1月18日レクタングル
新台導入日・導入済み機種解析一覧
2017年・パチスロ新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

テラシグマ ゾーン実践値からの狙い目は??

パチスロ テラシグマ 画像01©JPS

パチスロ「テラシグマ」のゾーン実践値からの狙い目考察です。

テラシグマは6種類の内部モード別に天井ゲーム数が異なっていますが、各モード別天井を狙ったゾーン狙いが効果的!?

ある程度予想はしていましたが、最深天井狙い向きではない分ゾーン狙いを中心に狙っていけば立ち回りやすい機種かと思います!

それではゾーン実践値からの狙い目をさっそく見ていきましょう(・∀・)

ゾーン実践値情報

d630b47e12ea3ce9d270c111ccccb263

fba3bd1698c61d9f2383f35e18c5ef31
※1.サンプル件数は2334件。
※2.朝一1回目の初当たりは除外。

※引用元:パチスロ期待値見える化 『スロット天井・解析・攻略』

 

通常C・天国A天井ゾーンが超強力!?

テラシグマの内部モード別天井ゲーム数は以前の記事で書いた通りですが、通常C天井が384G、天国A天井が256Gとなっています。

・テラシグマ 内部モード別天井ゲーム数解析

ゾーン実践値を見る限りでも各天井直前での当選率がかなり顕著な結果となっていますね(´∀`)

逆に384Gを抜けてしまった場合には通常B天井まではほぼ解除に期待ができないというかなり極端な仕様となっています。

 

前情報でも300G以内に94%でボーナス当選ということで、最深天井狙いをするケースはほとんどなく、通常C天井・天国A天井を狙ったゾーン狙いが立ち回りの中心になってくる機種ですね!

ゾーン狙いは160~256G300~384Gを目安に狙っていけば十分期待値は取れるんではないかと思います。

ただ初当たり確率が非常に軽い分初当たり1回あたりの平均獲得枚数は少なめの機種ということで、ゾーン狙いボーダーの下げ過ぎには注意しましょう。

また各ゾーンを抜けてしまった時点でさっさと見切りを付けてしまうこともポイントです。

 

そしてテラシグマにはBIG3連続、REG3連続後にはBIGが確定となる恩恵があるので、その場合は100G~384Gまでの広めのゾーンを狙ってみてもOK!

※追記:モード移行率解析出ました。

設定変更後は天国A移行振り分けが95%となっているためゾーン狙いも130~256Gとさらに浅めのゲーム数から狙っていきます。

通常Cを抜けてしまった場合には通常A滞在比率が高くなるので設定変更後の天井狙いボーダーは850G~ということで。

・テラシグマ 朝一・ボーナス後モード移行率解析

やめどきに関しては天井狙い考察でした通り128G以内の解除に期待ができる場合にはそちらまではフォロー、それ以外の場合は即やめということで問題ないですね!

・テラシグマ 天井恩恵解析と狙い目・やめどき

 

導入台数は少なめですが、天井・ゾーン狙い時には初当たり履歴も漏れなくチェックしつつ、やめどきに関しても128G以内の解除示唆演出に注意しつつ立ち回っていきましょう!

<天井狙い目・やめどき詳細>
・テラシグマ 天井恩恵解析と狙い目・やめどき

<全記事一覧>
・パチスロ テラシグマ 記事一覧

1月5日スロットベスト10 1月18日記事下 スロット エウレカセブンAO 総まとめ スロット 牙狼 守りし者 総まとめ スロット エヴァンゲリオン 勝利への願い 総まとめ スロット モンキーターン3 総まとめ 設定推測ツール スロット ソウルキャリバー 総まとめ スロット ジョーズ 総まとめ スロット スターオーシャン4 総まとめ スロット 宇宙戦艦ヤマト2199 総まとめ スロット G1優駿倶楽部 総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ