1月22日レクタングル
新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

ハナビ 通常時の打ち方とBIG・RT中の技術介入要素

パチスロ ハナビ リール画像©ACROSS

アクロスから登場となるパチスロ新台「HANABI(ハナビ)」の打ち方と技術介入要素についてをまとめてみました!

またまた懐かしのタイトルとなりますが、今回のハナビはリバイバルをテーマとして復刻機をリリースしてきたA PROJECTの第3弾目のパチスロ機となりますね(・∀・)

ハナビの演出といえばバックライト演出が挙げられますがそちらも継承されており、リーチ目の種類は実に2800種類以上(゜□゜;!!

BIG終了後には最大20GのRTも存在するので、ここはスロッターとしての腕の魅せ所です!

通常時の打ち方

1.左リール上段付近にBAR狙いして右リールは適当打ち。

2.氷テンパイ時には中リールには赤7を目安にして氷狙い。

ボーナス中の打ち方

【BIG中】

・一度だけ中段に赤7をビタ押しして14枚役を獲得することで最大枚数311枚を獲得可能。

【REG中】

・順押し適当打ち消化でOK。

通常時の打ち方とボーナス中の技術介入要素

通常時の打ち方はお馴染みのハサミ打ち消化が最も取りこぼしが少ない打ち方ですね(^^)

氷の払い出し枚数は15枚となっているので確実にフォローして下さい!

氷がテンパイした場合には中リールにも氷を狙えばOKで赤7を下段付近に狙うイメージでリールを止めるとフォローしやすいかと思います。

 

BIG中には1度のみ中段に赤7をビタ押しして14枚役をフォローすれば、最大枚数である311枚を獲得可能です。

ビタ押しは何度でも挑戦することができるので初心者でも安心の仕様となっていますね(´∀`)

RT中の打ち方

【ハナビチャレンジ中】

逆押しナビ発生時には右・中リールを適当打ちして左リール上段にBAR狙い
⇒左リール上段にBARが停止すればリプレイハズシ成功。

【ハナビゲーム中】

・予告音発生時には通常時の打ち方で小役をフォロー、それ以外は順押し適当打ち消化でOK。

RT中の技術介入要素

ハナビのRTは「ハナビチャレンジ」「ハナビゲーム」の2つが搭載されています。

各RTの基本性能は下記の通り。

<RT『花火チャレンジ』>
・純増枚数約0.3枚/1GのRTで最大20Gまで継続。
・JAC INフラグ(移行リプレイ)は約1/3で成立し、成立すると『花火ゲーム』へ移行。
・リプレイハズシをすることでJAC INを回避することが可能。

<RT『花火ゲーム』>
・純増枚数約0.5枚/1GのRTで20G固定。
・花火ゲーム中にBGMが停止した場合はボーナスが確定。

ハナビチャレンジ中は最大20G継続となっているんですが、移行リプレイを入賞させると強制的にハナビゲームへ移行してしまうので、上記リプレイハズシ手順で移行リプレイを回避しましょう!

左リール上段にBARが停止すれば技術介入成功となるんですが、ビタ押しが必須ではなく2コマの余裕があるので、こちらに関しても難易度は下げられています(・∀・)

注意点としては20G以内にJAC IN(移行リプレイ)を入賞させないとRTパートはそのまま終了となってしまうので残り7G以内は順押しで消化するようにしてください。

ハナビゲームに関しては予告音発生時に小役をフォローさえすれば、後は適当打ち消化でOKです。

<解析まとめ・記事一覧>
・ハナビ【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

1月5日スロットベスト10 1月22日記事下 スロット 牙狼 守りし者 総まとめ スロット エヴァンゲリオン 勝利への願い 総まとめ スロット モンキーターン3 総まとめ 設定推測ツール スロット ソウルキャリバー 総まとめ スロット ジョーズ 総まとめ スロット スターオーシャン4 総まとめ スロット 宇宙戦艦ヤマト2199 総まとめ スロット おそ松さん 総まとめ スロット G1優駿倶楽部 総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ