※【10/10】更新:ART非当選後のボーナス終了時内部状態移行率を追加。

      <--スポンサード リンク-->

天井恩恵解析

【天井ゲーム数】
・ボーナス間777G+α。

※設定変更で天井までのゲーム数はリセット。

【天井恩恵】
・ART当選が確定。
(※天井ARTも50%ループ以上のART)

【天井到達時のART継続率振り分け】
50%ループ:96.1%
60%ループ:3.1%
70%ループ:0.8%
80%ループ:0.003%

浅めのボーナス間天井

天井ゲーム数はボーナス間777Gとなっており到達後は前兆を経由してART当選となります。

浅めの天井ということもあってか天井到達時にはART当選以外の特別な恩恵はないようですね。

天井ゲーム数が浅めということは基本的にはハマリ台が目につきやすくなりますが、天井条件がボーナス間天井となっており途中でARTを挟んでもOKなため、ホールのデータ機のタイプによっては狙い目の1機種となってくるかもしれません。

 

天井狙い目

天井狙い目はボーナス間450Gからを目安にして狙ってみようと思います。

シャドウハーツ2-運命の道標-のボーナス初当たり確率は約1/200~約1/165と軽めのスペックですが、天井ゲーム数が浅めなこともあって設定1の天井到達率は約2.03%

さすがに最近の新基準機と比較すれば天井到達率は低めの部類に入りますが(爆)それ以前の機種と比較した場合そこまで低いワケではありません。

ただ先述の通り浅めの天井ゲーム数の機種はハマリ台が目に付きやすいので、ボーナス間ハマリという条件と宵越し天井を上手く絡めつつ狙っていきたい所ですね。
(※ボーナス間ハマリは筐体メニューから確認可能、2周目以降の天井も発動するようです)

 

※【9/17】追記:天井ARTの継続率は通常当選時と同じく50%ループ以上のARTに当選。

ART中に天井に到達した場合には50%以上のARTをストックします。

※【9/19】追記:天井到達時のART継続率振り分け解析出ました。

ほぼ50%ループが選択されることになるため、天井ARTでのセット数連チャンにはあまり期待が持てそうにないですね。

 

やめどき

やめどきは基本的にはボーナス後の前兆なしを確認した即やめということでOKでしょう。

ART後のやめどきは天井を目指せるゲーム数であれば続行、それ以外の場合はボーナス後と同じく前兆なしを確認してやめということで。

ただグレイヴヤードは前兆示唆、鏡の城はART確定となる本前兆ステージとなっているので、移行した場合には即やめ厳禁です!

また高確示唆ステージであるウェールズに移行した場合も少し様子を見ておいてもいいかもしれませんね。

その他新たな情報判明すれば随時更新していきます。

 

※【9/6】追記:実践値データではボーナス後のART直撃当選比率がそれ以降に比べて高めの結果となっています。

原因としてはボーナス後の内部状態移行率が優遇されていることが考えられるので、ボーナス後のやめどきにはやや余裕を持っておいた方がよさそうです。

内部状態についての解析が判明すればまた更新します。

 

※【9/17】追記:高確・前兆示唆演出が判明したのでまとめておきます。

高確示唆演出一覧

【高確以上滞在に期待】
・小役ナビ系演出が第3停止で発生してハズレ。
・セリフウィンドウ演出2段階でリプレイorベル。
・リプレイorベル入賞時に液晶リールのバックライトが高速点滅。
(※非前兆中であれば高確以上が確定)

【高確以上の滞在確定】
・小役ナビ系演出が白ナビ時にリプレイ。
・レバーON時以外でリング役モノ演出が発生。

前兆示唆演出一覧

【前兆に期待】(※フェイクも含む)
・紋章演出。
・SHOTチャンス演出。
・液晶リール消灯。
・液晶リールに鏡図柄が出現。

【前兆確定】(※フェイクも含む)
・セリフウィンドウ演出で赤文字。
・カレン酒場演出で強告知発生(カレン「もう終わり」)。
・ゼペット本棚演出で本が豪華。
・ブランカアクション演出でブランカが吠える。
・ルチアアロマテラピー演出で左手告知。
・ヨアヒム武器発見演出で告知大。
・アナスタシアスナップ写真演出でステップ3。
・液晶リールが逆始動。

【本前兆確定】
・キャラ遭遇演出で加藤登場時にレア小役を否定。
・リング役モノ演出が第2停止始動。
・小役ナビ系演出で紫ナビ発生時に弱チェリーor弱スイカ。
・同一ステージへ移行。
・レバーON時にシャッター全閉⇒第3停止時に全開してルアーブルへ移行。

これらの演出、特に前兆示唆や高確以上確定演出を確認できた場合にはしばらく様子を見るべきですね。

 

※【10/10】追記:ART非当選となった場合のボーナス終了時内部状態移行率が判明しました。

異色ボーナス後
移行先 低確⇒ 高確⇒ 準備⇒
低確 50.0%
高確 50.0% 100%
準備 100%
同色ボーナス後
移行先 低確⇒ 高確⇒ 準備⇒
低確
高確 100% 100%
準備 100%

同色ボーナス終了後には必ず高確以上へ移行、異色ボーナス成立時に低確状態だった場合も1/2で高確へ移行。

同色ボーナス後にはもちろん異色ボーナス後も高確示唆演出に注意しつつやめどきを見極めていきましょう。

なお準備(超高確準備)へ移行することは稀ですが移行した場合には15~16G消化することで超高確へ移行、超高確移行時には最大20G消化することでART当選が確定となります。

音声動画解説

 

 

立ち回りまとめ

【天井狙い目】
ボーナス間450G~

【やめどき】
・ボーナス後の前兆と高確非滞在を確認してやめ。
・ART後は天井を狙えるのであれば続行、それ以外は前兆なしを確認してやめ。

<解析まとめ・記事一覧>
シャドウハーツ2 運命の道標【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


1月5日スロットベスト10 スロット アナザーゴッドポセイドン 総まとめ スロット 攻殻機動隊2ndGIG 総まとめ スロット 押忍!番長3 総まとめ スロット Zガンダム 総まとめ スロット キン肉マン3 夢の超人タッグ編 総まとめ(修正版) 設定推測ツール スロット 獣王 王者の覚醒 総まとめ スロット 鬼浜爆走紅蓮隊 愛情恋歌編 総まとめ スロット アカギ 闇に降り立った天才 総まとめ スロット 水戸黄門 総まとめ スロット マクロスフロンティア3 総まとめ
<--スポンサード リンク-->


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ