新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

蒼穹のファフナー ゾーン振り分け詳細

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・

パチスロ 蒼穹のファフナー 画像02©XEBEC・竜宮島役場/©XEBEC・PLAN L/©XEBEC/FAFNER PROJECT ©SANKYO

パチスロ「蒼穹のファフナー」のゾーン振り分け詳細解析が遂に判明!

この機種は『乙姫覚醒ゾーン』に関わる5つのモードと『Vバトル・乙姫チャンス』に関わる6つのモードが存在することは以前の記事で書きましたが、それぞれのゾーン詳細振り分けが判明したことでピンポイントでなら狙えそうなゾーンもあります(・∀・)

また特定ゾーンでのVバトルor乙姫チャンス当選で高設定濃厚となるゾーンもあるので注目です!

      <--スポンサード リンク-->

ゾーン振り分け詳細解析

乙姫覚醒ゾーン

蒼穹のファフナー 乙姫覚醒覚醒ゾーン振り分け詳細
※規定ゲーム数到達後15~16Gの前兆を経由しての当選。

 

Vバトル・乙姫チャンス

<通常モード滞在時>
蒼穹のファフナー Vバトル・乙姫チャンスゾーン振り分け(通常モード)

<天国モード滞在時>
蒼穹のファフナー Vバトル・乙姫チャンスゾーン振り分け(天国モード)

<末尾ゲーム数振り分け>
蒼穹のファフナー Vバトル・乙姫チャンスゾーン末尾ゲーム数振り分け
※1.規定ゲーム数に振り分けられた後末尾ゲーム数を決定する2段階方式。
※2.規定ゲーム数到達前に31~36Gの前兆が発生。

ART終了後に狙い目のゾーンあり

蒼穹のファフナーはモード移行振り分けも特殊なタイプとなっているんですが、乙姫覚醒ゾーンに関わるモードA~Eの移行率は下記表の通りです。

パチスロ 蒼穹のファフナー 乙姫覚醒ゾーンモード移行率解析蒼穹のファフナー 乙姫覚醒ゾーン・Vバトルモード移行率解析

中でも注目すべきはART終了後の移行率で、前回の滞在モードに関わらずモードA・B移行期待度が非常に高くなっています。

さらにゾーン振り分け解析と照らし合わせるとモードA・Bは333Gでの乙姫覚醒ゾーン当選期待度が約65%

 

このことからART終了後という条件であれば333Gゾーンでの乙姫覚醒ゾーン突入率は約5割程度、ART当選期待度は約2割ほどにはなると思われるので、310G付近からであればピンポイントで狙ってみてもいいでしょうね(^^)

Vバトル敗北後に関してはモードD移行率が高くなるので、その場合はゾーン狙いはなしの方向で。

設定変更後もモードA・B移行率は高めですが、わずかにモードC以上の移行振り分けが優遇されているので、333Gを狙う場合は一切の妥協なく狙っていって下さい。

Vバトル・乙姫チャンスゾーンでのモード推測と高設定濃厚ゾーン

VバトルモードとARTモードは打ち始めた時点で滞在モードを推測することは難しいですが、当選ゲーム数からモードを絞り込める場合がありますね。

具体的にゾーンを挙げると下記の通りとなります。

【420G/430G】・・・Vバトル通常B濃厚
【630G/640G】・・・Vバトル通常A濃厚
【680G/690G】・・・ART通常B濃厚
【780G/790G】・・・ART通常A濃厚
【830G/840G】・・・Vバトル通常B濃厚

ただしこれらのモードが特定できた所でその後の立ち回りに影響を与えることはないのでほぼ無意味ではありますけど(苦笑)

Vバトル・乙姫チャンスゾーン振り分けで注目すべきは天国A/Bの100Gゾーンでの当選で、ここでの当選が確認できれば設定4以上が濃厚となります

通常モードでも約0.01%の振り分けがあるので高設定確定パターンではないですが、設定狙いの際には必ずチェックしておきたいゾーンですね(・∀・)

<天井狙い目・やめどき攻略>
・蒼穹のファフナー 天井恩恵解析と狙い目・やめどき

<全記事一覧>
・パチスロ蒼穹のファフナー 記事一覧

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)元ホール店長が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴が判明・・・


4月17日スロットベスト10 スロット 逆転裁判 総まとめ スロット タイムクロス2 総まとめ スロット ラストエグザイル 総まとめ スロット 黒神 総まとめ 設定推測ツール スロット 賞金首2 総まとめ スロット ツインエンジェル4 BREAK 総まとめ スロット テイルズオブシンフォニア 総まとめ スロット リング2 終焉ノ刻 総まとめ スロット アベンジャーズ 総まとめ スロット ケロロ軍曹 総まとめ
<--スポンサード リンク-->


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ